wimax

auひかりGMOとくとくBBの評判と口コミや料金を解説

auひかりGMOとくとくBBの評判と口コミや料金を解説

今回新たに登場したプロバイダーがauひかりのプロバイダに『GMOとくとくBB』です。au光では8社のプロバイダーの中から選択が可能ですが、今回はGMOとくとくBBについて徹底解説していきます。

auひかりのGMOとくとくBBはどんなプロバイダか徹底解説!

GMOとくとくBBは10年前の2019年にGMOインターネットグループが始めたプロバイダーサービスです。ドコモ光のプロバイダーとしてYou tubeなどで広告を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ドコモのプロバイダーとしてはこれまで130万件以上の実績がありますが、今年の11月よりauひかりのプロバイダーとしても使用できるようになったんです。

魅力はプロバイダーとしての実力はもちろん、高額なキャッシュバックキャンペーンを展開しており、既に多くの人が乗り換え始めている人気プロバイダーです。

auひかり×GMOとくとくBBの料金はこれだ!かなりお得?

ここでは料金をみていきましょう。auひかりはプロバイダーごとに月額料金や工事料金が特に変わりないんです。ではどこで差がつくかというとキャンペーンなんです。

戸建て マンション
月額料金 5,100円 3,800円~
工事費 37,500円
(実質無料になる)
30,000円
(実質無料になる)
解約金 15,000円 7,000円

auひかり×GMOはキャッシュバックがすごすぎる!

auひかり×GMOはキャンペーンやキャッシュバック内容がずば抜けています。単体でキャッシュバック51,000円な上に固定電話も契約すると更に10,000円キャッシュバックを受けることができます。

更に工事費が無料な上に乗り換えの場合は他社の解約手数料を負担してくれるというサービスまであるから驚きです。

ポイント1 総額12万1,000円のお得なキャンペーンを受けられるのはここだけ!
ポイント2 GMO限定!全員51,000円キャッシュバック!
ポイント3 さらに+固定電話を契約でプラス1万円!
ポイント4 開通工事費が実質無料に!
ポイント5 他社違約金を3万円まで負担!

キャッシュバック内容は最大61,000円!

auひかりはGMOとくとくBB以外にもプロバイダーを選択することができます。月額料金などは変わりませんが、キャッシュバックなどのサービス、特典で差がついてきます。

各社のキャッシュバックキャンペーンを比較するとGMOとくとくBBが圧倒的にサービスのレベルが高いことがわかります。

業界最高値のキャッシュバックを行っているのがau×GMOとくとくBBなんです。

プロバイダ キャッシュバック額
GMOとくとくBB 61,000円
BIGLOBE 50,000円
DTI 38,000円
@nifty 30,000円
au one net 10,000円
So-net なし
AsahiNet なし
TCOM なし

キャッシュバックの適用には条件がある?

キャッシュバックの適用には条件があります。まずは過去に同じキャンペーンでキャッシュバックを受けていないということです。つまり、これだけであれば初めて契約する人はキャンペーン期間内であればほとんどの人がキャッシュバックの対象となります。

また、契約内容によってキャッシュバック内容が異なります。ネットと電話両方を申し込んだ方がお得であるといえるでしょう。

契約内容 キャッシュバック額
戸建て ネット+電話 61,000円
ネットのみ 51,000円
マンション ネット+電話 61,000円
ネットのみ 51,000円
※どちらも 標準プラン 10,000円
(契約期間縛りなし)

申込みからキャッシュバック受け取りまでの流れを徹底解説!!

注意点としてはキャッシュバックは受け取りの手順があります。これを守らなければキャッシュバックをゲットすることができなくなってしまうので注意が必要です。

①「GMOとくとくBBの公式サイト」より「auひかり」を申込む

②申込み月から11ヶ月目と23か月目に登録したメールアドレス宛に『キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール』が送られてきます。

③送られてきたメールの内容に従ってキャッシュバック振込希望口座の登録作業を行います。

④口座登録をした翌月末日には登録した銀行口座にキャッシュバックが入金されます。

このメールを見逃してしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。十分注意が必要でしょう。

auひかり×GMOは工事費実質無料でできてしまう仕組みとは?

auひかり×GMOは設置工事費も無料で行うことができてしまうんです。これはどういう仕組みかというと、開通の工事費用は戸建て37,500円、マンションで30,000円は一括払い、または分割払いでやはり最初に支払いをしなければいけません。

しかし、同じ期間内に工事費分が毎月プロバイダーの月額料金から差し引かれていきます。これで工事費が実質無料となるわけです。

しかし、プロバイダーの中には工事費の割引がないプロバイダーも多くあります。キャッシュバックと工事費用が実質無料ということを考慮するとGMOとくとくBBがかなりお得であることがわかります。

工事費実質無料 プロバイダ
あり GMOとくとくBB、DTI、au one net
なし BIGLOBE、So-net、@nifty、TCOM、Asahiネット

auひかりのGMOとくとくBBが最もお得にできる窓口を紹介!

auひかり×GMOとくとくBBで最もお得に申し込みができるのはGMOとくとくBBの公式サイトから申し込みを行うことです。これによって、61,000円のキャッシュバックと実質の工事費無料などの特典を受けることが可能です。

これ以外の窓口では同様の特典を受けることができませんから気を付けましょう。

auひかり×GMOとくとくBBに関する疑問を紹介!

ここではauひかり×GMOとくとくBBに関する疑問について紹介します!

auひかり×GMOとくとくBBは全てのマンションで契約可能?

auひかり×GMOとくとくBBではすべてのマンションで契約することができますか?
auひかり×GMOとくとくBBではすべてのマンションに対応しています。

auひかり×GMOとくとくBBの速度は速い?

家の中で仕事えおするので速度が気になります。auひかり×GMOとくとくBBの速度は速いですか?
au×GMOとくとくBBは下り速度も200Mbps出て早いと評判です。上りは驚異の400Mbps以上なのでかなり快適にインターネットを利用することができそうです。速度が不安という方にとっては自信をもっておすすめできるプロバイダーです。

auひかり×GMOとくとくBBはIPv6対応している?

au×GMOとくとくBBはIPv6に対応してないですか?
対応しています。auひかりではIPv6が標準搭載なので安心してご利用していただけます。

auひかり×GMOとくとくBBの利用可能範囲はどこまで?

利用範囲はどこまでですか?全国で利用することはできますか?
残念ですがauひかり×GMOとくとくBBには対象外のエリアがあります。滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県、岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県ではauひかりを契約することはできません。申し込んでもエリア対象外であれば意味がないので必ず事前にエリアの確認を行うようにしましょう。

auひかり×GMOとくとくBBは5ギガ10ギガプランに対応してるって本当?

GMOとくとくBBであれば5ギガ、10ギガプランに対応していますか?
GMOとくとくBBであれば5ギガ、10ギガプランに対応しています。他のプロバイダーでは対応していないあ場合もあるので注意が必要です。
プロバイダ 5ギガ・10ギガへの対応
GMOとくとくBB
@nifty
@TCOM
au one net
BIGLOBE
So-net
DTI ×
ASAHIネット ×

auひかり×GMOとくとくBBはセキュリティは充実?

セキュリティって充実しているのでしょうか?
セキュリティはかなり充実しているので安心してお使いしていただくことができます。インターネット安心セキュリティ(マカフィマルチアクセス)というものが搭載されていますから、最大で3台のPCやスマホに設定を施すことが可能です。更にうれしいのがもし、PCやスマホを無くしてしまった時でもWEBサイトから位置追跡を行って遠隔でロックすることができます。うれしいことにこのセキュリティサービスは1年間無料で使うことができ、2年目からも500円/月で使用することができます。

auひかり×GMOとくとくBBはルーターレンタルあるって本当?

auひかり×GMOとくとくBBとしてのルーターレンタルはないのが現状です。しかし、auひかりが公式でルーターのレンタルを行っていますから、そちらを使用すれば特に問題はなさそうでしょう。

このau光のレンタルはネットと電話を契約することで無料でレンタルすることができます。ルーターは購入すると1万円以上と高額になることも多いので、レンタルした方がお得といえそうです。
無線LAN 対応タイプ 最大通信速度
BL1000HW ホーム 2.5Gbps
マンション タイプG
都市機構G
BL900HW マンションギガ 450Mbps
マンションミニギガ
BL902HW マンション タイプV 450Mbps
都市機構
 

auひかり×GMOとくとくBB のポジションは?

auひかりでGMOとくとくBBは以前でも選択可能なプロバイダーでした。しかし、途中で一度申し込みが停止され(2018年2月)2019年の11月から再び申し込みをすることができるようになりました。

高額キャッシュバックに工事費実質無料などかなりナンバー1のお得なキャンペーンを実施しているのがauひかり×GMOとくとくBBです。

とくとくBB は取次できる申し込み先が少ない?

これらのサービスを受けるためにはGMOとくとくBBの公式サイトからしか申し込むことができません。他の申し込み窓口から取り次いでもらうことはできませんので注意が必要です。

当然キャッシュバックなどもGMOとくとくBBの特設サイトからの申し込み手順い従って手続きをしなければ受けることができないので注意が必要です。

KDDI公式ページには紹介されていないプロバイダがGMOとくとくBB

auの運営会社であるKDDIの公式ページにはGMOとくとくBBの記載がありません。他のページではなく必ず特設ページから申し込まないとキャッシュバック対象外となるので注意が必要です。

auひかりお得なキャッシュバック特設ページが存在する!?

auひかり×GMOとくとくBBにはお得なキャッシュバック特設ページが存在します。これはキャッシュバックキャンペーンが適用される特別ページですから、こちらのページから申し込みをすることでキャッシュバックキャンペーンの適用受けることができます。

GMOとくとくBBはWiMAXがかなりいい!

GMOとくとくBBで申し込みを行うのであればWiMAX回線もおすすめです。GMOとくとくBBはWiMAX回線の中では一番高額なキャッシュバックキャンペーンを提供していますから、他のプロバイダーよりもお得に契約することができます。

キャッシュバックがほしいならGMOとくとくBBからauひかりを申し込もう!

auひかり×GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを申し込めば確定で60,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。受け取り手順に従えば初めてキャンペーンを受ける方であればだれでもキャッシュバックを受けることができます。

auひかり×GMOとくとくBBがオススメなのは高額キャッシュバックを目指す人におすすめ!

GMOとくとくBBは特設サイトから申し込むと業界トップクラスのキャッシュバックを受けることができます。更に工事費も37,000円も月々の料金から値引きされので実質10万円ちかいコストメリットがあるプロバイダーなんです。キャッシュバックを受けとってお得に契約したい人には一押しなのがGMOとくとくBBです。

早くキャッシュバックを受け取りたいなら代理店がおすすめ!

実は裏技的な方法ですがフルコミットという代理店を活用することで最速でキャッシュバックを受け取ることができます。ただ、GMOとくとくBBは一部上場企業であり社会的信用が高い企業なので契約時の安心間という意味ではGMOの方がおすすめといえそうです。

キャッシュバック金額 51,000円 50,000円
(ネットのみ)
キャッシュバック金額 61,000円 60,000円
(ネット+光電話)
プロバイダ指定 GMOとくとくBB So-net
キャッシュバック申請方法 メール 電話
キャッシュバック申請時期 申込月から11か月目と23か月目 申込み時
キャッシュバック振込時期 申込月から12か月目と24か月目 開通の最短翌月

auひかり×GMOとくとくBBはauスマートバリューでさらにお得

auのスマートフォンを契約してauひかりと同時に契約をしている人であればセット割のauスマートバリューが適用となります。これによって携帯電話1台につき、500円から1000円の割引を受けることができます。

期間は最大10カ月間毎月1000円のキャッシュバックを受けるサービスもありますので、ぜひお得に活用しましょう。

auひかり×GMOとくとくBBの速度を紹介!かなり早いって本当?

auひかり×GMOとくとくBBの速度はかなり高速であると評判です。これはGMOとくとくBBが回線の混雑を避けて自動的に接続しやすい方法でネットに接続できるv6プラスが無料で利用できるからなんです。

更にauであれば自社の回線であるKDDIの光回線を使用することで速度が安定していると評判です。auひかりの通信速度は通常プランで最大1Gbpsですから、これまで以上にインターネットを快適に利用することができそうです。

auひかり×GMOとくとくBBを申し込んで開通するまではどうすればいい?

ここではauひかり×GMOとくとくBBの契約までの流れをご紹介します。

①まずはauひかり×GMOとくとくBBのキャッシュバック特設サイトから申し込みを行います。

②au側から契約内容の確認、開通工事の日程に関する連絡を受けます。

③約1っカ月au光の開通工事が実施されます。

④ここからはキャッシュバックを受ける流れです。申し込んだ月を含む11か月目にGMOとくとくBBのプロバイダーへキャッシュバック申請メールが届くのでこちらに返信を行いましょう。

⑤メール返信の翌月末にキャッシュバックの50%が振り込まれます。

⑥ここまでくれば後少しです!!申し込み月を含んで23カ月目にGMOとくとくBBのプロバイダーへキャッシュバックの残りを受け取る申請メールが届くのでこれに返信を行いましょう。

⑦メール返信の翌月末に残りの半額がキャッシュバックされます。これでキャッシュバックの手順はすべて終了です。

キャッシュバックの手順は2回必要なのでこの点は注意が必要ですね。また、キャッシュバックを受けとるまで解約やプラン変更を行うのは避けるようにしましょう。

auひかり利用中のプロバイダ変更はいったん解約→新規契約がいい?

auひかり利用中の人でGMOとくとくBB以外のプロバイダーと契約している人であればプロバイダーだけをGMOとくとくBBに乗り換えることはできません。

この場合はau光を一度解約して再度申し込みをすることでキャッシュバックを受け取ることができます。まずは契約中のプロバイダーにauひかりの解約を伝えましょう。

そのうえで回線撤去工事を行ってもらいます。そしてレンタル機器などがあれば返却します。契約更新月以外で解約した場合7,000円~15,000円の解約手数料が発生します。また、戸建てであれば撤去費用で28,000円が発生するのでこの点は十分注意が必要といえるでしょう。

GMOとくとくBBでお得なキャッシュバックを受けて、更に無料工事を受けたいのであれば最初からauひかり×GMOとくとくBBの特設サイトで契約した方が無駄な解約手数料などもかからないのでお得といえるでしょう。

申し込みの窓口とキャッシュバックのメール手続きを間違わなければ誰でも簡単にキャッシュバックを受け取ることができるのでぜひauひかり×GMOとくとくBBと契約をしてキャッシュバックを受け取りましょう!

nuro光のキャンペーンと評判や口コミ。工事が二回もなくても大丈夫なの?

今回はnuro光の評判・口コミやそのサービス内容について徹底調査しました。
nuroの利用を検討中の方は是非参考にして下さい!

速度が鬼?nuro光のキャンペーン評判・口コミを徹底調査!

速度が鬼?nuro光の評判・口コミを徹底調査!

nuro光の最大通信速度は2Gbps

最大通信速度が2Gbpsと謳われているnuro光ですが、そのサービスは実際に使ってみてどうなのでしょうか?

ここからはnuro光の評判について、光回線では重要となる主に以下の点に分類してそれぞれSNSやネット上の口コミから参考になりそうなものをまとめました。

  • 通信速度
  • 料金
  • サポート
  • 回線工事に要する期間
  • その他サービス

nuro光の通信速度に関する評判・口コミ

nuro光の通信速度に関する評判・口コミ

nuro光はauひかりの2倍以上の速度が出るようです。


実測値だと100Mbpsも出てくれば何をするにしても十分ですが、340Mbpsだと超高画質の動画を閲覧する場合でも快適に使えそうですね。


nuro光は回線速度が速いだけでなく、その通信の安定性も優れているようです。


ping値は一桁台であるという声も多く、「ゲーマー御用達回線」と呼ばれるほど、FPSなどの対戦型のオンラインゲームプレイヤーからも評判良いです。


ただし住んでいるエリアや、ゴールデンタイムなどの時間帯によっては、若干ラグが発生することもあるようです。


マンション向けのプランである「NURO 光 for マンション」は、月額料金が1,900円~と安く利用できますが、これは1つの回線を複数人でシェアすることになります。

そのため利用が混雑すれば通信速度が低下することもあります。
マンション向けプランは料金が安くなる反面、速度が遅いと感じることもあるので注意が必要です。

nuro光の料金に関する評判・口コミ

nuro光の料金に関する評判・口コミ


nuro光は月額料金が安いうえにキャッシュバックがあるので、速度が速いわりにはお得であるという口コミが多かったです。

キャッシュバック自体も受け取りやすいということで評判良いですね。


またnuro光はソフトバンク携帯・スマホだと割引が利くので、その分料金がお得になります。


無線LANルーターも無料で付いてくるので、この分でも更にお得になると思われます。

マンションで契約する場合は最安月額1,900円と、相場よりも遥かに安く利用できるようです。


ただしマンションの場合の料金は、高ければ戸建てと同じ金額になります。

その他の大抵の光回線は、基本的に戸建てよりもマンションの方が1,000円程度安くなったりするので、マンションでnuro光を契約する場合、利用状況によっては相場よりも割高になってしまうこともあります。

nuro光の電話・サポートに関する評判・口コミ

nuro光の電話・サポートに関する評判・口コミ


nuro光のサポートに関してはまず基本的に電話が繋がりにくくいという口コミが多かったです。

そして電話が繋がったとしてもその対応が遅く、たらい回しにされて結局問題が解決するまでに時間がかかったということで不満の声が挙がっています。

電話での問い合わせの受付時間も19時までと早めなので、人によっては仕事の都合上電話での問い合わせ自体も難しくなってくるでしょう。

nuro光の回線工事の期間に関する評判・口コミ

nuro光の回線工事の期間に関する評判・口コミ

nuro光は光回線会社の中でも特に開通工事に要する期間が長いという点において不評です。

nuro光の回線工事に要する期間は、公式サイト上では一応目安として1~2カ月程度と言われていますが、申し込んだ人の中には開通までに3カ月~半年以上かかったということもあるようです。

しかも上で挙げた通りnuro光は電話でのサポートが良くなく、工事が遅れるといった内容の連絡が来なかったり、工事の進展状況に関する問い合わせの連絡をしても電話が繋がらなかったりします。

このことから工事が遅いことに輪をかけて、余計にストレスを感じてしまう人が多いようです。

nuro光のその他サービスに関する評判・口コミ

nuro光のその他サービスなどの評判としては、主に下記の口コミ内容が多かったです。


nuro光はフレッツ光や光コラボのように全国エリアに対応しておらず、現在では都市部でしか利用することができません。


nuro光では有料セキュリティソフトが無料でついてくるので、契約してから別途こうした有料ソフトを購入する必要がありません。

nuro光の評判・口コミまとめ

2222

nuro光とはどんなサービス?

https://youtu.be/qUUqPCSVTe8

nuro光の概要

nuro光運営会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(So-net
公式サイト nuro光公式WEBサイト
最大通信速度(下り) ・nuro光:2Gbps
・nuro光10G:10Gbps
月額料金 4,743円
基本工事費 40,000円(実質無料)
契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年
契約解除料 9,500円
対応エリア 関東・東海・関西・九州
スマホ割 ソフトバンク携帯・スマホ(おうち割)

nuro光はSo-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)が運営している光回線サービスです。

nuro光の最大の特徴としては、通常プランでも通信速度が2Gbpsと非常に速いことです。

これはnuro光がNTT系光回線とは違い「G-PON」と呼ばれる接続方式を独自に採用していることから、他社の光回線と比べても圧倒的な高速通信が実現されていると言われています。

nuro光の料金プラン・契約期間は?

nuro光の料金プランは主に下記のものがあります。

  • NURO光G2V(戸建て向け)
  • NURO光G2(NURO光G2Vの契約縛りなしプラン)
  • NURO光forマンション(マンション向け)

これらプランの具体的な料金などは下記の通りです。

プラン 月額基本料金 基本工事費 契約事務手数料 契約期間 契約解除料 キャッシュバック
NURO光G2V 4,743円 40,000円(キャンペーンで実質無料) 3,000円 2年 9,500円 35,000円
NURO光G2 7,124円 40,000円(30ヶ月の分割払い) なし なし なし
NURO光 for マンション 1,900円~ 40,000円(キャンペーンで実質無料) 2年 9,500円 10,000円

「NURO光forマンション」は契約者人数で料金が変わる

「NURO光forマンション」は契約者人数で料金が変わる

nuro光のマンション向けのプランである「NURO光forマンション」は、マンション内におけるnuro光の契約者の数によって料金が変わります。

具体的な料金は下記の通りになります。

マンション内の契約者数 月額料金
3人以下 契約不可
4~6人 2,500円
7人 2,400円
8人 2,300円
9人 2,200円
10人以上 1,900円

 

nuro光の解約方法

nuro光の解約方法

2年という契約期間があるプランの場合は、契約途中で解約すると契約解除料として9,500円がかかります。

そのため解約するのであれば、契約解除料が無料になる25カ月目・49ヶ月目・・・といった契約更新月で解約するようにしておくと良いでしょう。

nuro光のキャンペーン内容は?ps4 がもらえるキャンペーンはまだやってるの?

nuro光のキャンペーン内容は?ps4 がもらえるキャンペーンはまだやってるの?

nuro光の公式サイトでは現在、利用料金がお得になるような下記の4つのキャンペーン・特典があります。

  • 1年間月額980円キャンペーン
  • ワンコインキャンペーン
  • ひかりTVセット割引
  • 33,000円キャッシュバックキャンペーン

※それぞれの特典は併用ができず、いずれかの中からお好みのキャンペーン特典を選択する形になります。

1年間月額980円キャンペーン

1年間月額980円キャンペーン

1年間月額980円キャンペーンは、月額料金は1年間980円(79%オフ)になるというものです。

またこのキャンペーンでは「工事費(40,000円)実質無料」「設定サポート1回無料」という2つの特典も付いてきます。

とにかく料金を安く抑えたい場合におすすめの特典です。

その他詳細は下記の通りです。

キャンペーン期間 2019年10月18日~2019年10月31日
対象コース NURO 光 G2 V(戸建/マンションミニ)新規入会またはコース変更
適用条件 申し込みから12ヶ月後の月末までにnuro光の利用を開始する

 

ワンコインキャンペーン

ワンコインキャンペーン

ワンコインキャンペーンは、3カ月間だけお試しで月額500円でnuro光の利用体験ができるというものです。

実際に使ってみて満足がいかない場合、3カ月以内に解約すれば違約金や工事費残債など一切支払うことなく契約をキャンセルできます。

また実際に使って良かったのでそのまま継続して契約する場合は、更に2カ月間500円で利用できるので、利用開始月も合わせれば最大6か月間月額料金が500円になります。

更にこのキャンペーンでは月額料金が最大6か月間500円になる以外にも、「工事費(40,000円)実質無料」「事務契約手数料(3,000円)」「設定サポート1回無料」という3つの特典も付いてきます。

対応エリアや利用環境などの問題上、きちんと使えるかどうか確認するために、とりあえずnuro光をワンコインで試したい場合などにおすすめのキャンペーンです。

キャンペーン期間 2019年10月18日~2019年10月31日
対象コース NURO 光 G2 V
適用条件 ・So-net会員ではない
・過去に「NURO 光」コース特典を受けていない
・個人名義での契約である(法人名義は対象外)

 

ひかりTVセット割引

ひかりTVセット割引

ひかりTVセット割引は、nuro光とひかりTVをセットで申し込むことで、通常だと月額料金6,243円のところをわずか月額1,500円~で利用できるというものです。

更に「1年間月額0円」「工事費(40,000円)実質無料」「設定サポート1回無料」という3つの特典も付いてきます。

ひかりTVも同時に加入したい場合は、こちらのキャンペーンがおすすめです。

キャンペーン期間 予告なく終了
対象コース NURO 光 G2 V(戸建/マンションミニ)新規入会・コース変更
対象エリア ・関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
・東海エリア(愛知、静岡)
・関西エリア(大阪、兵庫、京都)
適用条件 ・「NURO 光 G2 V」と「ひかりTV for NURO 2ねん割プラン」を同時に申し込む
・申し込みから12カ月後の末日までにnuro光の利用を開始する

 

33,000円キャッシュバックキャンペーン

33,000円キャッシュバックキャンペーン

これはnuro光を申し込んで開通した場合、もれなく33,000円分のソニーストアクーポンがキャッシュバックされるというキャンペーンです。

これによりソニーストアでPS4が購入できます。直接PS4本体がもらえるキャンペーンではありませんが、これだとPS4やPS4Proなどのその他ソニー製品も購入できるのでありがたいですね。

更に「工事費(40,000円)実質無料」「設定サポート1回無料」という2つの特典も付いてきます。

PS4などのソニーストアで扱われる商品が欲しい場合はこちらのキャンペーンを選択すると良いでしょう。

キャンペーン期間 予告なく終了
対象コース NURO 光 G2 V(戸建/マンションミニ)新規入会・コース変更
適用条件 申し込みから12カ月後の末日までにnuro光のサービスの利用を開始する

 

nuro光の代理店のキャンペーン

nuro光の代理店のキャンペーン

nuro光では公式サイト以外からでも契約窓口(販売代理店)というものがあり、こういった代理店でも公式と同様に独自のキャンペーンを行っていたりします。

現在この代理店の中でも最もお得なキャンペーンを扱う代表的な窓口としては、下記のところが挙げられます。

代理店(契約窓口) キャッシュバック・特典
NURO光公式キャンペーンページ ・35,000円キャッシュバック
・工事費(40,000円)実質無料
・設定サポート1回無料
アウンカンパニー ・30,000円キャッシュバック
or
PS4またはNintendo Switch贈呈
・工事費(40,000円)実質無料

このようにキャンペーン特典内容から、公式サイトや他の代理店から申し込むよりも、NURO光公式キャンペーンページで申し込むのが最もお得です。

アウンカンパニーに関してはキャッシュバック額が少し下がりますが、受け取りまでが最短1カ月であり、受け取り手続きも非常に簡単で確実だという点で良いです。

nuro光のオプションサービスは?

nuro光のオプションサービスは?

nuro光のオプションとしては、主に下記の3つのサービスがあります。

  • ひかりTV for NURO(光テレビサービス)
  • NURO光でんわ(IP電話サービス)
  • NURO光でんき(電力サービス)

ひかりTV for NURO(光テレビサービス)

ひかりTV for NURO(光テレビサービス)

「ひかりTV for NURO」はテレビに光回線をつなげることで、アンテナ設置なしで80ch以上の専門チャンネルや約73,000本のビデオオンデマンドなどが楽しめるサービスです。

外付けハードディスクをつければ、視聴しながら2番組同時録画や録画予約も可能ですし、PCやスマホでも番組を視聴することができます。

このオプションの料金は下記の通りです。

プラン 月額料金 視聴可能チャンネル
お値うちプラン 2,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[テレビサービス]
ベーシックチャンネル
・[ビデオサービス]
ベーシック見放題
テレビおすすめプラン 1,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[テレビサービス]
ベーシックチャンネル
ビデオざんまいプラン 1,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[ビデオサービス]
ベーシック見放題
基本放送プラン 1,000円 ・基本サービス
・地デジ
・BS

視聴したいコンテンツにより、細かくプランを選べるようになっています。

NURO光でんわ(IP電話サービス)

NURO光でんわ(IP電話サービス)

「NURO光でんわ」は月額料金が安いIP電話サービスで、料金たったの500円(東海・関西・九州 は300円)で利用することができます。

またNTT一般加入電話番号であれば、電話番号・電話機はそのままで使えます。

従来のアナログ電話(固定電話)の利用料金を安く済ませたい場合におすすめです。

NURO光でんき(電力サービス)

NURO光でんき(電力サービス)

nuro光でんきサービス

「NURO光でんき」は大阪ガス社、CDエナジーダイレクト社が提供する電気サービスを、nuro光のオプションとして使える電力サービスです。

これによりnuro光とセットで利用することで、光回線の月額料金が500円割引になり、電気+光回線料金がお得になります。

オプション加入手続きは簡単で、工事や工事費用・手数料などなしで申し込めます。(電気メーターがスマートメーターでない場合は工事が必要です

なお利用できるのは、関東・関西エリアのみとなります。

nuro光の工事。二回もなくても大丈夫なの?

nuro光の工事。二回もなくても大丈夫なの?

口コミの項目でも触れた通り、nuro光の工事は申し込みから回線開通までの期間が長く、下手をすれば3カ月以上かかるケースもあったりします。

nuro光の工事に要する期間が長い理由は、その工事が1日で完了するのではなく2回に渡り、申し込みから1回目の工事までに期間がかかり、更に1回目の工事から2回目の工事までにまた期間が空くからです。

このように工事が2回必要であり開通までの期間も長くなるnuro光ですが、実はこの工事を通常2回必要なところをなんと1回で済ませる方法があります。

その方法と言うのは、「同日対応工事」オプションを利用するという手です。

これだと工事が1日内で1回にまとめられるため、仕事で都合の良い日程を確保できない場合でも対応できますし、1日で工事可能な枠が開いていれば開通までにかかる期間も通常より短縮できる可能性もあります。

ただしその反面1日で工事可能な日程が確保できない場合は、通常よりも更に開通までに期間を要することも考えられます。

オプション「同日対応工事」を利用するには、申し込み後の工事日に関する電話連絡の際に「工事を1日にまとめて行ってもらいたい」というように伝えることで利用することができます。

ただしこの同日対応工事は5,000円の追加費用が発生します。
またマンションの場合はこの同日対応工事に対応していないので注意が必要です。

2019年現在におけるnuro光の対応エリアは?

nuro光は当初対応エリアが関東エリアのみでしたが、その後エリアが拡大していき、関西・東海・九州エリアでも利用可能になりました。

具体的な地域については下記の通りになります。

エリア 都道府県
関東エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県
関西エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県
東海エリア 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
九州エリア 福岡県・佐賀県

公式サイト上によればnuro光は提供エリア拡大中のようなので、今後は更に利用可能な地域が増えていくでしょう。

特徴・評判・口コミから考えられるnuro光のメリット

特徴・評判・口コミから考えられるnuro光のメリットとしては、主に下記のことが挙げられます。

  • 通信速度が速い
  • 料金が安いうえに高額キャッシュバックがあってお得
  • ソフトバンクスマホとのセット割が受けられる
  • 有料セキュリティソフトが無料で付いてくる
  • 無線LANルーター(ONU)が無料でレンタルできる

通信速度が速い

nuro光の場合は、まず最大通信速度で他社の追随を許さないほど、圧倒的に速度が速いです。

光回線 最大通信速度
nuro光 2Gbps
auひかり 1Gbps
フレッツ光・光コラボ(ソフトバンク光・ドコモ光など) 1Gbps

また口コミでも数多く言われている通り、実測値においても他社と比較しても断然通信速度が速いと言われています。

そのため通信速度で選ぶなら、間違いなくnuro光がおすすめであると言えます。

料金が安いうえに高額キャッシュバックがあってお得

またnuro光では料金が安くて高額キャッシュバックがあるので、お得であると評判でした。

光回線 料金 キャッシュバック(戸建ての場合)
戸建て マンション
nuro光 4,743円 1,900円~ 35,000
auひかり 5,100円 3,800円 52,000
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 30,000
ドコモ光 5,200~5,400円 4,200円 15,000円
フレッツ光 5,800円 3,550円~ 30,000円~40,000円

このように基本月額料金とキャッシュバックを比較した場合、総額でauひかりに次いで2番目に安くなります。

ただnuro光の場合はauひかりよりも通信速度が優れているので、コスパで言えば光回線サービスの中でも最も良い部類になると言えるでしょう。

ソフトバンクスマホとのセット割引が受けられる

ソフトバンク携帯・スマホユーザーであれば、nuro光も同時に契約することで「おうち割」が適用され、携帯・スマホ料金がお得になります。

割引額は下記の通りです。

プラン 月額割引額
データ定額2GB以下 500円
データ定額5~50GB 1,000円

この割引は携帯・スマホ1台辺りに適用されるので、家族で利用している場合はその人数分割引が受けられて非常にお得になります。

有料セキュリティソフトが無料で付いてくる

nuro光ではあの高性能セキュリティソフト「カスペルスキー」(月額500円)が、なんとパソコン・スマホなど端末5台分まで無料でインストールして使うことができます。

しかもこのセキュリティサービスは、基本的にいつまでも使うことができます。

セキュリティソフトは長年使うとその料金もバカにはならないので、それをずっと無料で使えるという点でかなりお得ですね。

※ただしマンション向けプラン「NURO光forマンション」であれば、この特典はないので注意が必要です。

無線LANルーター(ONU)が無料でレンタルできる

無線LANルーター(ONU)が無料でレンタルできる

nuro光の場合は、無線LANルーター(ONU)が無料でレンタルできます。

他の光回線サービスだと無線LANルーターのレンタルは有料になるところも多いのですが、nuro光であれば無料なのでその分お得になりますね。

特徴・評判・口コミから考えられるnuro光のデメリット

特徴・評判・口コミから考えられるnuro光のデメリット

反面特徴・評判・口コミから考えられるnuro光のデメリットとしては、主に下記のことが挙げられます。

  • 基本的に工事は2回行う必要があり時間がかかる
  • 電話でのサポートの評判が良くない
  • 対応エリアが限られる
  • マンション向けプランなら速度が遅いと感じることもある
  • マンションだと場合によっては料金が割高になる

基本的に工事は2回行う必要があり時間がかかる

nuro光では宅内工事と宅外工事を、それぞれ別々の業者が別々の日程で行うことになるので、立ち合い工事が2回必要なることから、都合の良い日程を2日も作らなければならず少々面倒です。

また申し込んでから開通するまでも期間がかかり、通常他の光回線ならば2週間~1カ月程度で済むところが、nuro光だと1~2カ月程度、下手をすればそれ以上かかります。

そのためnuro光を申し込んでからも引き続きネットを使いたいのであれば、無事に開通するまでに前の回線を解約しないように注意しておきたいところです。

電話でのサポートの評判が良くない

またnuro光は口コミ上でも多々言われている通り、電話でのサポートの評判が良くありません。

主に指摘されていた点は下記の通りです。

  • とにかく電話が繋がらない(繋がるまでに20~30分以上かかったりする)
  • 対応が遅い
  • 本来来るべき連絡が来ない
  • 問い合わせをしてもたらい回しになる
  • 受付時間も19時までと早め

そのためnuro光の申し込みを検討している場合は、こうした点について気を付けておくと良いでしょう。

対応エリアが限られる

nuro光の対応エリアの項目でも記載通り、現在は関東・東海・関西・九州エリアでしか利用できません。

このように利用エリアが限られるため、住んでいる地域によっては契約自体出来ないのがネックです。

マンション向けプランなら速度が遅いと感じることもある

nuro光のマンション向けのプランである「NURO光forマンション」は月額料金が1,900円~と安いのが魅力ですが、一つの回線を複数人でシェアするので、混雑時には速度が遅いと感じることもあります。

マンションだと場合によっては料金が割高になる

マンションでnuro光を契約する場合、設備がなければ「NURO光forマンション」ではなく、「NURO光マンションミニ」プランでの契約となります。

この場合戸建てプランと同じ月額料金(4,743円)になってしまい、マンションで契約する光回線料金としては割高になってしまいます。

ただこのプランの場合は、戸建ての場合と同様に利用が集中すれば回線が遅いと感じることもなく、「NURO光forマンション」プランに比べても通信の安定性が期待されるので、料金相応のサービスが受けられます。

nuro光を最もお得に申し込むための方法とは?

キャンペーンの項目でも紹介していますが、現在nuro光を最もお得に申し込むには、NURO光公式キャンペーンページから行うのがおすすめです。

このページから申し込みを行えば35,000円という高額キャッシュバックが受けられるうえに、工事費用が実質無料になり、無料設定サポートが1回分無料になります。

まとめ

nuro光は申し込みから開通までに時間がかかったり、電話でのサポートがあまり良くなかったりしますが、光回線で重要となる通信速度などのサービスの質は業界で最も高品質ですし、コスパも最高クラスです。

そのため高画質の動画を閲覧する場合や、対戦型のオンラインゲームをする場合であれば、ぜひnuro光に契約すると良いでしょう。

カシモwimaxの評判と口コミ。料金から予約まで伝授

カシモwimaxの評価と口コミ。料金が激安すぎてやばい?

今回はwimax業界内でも利用料金が最安級と謳われている「カシモwaimax」の気になる評判・口コミから、その具体的な料金プランなどのサービス内容や予約方法まで徹底的に解説していきたいと思います。

カシモwimaxの評価と口コミ。料金が激安すぎてやばい?

カシモwimaxの評価と口コミ。料金が激安すぎてやばい?

WiMAXプロバイダの中でも最も安いと言われているカシモwimaxですが、実際の評判はどうなのでしょうか?

下記ではSNS上で囁かれているカシモwimaxに関する口コミをまとめてみました。

カシモwimaxのに関する良い口コミ


カシモwimaxでは業界最安と謳われているためか、やはり料金も安く月々の回線代をかなり浮かせることができるようです。

ただ安い反面通信速度などの面において劣るのではないかと考えられますが、以外にも速度に関して遅いという口コミはあまりなく、総じて「安くて速い」といった声が多かったです。


申し込みをしてから端末が届くまでも早いようです。


またカシモwimaxで「安くて速い」ということ以外でも「余計なオプション加入なしで契約できる」、「キャッシュバックの受け取り手続きが不要」といった点において好評でした。

このようにオプション加入が不要なことや、キャンペーン特典の受け取り手続きに気を付ける必要がなく利用しやすいのも、カシモwimaxの魅力であると言えるでしょう。


wimaxの場合は、wifi接続であればping値が25~60ms程度となるためオンラインゲームは難しいですが、有線接続だとping値20ms以下を出せるので、スプラトゥーンやFPSなど競技性のある本格的な通信対戦ゲームがプレーできます。

※ただし最新機種であるW06の場合は、USBでの有線接続しか対応しておらずクレードルもないので、LANケーブルでしか有線接続できないPS4といったゲーム機だと、W06との有線接続自体不可能なので注意が必要です。(変換アダプターやW05のクレードルを使ってもダメなようです。)

カシモwimaxに関する悪い口コミ

カシモwimaxに関する悪い口コミでは、主にサポートの面で不満だったいう意見が多かったです。

カシモwimaxの場合は実店舗というものが存在していないので、サポートを受ける際はカスタマーセンターの方に連絡する必要がありますが、その電話が繋がりにくかったり受付時間が短かったりするなどの点において不満の声があがっています。

その他カシモwimaxには「電波が繋がりにくい」「動画を見たらすぐに制限がかかった」という口コミがあったりします。

しかしカシモwimaxを含めどのwimaxプロバイダも基本的には通信状況や速度に変わりがないので、これらの不評はカシモwimaxに対する不満というよりもwimax自体の問題だと言えます。

カシモwimaxの料金は?

カシモwimaxの料金は?

カシモwimaxの料金は、基本的に初期費用である事務手数料3,000円に加えて、契約するプランの月額料金がかかります。

カシモwimaxの料金プランは、主に下記の2つのものがあります。

  • 最安級プラン
  • 新端末プラン

いずれの場合も契約期間は3年となっています。

そしてそれぞれに「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」がありますが、ギガ放題プランは通信データ量無制限で使えるプランで、ライトプランは月間データ量の上限が7GBまでのプランとなります。

最安級プランの料金

最安級プランは端末が「Speed Wi-Fi NEXTW05」と少し古いタイプのものになるものの、とにかく月額料金を安く抑えたい場合におすすめのプランです。

最安級プランの具体的な料金は下記の通りになります。

プラン(利用可能な月間データ量) 初月 1カ月目 2カ月~24か月目 25ヶ月目以降
ギガ放題プラン(無制限) 0円 1,380円 3,480円 4,079円
ライトプラン(7GB) 0円 1,380円 2,880円 3,379円

 

新端末プランの料金

一方で新端末プランでは、最安級プランよりも月額料金が少し高くなるものの、最速の通信速度が出せる最新機種が使えるという機能性重視のプランです。

対応端末は下記の通りです。

  • Speed Wi-Fi NEXTW06
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • Speed Wi-Fi NEXTWX05
  • WiMAXHOME01

新端末プランの具体的な料金は下記の通りになります。

プラン(利用可能な月間データ量) 初月 1カ月目 2カ月~24か月目 25カ月目以降
ギガ放題プラン(無制限) 1,380円 1,380円 3,580円 4,079円
ライトプラン(7GB) 1,380円 1,380円 2,980円 3,379円

このように最安級プランとさほど料金が変わらないので、少しでも通信速度にこだわるのであれば、新端末プランにした方がお得でしょう。

カシモwimaxおすすめプランは?

まず基本的にコストパフォーマンスの良い無制限プランを選択すると良いでしょう。

またなるべく通信速度は速い方が良いのであれば、新端末プランがコスパが良いのでおすすめです。

業界最安級と謳われているけど実際どうなの?他社との料金比較

公式WEBサイト上でも業界最安級と謳われており、口コミ上でも安い多々と言われているカシモwimaxですが、実際のところ他のwimaxプロバイダと比べてみて最安なのでしょうか?

下記ではカシモwimax(新端末プラン)をはじめ、他の人気最安級wimaxプロバイダの無制限プランにおける料金を一覧にしてまとめてみました。

wimaxプロバイダ 月額料金 キャンペーン特典 総額(3年) 実質月額
初月 1~2カ月 3~24カ月 25カ月以降
カシモwimax 1,380円 1,380円 3,580円 4,079円 月額割引 131,848円 3,662円
GMOとくとくBB 3,609円の日割り計算 3,609円 4,263円 4,263円 31,000円キャッシュバック 121,160円 3,365円
Broad wimax 2,726円の日割り計算 2,726円 3,411円 4,011円 月額割引 128,626円 3,572円
jp wimax 2,800円の日割り計算 2,800円 3,500円 4,100円 10,000円キャッシュバック(amazonギフト券) 121,800円 3,383円
BIGLOBE wimax 0円 3,345円 4,030円 4,380円 月額割引 147,910円 4,108円
UQwimax(本家) 日割り計算 3,696円 4,380円 4,380円 ・WX05:8,000円
・W05/HOME 01:13,000円
・W06/L02:3,000円
145,920円(キャッシュバックは最新機種の場合で算出) 4,053円

※初月が日割り計算になっているプロバイダの場合は、総額(3年)料金に初月の料金をカウントしていません。

このように初月の日割り計算を除いた場合は、カシモwimaxは最安級ではありません。

しかし初月の日割り計算の分をカウントした場合であれば、カシモwimaxは他の最安級プロバイダとさほど料金が変わりません。

つまりカシモwimaxは月額料金に関して言えば最安ではないものの、ほぼ業界最安級だと言えるでしょう。

カシモwimax の予約と店舗での申し込み方法

カシモwimax の予約と店舗での申し込み方法

カシモwimaxは現在店舗からの予約申し込み受け付けは行われておりません。

その代わり公式WEBサイトの方から簡単に申し込みを行うことができるようになっています。

店頭での申し込みを受け付けていない理由としては、ネット上で手続きを完結させることで余計な人件費などのコストをカットさせることができるからで、これにより安い月額料金が実現されているようです。

カシモwimax公式WEBサイトからの申し込み方法

カシモwimax公式WEBサイトからの申し込み方法・手順としては、主に下記の3つのステップで行います。

  1. カシモwimax公式WEBサイトから申し込む
  2. 端末を受け取る
  3. 簡単な設定を行う

1.カシモwimax公式WEBサイトから申し込み

まずはカシモwimax公式WEBサイトにアクセスします。

カシモwimaxの予約申し込み手順①

トップページの右上にある「今すぐ申し込む」をクリックします。

カシモwimaxの予約申し込み手順②

「ご契約内容の選択」画面に移るので、下記の項目について選択していきます。

  • プラン
  • 機種
  • カラー
  • オプション
  • 付属品

上記すべての項目を選択し終えたら、一番下にある「お客様情報入力へ進む」をクリックします。

カシモwimaxの予約申し込み手順③

「お客様情報入力」画面に移るので、住所・氏名などの必須項目をそれぞれ記入していきます。

カシモwimaxの予約申し込み手順④

記入し終えたら「利用規約、重要事項説明に同意しました」チェックを入れて、一番下にある「ご契約内容の確認に進む」をクリックします。

カシモwimaxの予約申し込み手順⑤

選択機種やプラン、入力した情報など間違えがなければ下の「お支払い情報に進む」をクリックします。

カシモwimaxの予約申し込み手順⑥

クレジットカード情報を入力し、「この内容を保存」をクリックします。

あとはカシモwimaxの方から確認メールが送られてくるので、それに沿って手続きを進めることでWEBサイト上からの申し込みは完了となります。

2.端末を受け取る

申し込み後カシモwimaxの方からwimax端末が送られてきます。
発送は東京から佐川急便で送られ、1日~2日程度で到着します。

早ければ翌日で届きますし、到着したら工事もなしですぐに使えるので、急いでいる時でも便利ですね。

なお端末の配送料はかかりません。

3.簡単な設定を行う

端末が届いたら簡単な初期設定を行うことで、早速ネットが使えるようになります。

設定方法に関しては製品に同梱されている「取扱説明書」か「はじめてガイド」で確認できます。

カシモwimaxの通信速度は?

カシモwimaxの通信速度は?

カシモwimaxの通信速度に関しては、口コミ上だと速いという声も多くある反面、繋がりにくかったという意見もあったりしますが実際どうなのでしょうか?

この通信速度関しては、端的に言えばプロバイダであるカシモwimaxは何ら影響を及ぼしていません。

というのもwimax回線の提供会社は「UQコミュニケーションズ社」であり、カシモwimaxをはじめbroad wimaxやGMOとくとくBB等どのプロバイダを選んでも通信速度に変わりはありません。

そのためカシモwimaxだから通信速度が速かったり遅かったりということはありません。

口コミ上で言われている通信速度の違いに関しては、利用環境や使用するwimaxの端末の性能(端末の新しさ)などによるものだと考えられます。

カシモwimaxの各取り扱い端末の通信速度は?

カシモwimaxでは現在下記の5つの端末が取り扱われています。

  • Speed Wi-Fi NEXTW05
  • Speed Wi-Fi NEXTW06
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • Speed Wi-Fi NEXTWX05
  • WiMAXHOME01

それぞれの通信速度は下記の通りです。

種類 端末 最大通信速度
持ち運び型wifi Speed Wi-Fi NEXTW05 758Mbps
Speed Wi-Fi NEXTWX05 440Mbps
Speed Wi-Fi NEXTW06 1.2Gbps
据え置き型(家庭用)wifi WiMAXHOME01 440Mbps
Speed Wi-Fi HOME L02 1Gbps

このように最大通信速度だけで見ればかなり違いがあります。

実質速度を比較した場合でも、やはりそれなりに違いがあるようです。


ただ実際に最新機種と古い機種とを使って比較した場合、そこまで圧倒的な差を感じなかったという口コミもありますし、ping値(オンラインゲームをする上で重要な値)ならば最新機種であるW06の方が古い機種よりも劣っていたというデータもあったりします。

そのため通信速度に特にこだわりがないのであれば、古い機種だけれども料金が安くなる最安級プランでも十分でしょう。

カシモwimaxの対応エリアは?

カシモwimaxの対応エリアは?

カシモwimaxの対応エリアも、他のwimaxプロバイダと同様にwimaxを運営する「UQコミュニケーションズ社」の通信設備に依存します。

そのため自宅で利用できるかどうかを調べるためには、UQコミュニケーション公式WEBサイト上になるwimaxサービスエリア検索ページから利用可能かどうか確認すると良いでしょう。(カシモwimaxの公式サイトでもエリア検索可能です)

カシモwimaxのオプションサービス

カシモwimaxのオプションサービス

カシモwimaxには主に下記の2つのオプションサービスがあります。

  • 安心サポートオプション
  • スマートシネマwith U-NEXT

いずれも必須オプションではなく任意で加入できます。

安心サポートオプション

安心サポートオプション

「安心サポートオプション」は、月額300円で加入できる有料オプションで、これにより端末が故障したときでも無償で修理を受けることができます、。

ただし本体以外の付属品や、外部損傷・水漏れ・全損・盗難・紛失・改造や故意の故障は補償対象外となります。

また回線契約後に後から追加で加入することはできず、あくまでwimax契約と同時申し込みのみの受付となります。

初期不良や端末が故障する可能性は稀だと言われていますし、万が一壊れても端末自体をamazonなどで購入できるので、特に加入しておかなければならないオプションというわけではありません。

ただ後からこのオプションに加入するということができないので、迷ったらとりあえず入っておくと良いでしょう。

スマートシネマwith U-NEXT

スマートシネマwith U-NEXT

「スマートシネマ with U-NEXT」は、月額980円で動画配信サービスである「U-NEXT」が7日分見放題になるというオプションサービスです。

U-NEXTはフルサービスだと月額1,990円ですが、あくまで休日だけ見れれば良いというのであれば、このオプションにより安い料金で休日の7日間分だけU-NEXTで動画が見放題になります。

ただしこのオプションだとU-NEXTの全作品を見れるわけではなかったりするので、その点においては注意しておきたいところですね。

口コミなどから考えられるカシモwimaxのメリット

以上口コミなどから考えられるカシモwimaxのメリットは、主に下記のポイントが挙げられます。

  • 料金が比較的安い
  • 必須加入オプションなどが一切ない
  • 面倒なキャンペーンの受け取り手続きが不要である

料金が比較的安い

カシモwimaxを利用するメリットとしてまず挙げられるのが、利用料金が他のwimaxプロバイダと比べても比較的安ということです。

また契約してから最初の2カ月間に関しては、月額料金がほとんどかからないのも地味ですがありがたいですね。

必須加入オプションなどが一切ない

更にカシモwimaxのメリットとして言えるのが、契約時に加入が必須になるようなオプションが一切ないということです。

例えば高額キャッシュバック特典が受けられて実質最安級になるwimaxプロバイダ「GMOとくとくBB」では、契約時に2つの有料オプションが勝手に付いてきます。

これらは初月~最大2カ月間までは無料で使えますが、それ以降では有料になります。

もちろんこれらオプションは解約できますが、わざわざ解約手続きをするのが面倒ですし、万が一解約手続きを忘れた場合は無駄なお金を支払うことになってしまいます。

このようにwimaxプロバイダの中には契約時に有料オプションへの加入が必須となるところもあったりするわけですが、カシモwimaxの場合はそういった加入が必須となるオプションもありません。

そのため契約後に有料オプションを解除したり、解除し忘れたことによって余計な料金を支払う羽目になるということもないので、有料オプションへの加入が必須のところと比べれば利用しやすいですね。

面倒なキャンペーン受け取り手続きが不要である

またカシモwimaxの良いところとして挙げられるのが、キャンペーン特典が月額割引であり、そのキャンペーン特典の受け取り手続きを全くしなくても良いということです。

例えば他のwimaxプロバイダだと、キャンペーンとして月額割引ではなく高額キャッシュバック特典が受けられるところがあったりします。

キャッシュバック特典であれば、月額割引とは違いまとめて高額なお金が還元されるのが魅力的ですが、その反面大体どのプロバイダでもその受け取り手続きが面倒だったりします。

例えばGMOとくとくBBでの32,000円もの高額キャッシュバックを受け取るには、利用開始後から11カ月目に来る「ご案内メール」に沿って受け取り手続きを行うという流れになります。

このようにキャッシュバックの受け取り手続きが利用開始からほぼ1年後になるので、その間手続き自体を忘れてしまう恐れが出てきます。

しかもこの「ご案内メール」が送られてくるのは登録メールアドレスではなく、GMO会員専用メールアドレスなので、ご案内メールが来ていることにも気づけない可能性も十分にあります。

こうしたことからGMOなどキャッシュバックキャンペーンを実施しているwimaxプロバイダでは、その特典の受け取り損ねが少なからずあるそうです。

一方でカシモwimaxなどのようにキャンペーン特典がキャッシュバックではなく月額割引であれば、月額料金から勝手に料金が割り引かれるので、特典の受取り手続きをする必要もなく確実に料金が割り引かれます。

このようにカシモwimaxでは、キャンペーン特典の受取り手続きが一切必要ないということも魅力的です。

カシモwimaxを利用するうえでの注意点

カシモwimaxを利用するうえでの注意点

カシモwimaxには上記のようなメリットがありますが、その反面利用するうえで下記の点について注意しておきたいところです。

  • 途中解約ならば違約金が発生する
  • auのスマホ割引が適用されない
  • クレジットカード払いしか対応していない
  • 他社のように会員ページがないなどサポートがイマイチ

解約などの違約金は?

解約などの違約金は?

カシモwimaxでは最安級プランと新端末プランがあり、いずれにしても契約期間が3年ですが、途中で解約する場合は高額な解約規約金が発生します。

具体的な解約違約金については下記の通りです。

利用期間 解約違約金(税抜き)
0カ月目~12カ月目まで 19,000円
13カ月目~24カ月目まで 14,000円
25カ月目以降 9,500円
36カ月ごとの契約更新月 0円

このように利用期間が短いほど解約違約金は高額になります。

また利用開始から36カ月目ごとのタイミングが契約更新月となり解約違約金が無料になります。

そのため解約するのであれば、なるべく契約更新月に行うようにしておきたいところですね。

auのスマホ割引が適用されない

人気wimaxプロバイダの多くは、auスマホと同時契約することでauスマホなどの利用料金が割引になる「auスマートバリュー mine」により、最大月々1,000円もの割引が受けられます。

しかしカシモwimaxではこのauスマホ割が適用されません。

そのため利用している携帯・スマホがauである場合で、auスマホ割引が適用されるプランで契約している場合であれば、あえてカシモwimaxを選ぶメリットがないと言えるでしょう。

クレジットカード払いしか対応していない

カシモwimaxでは支払いがクレジットカード決済にしか対応しておらず、口座振替などで支払いをすることができません。

そのためクレジットカードが持てない場合は、基本的にカシモwimaxを利用することができません。

どうしても利用したい場合は、他のクレジットカードを所持している家族などにお願いしたりなどする必要があります。

他社のように会員ページがないなどサポートがイマイチ


カシモwimaxは料金は安いのですが、会員ページがなかったり電話が繋がりにくいなどとサポート面において口コミ上でもあまり良くありません。

会員ページに関しては、登録情報の変更を行ったり、契約更新月を確認したり、解約を申し出たりするうえですべてWEB上で24時間いつでも手続き可能であるという点で非常に便利です。

しかしカシモwimaxの場合はこういった会員ページにあたるサポートサービスがないのでその分か不便になってくるでしょう。

まとめ

以上カシモwimaxの長所は料金が業界最安級に安く、オプション加入不要だったりキャンペーン特典の受取り不要で利用しやすいという点が挙げられます。

しかしその一方でauとのスマホ割が利かず、サポートの面で他社と比べて不十分なところがあります。

そのためカシモwimaxはauスマホユーザーではなけれども、wimaxを安くてシンプルに使いたいという人に向いているでしょう。

ポケットWiFiおすすめ安い比較口コミランキング

ポケットWiFiおすすめ安い比較口コミランキング

ポケットWiFiおすすめ安い比較口コミランキング

NTTドコモの社会科学系の研究所であるモバイル社会研究所が作成した「ケータイ社会白書 2019年度版」によると、スマホで動画を視聴している人は49.3%、タブレットでの視聴は48.8%とほぼ半数の人が動画サービスを利用しています。また、自宅だけでなく移動中や移動先でも動画を楽しむ方が増えてきています。

動画サービスを利用する際に気になるのは通信速度と月間データ容量です。通信速度が遅いと動画が再生中に止まってしまうことがあります。また月間データ容量の残量を気にしながらでは動画を楽しむことができません。このような時には、高速通信速度でかつ月間データ容量無制限のポケットWiFiが便利です。移動中や移動先でパソコン、タブレット、スマートフォンなどをインターネットに接続するための機器を「ポケットWiFi」、「モバイルWiFiルーター」と呼びます。ちなみに「Pocket WiFi」はソフトバンクの登録商標ですが、現在は一般名称として使われています。(本記事ではポケットWiFiの呼称で統一します)

本記事では、ポケットWiFiの新規契約を検討している方、乗り換えを検討している方のお役に立てるよう、20社のプロバイダの特徴、口コミ、料金を紹介します。また、初期費用、端末代、割引やキャッシュバックを考慮した実質月額料金をランキング形式で紹介します。さらにはポケットWiFを検討、利用するにあたって有益な情報も記載しています。最後まで読んで頂ければ幸いです。

どんなときもwifiの評価とどこでもwifi

キャシュバック最高額のポケットWIFIならGMOとくとくBB

キャシュバック最高額のポケットWIFIならGMOとくとくBB

【公式サイト】https://gmobb.jp/wimax/
【YouTube】GMOとくとくBBチャンネル
【口コミ】

キャッシュバックが大きく実際に必要な料金がお安いプロバイダです。初期契約解除制度申込みから20日以内であれば解約違約金無料でキャンセルできる制度がありますので、まずは実際に使ってみて通信状況を確認することができます。

キガ放題プラン (3年契約)
キャッシュバック 最大31,500円 (W06, WX06本体のを選択した場合)
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月】 3,609円の日割料金
【1~2ケ月目】 3,609円
【3ヵ月目以降】4,263円
実質月額料金(3年平均) 3,435円
端末代金 0円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 0円
スマホ料金割引 auスマホ利用者:auスマートバリューmine
UQ mobile利用者:ギガMAX月割
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~24ヶ月目】24,800円
【25~36ヶ月目】9,500円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

口座振り込み可能ならポケットwifiならBroad WiMAX

口座振り込み可能ならポケットwifiならBroad WiMAX

【公式サイト】https://wimax-broad.jp/
【YouTube】LinkLifeInc
【口コミ】

クレジットカード支払いのみのプロバイダが多いですが、Broad WiMAXは口座振替による支払いにも対応しています。ただし、クレジットカード払いでないと初期費用18,857円が無料になるキャンペーンが受けれなくなるので注意しましょう。なお、実質月額料金は初期費用が無料を前提に計算しています。外国人向けに英語対応のコールセンターがあります。

キガ放題プラン(3年契約)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月】 2,726円の日割料金
【1~2ケ月目】 2,726円
【3~24ヵ月目】3,411円
【25ヵ月目以降】4,011円
実質月額料金(3年平均) 3,656円
端末代金 0円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 0円
スマホ料金割引 auスマホ利用者:auスマートバリューmine
UQ mobile利用者:ギガMAX月割
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25~36ヶ月目】9,500円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円
※Web割キャンペーン違約金(9,500円,24ヶ月以内)もあり

wimaxおすすめ安いプロバイダ比較ランキング

初月が安いカシモWiMAX

初月が安いカシモWiMAX

【公式サイト】https://www.ka-shimo.com/wimax
【YouTube】チャンネルカシモ
【口コミ】

Speed Wi-Fi NEXT W05を選択すると月額料金が少し安くなります。25カ月以降は同じ月額料金なので、はやり最新機種を利用するプランがおススメです。

ギガ放題プラン(3年契約、最新端末利用プラン)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月】 1,380円
【1ケ月目】 1,380円
【2~24ヵ月目】3,580円
【25ヵ月目以降】4,079円
実質月額料金(3年平均) 3,769円
端末代金 0円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT W05(本端末の場合、月額料金が少し安い)
LTEオプション料 0円
スマホ料金割引 なし
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25~36ヶ月目】9,500円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

どんなときもwifi

どんなときもwifi

【公式サイト】https://donnatokimo-wifi.jp/
【YouTube】どんなときもWiFi 公式チャンネル
【口コミ】

eSIMの採用(後で説明)により、ドコモ、au、ソフトバンク3社のLTE回線を自動選択してインターネットに接続できるポケットWiFiです。3日間の累計使用量が10GB以上を超えても速度制限が制限がかかりません。海外130ヵ国でも事前申請なしで利用可能です(1,280円/日 or 1,880円/日)。月額料金がアップしますが、口座振替にも対応しています。

2年契約 ※クレジット払い
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月】 3,480円の日割り料金
【1~24ヵ月目】3,480円
【25ヵ月目以降】3,980円
実質月額料金(3年平均) 3,730円
端末代金 0円 (解約時に端末を返却する必要あり)
選択できる端末 uCloudlink社 D1
スマホ料金割引 なし
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

NEXTmobile

NEXTmobile

【公式サイト】https://next-mobile.jp/
【口コミ】

ソフトバンクのLTE回線を利用したポケットWiFIです。3日間の累計使用量が10GB以上を超えても速度制限が制限がかかりません。通信容量無制限の提供はなく、20GBプラン、30GBプラン、50GBプランの3つが提供されています。30GBプランのみ口座振替による支払いが可能です。

50GBプラン(2年契約)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3000円
月額料金 【端末発送月(0カ月)】 3,490円の日割り料金
【1~12ヵ月目】3,490円
【13~24ヵ月目】4,880円
【25ヵ月目以降】5,815円
実質月額料金(3年平均) 4,812円
端末代金 0円
選択できる端末 FS030W
スマホ料金割引 なし
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

大手wifiSo-net WiMAX

大手wifiSo-net WiMAX

【公式サイト】https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/
【口コミ】

ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する老舗のプロバイダです。契約から2年10カ月目以降、機種変更が無料で行えるので、最新技術を採用した高速通信対応のポケットWiFiに交換できます。

Flat ツープラス ギガ放題 (3年契約)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3000円
月額料金 【端末発送月】 0円
【1~12ヵ月目】3,380円
【13ヵ月目以降】4,379円
実質月額料金(3年平均) 4,129円
端末代金 0円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 0円 (3年契約の場合)
スマホ料金割引 auスマホ利用者:auスマートバリューmine
UQ mobile利用者:ギガMAX月割
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25~36ヶ月目】9,500円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

口座振替可能BIGLOBE WiMAX 2+

口座振替可能BIGLOBE WiMAX 2+

【公式サイト】https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/
【口コミ】

クレジットカードだけでなく口座振替も対応し、月額料金が高くなることはありませんし、キャッシュバック(10,000円)も受ける事ができます。ただし端末代金は一括払いのみのなります。クレジットカード払いの場合は一括払いか、800円の24回払いが選択できます。1年契約で違約金が1,000円と安いのも特徴の1つです。

ギガ放題(1年)
キャッシュバック 10,000円
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月】 0円
【1ヵ月目以降】3,980円
実質月額料金(3年平均) 4,319円
端末代金 19,200円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 1,005円 (利用月のみ)
スマホ料金割引 auスマホ利用者:auスマートバリューmine
UQ mobile利用者:ギガMAX月割
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】1,000円
【13カ月以降】0円

 

TVCMでおなじみUQ WiMAX

TVCMでおなじみUQ WiMAX

【公式サイト】https://www.uqwimax.jp/wimax/
【YouTube】UQ mobile/UQ WiMAX
【口コミ】


https://twitter.com/a_saku2020/status/1161583936901746689

テレビCMでご存知の方も多いプロバイダです。WiMAXの通信インフラを管理・運営しており、WiMAXの本家といったところです。UQスポット(UQ専売ショップ)WiMAX提供会社での対面相談にも対応してますので、インターネットだけのやり取りに不安の方には助かります。契約年数の設定のないプランや、自動更新のないプランも用意されています。15日間無料でお試しできる。(Try WiMAX)があるので、実際に通信状況を確かめてから契約することができます。

ギガ放題(2年契約/自動更新あり)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 3,880円 (自動更新有りの場合)
実質月額料金(3年平均) 4,380円
端末代金 15,000円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 1,005円 (利用月のみ。auスマートバリューmine加入者は0円)
スマホ料金割引 auスマホ利用者:auスマートバリューmine
UQ mobile利用者:ギガMAX月割
解約違約金 【更新期間】
契約期間の最終月を「満了月」とし、満了月の当月、翌月、翌々月の3ヶ月間が「更新期間」。自動更新の場合、次の更新期間は2年後。
【契約解除料】
更新期間以外に解約した場合、1,000円の契約解除料が発生

 

知名度は高いのですが…Y!mobile

知名度は高いのですが…Y!mobile

【公式サイト】https://www.ymobile.jp/plan/data/
【YouTube】Y!mobile(ワイモバイル)
【口コミ】

ソフトバンクのLTE回線を利用していますが、3日間の累計使用量が10GB以上になると速度制限がかかります。Pocket WiFiプラン2(ベーシック)は月間データ容量7GBのプランです。このプランにアドバンスオプションを追加することにより、通信容量無制限になります。なお、年間契約の定めのないプランのため解約違約金が発生しません。

Pocket WiFiプラン2(ベーシック)+アドバンスオプション
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 4,380円  (月途中での加入の場合、該当月の料金は日割料金)
実質月額料金(3年平均) 5,057円(803ZT)、4,757円(801HW)
端末代金 Pocket WiFi 803ZT(21,384円/税込)、 801HW(10,584円/税込)、
603HW(店頭での販売のみ)
選択できる端末 Pocket WiFi 803ZT、801HW、603HW
スマホ料金割引 なし
解約違約金 なし

 

SAKURA WiFi

SAKURA WiFi

【公式サイト】 https://sakura-wifi.com/
【口コミ】

ソフトバンクのLTE回線を利用しています。発送日から3週間以内に返却すると全額返金される制度があり安心です。(手数料1,000円は必要)3日間の累計使用量が10GB以上を超えても速度制限が制限がかかりません。

桜舞う「特別クーポン」適用プラン ※本プランのみ
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 3.680円
実質月額料金(3年平均) 3,763円
端末代金 0円 (解約時は返却する必要あり)
選択できる端末 FS030W、ARIA2、602HW、601HW、501HW
スマホ料金割引 なし
解約違約金 なし

 

FUJI WiFi

FUJI WiFi

【公式サイト】 https://fuji-wifi.jp/
【口コミ】

容量無制限プランの他、25GBプラン、50GBプラン、100GBプラン、200GBプラン(LTE回線)が提供されています。年間契約の定めのないプランのため解約違約金が発生しません。実質月額料金はとても安いですが、ポケットWiFiは最新機種ではありません。

WiMAX2+with au4G LTEプラン(キガ放題)
キャッシュバック 0円
事務手数料 2000円
月額料金 3,200円
実質月額料金(3年平均) 3,256円
端末代金 0円 (解約時は返却する必要あり)
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W05、Speed Wi-Fi NEXT W04
LTEオプション料 1,005円 (利用月のみ)
スマホ料金割引 なし
解約違約金 なし

 

DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX 2+

【公式サイト】https://dream.jp/mb/wm/
【口コミ】

NTTグループカード新規入会し、DTIご利用料金をNTTグループカードで支払うと毎月500円×12カ月間、最大6,000円をクレジットカード利用代金よりキャッシュバックが受けれます。(実質月額料金の計算には含めていません)

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 【1~2ヵ月目】 0円
【3ヵ月目】2,590円
【4ヵ月目以降】3,760円
実質月額料金(3年平均) 3,811円
端末代金 0円  (解約時に端末を返却する必要あり)
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 0円
スマホ料金割引 なし
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25~36ヶ月目】9,500円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

@nifty WiMAX

@nifty WiMAX

【公式サイト】 https://setsuzoku.nifty.com/wimax/
【口コミ】

老舗プロバイダの1つです。2年契約プランもあります。月額料金は3年契約と同じですが、ハイスピードプラスエリアモードを利用した月は1,005円/月が発生します。

WiMAX 2+ Flat 3年 ギガ放題プラン
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月(1ヶ月目)】 0円
【2~3ヶ月目】3,670円
【4ヶ月目以降】4,350円
実質月額料金(3年平均) 4,951円
端末代金 20,000円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 0円
スマホ料金割引 auスマホ利用者:auスマートバリューmine
UQ mobile利用者:ギガMAX月割
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目として0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25~36ヶ月目】9,500円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

JP WiMAX

JP WiMAX

【公式サイト】 https://jpwimax.jp/
【口コミ】

アマゾンギフト券による10,000円キャッシュバックが特徴です。1週間0円お試しレンタルの制度があり、最新状態にアップデートされた、通常利用には全く問題ない新古品端末をレンタルできます。その後、新古品をご契約する「そのまま契約」を選ぶと、事務手数料が0円になるキャンペーンを実施中です。

限定料金プラン
キャッシュバック 10,000円(Amazonギフト券)
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月(1ヶ月目)】 2,800円の日割料金
【2~3ヶ月目】2,800円
【4~24ヶ月目】3,500円
【25ヶ月目以降】4,100円
実質月額料金(3年平均) 3,483円
端末代金 0円 (24ヶ月以内に解約の場合、端末を返却要。それ以降は返却不要)
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料  3年間 0円 (通常1,005円)
スマホ料金割引
解約違約金 【端末発送月(1ヶ月目)として1~12ヶ月目】30,000円
【13~36ヶ月目】25,000円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

hi-ho WiMAX 2+

hi-ho WiMAX 2+

【公式サイト】 https://hi-ho.jp/course/hihomobile/wimax2/
【口コミ】

NTTグループカードでhi-hoの料金を支払うと、毎月500円を最長12ヵ月間キャッシュバックされます(実質月額料金の計算には含めていません) 契約して半年間は月額料金が安いのですが、解約違約金が高いので注意しましょう。

容量無制限プラン(3年契約)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月(0ヶ月)】2,980円の日割料金
【1~5ヵヶ月目】2,980円
【6~36ヶ月目】3,780円
【37ヶ月目以降】4,300円
実質月額料金(3年平均) 3,752円
端末代金 0円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 0円
スマホ料金割引 なし
解約違約金 【端末発送月(0ヶ月目)として0~2ヶ月目】38,800円
【3ヶ月目】37,200円
【4~36ケ月目】37,200円から月毎に800円減額
【37ヶ月目(更新月)】0円
【38〜72ヵ月目】9,500円
【73ヶ月目(更新月)】0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

BIC WiMAX

BIC WiMAX

【公式サイト】 https://www.bic-ws.net/
【口コミ】

ビックカメラ、ソフマップ、コジマで取り扱っているので対面相談を希望の方は助かります。3年契約の他、2件契約(自動更新あり、自動更新なし)、契約期間のないプランもあります。月額料金やLTEオプション料の有無に違いがあります。

BICギガ放題(3年プラン)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 3,880円/月
実質月額料金(3年平均) 4,380円
端末代金 15,000円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05 他
LTEオプション料 0円(3年プランのみ)、 その他のプランは1,005円/月(利用月のみ)
スマホ料金割引 なし
解約違約金 【提供開始日(契約日)を含む月を1ヶ月目として1~36ケ月目】
9,500円
【37ヶ月目(満了月)】
満了月の末日なら0円。末日以外なら9,500円
【38ケ月目(更新月)】0円
※以後、満了月の末日、更新月以外の違約金は9,500円

 

ASAHIネット WiMAX 2+

ASAHIネット WiMAX 2+

【公式サイト】 https://asahi-net.jp/service/mobile/wimax2plus/
【口コミ】

月額利用料が最大4カ月無料になるキャンペーンを実施中です。つまり、開通月無料と月額料金が3カ月間無料になります。モバイルでありながら、固定IPアドレスが利用できます(オプション 800円/月)。

ギガ放題・LTEセットプラン(3年契約)
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 【端末発送月(0ヶ月目)~3ケ月目】 0円
【4~36ヶ月目】4,290円
【37ヶ月目以降】4,350円
実質月額料金(3年平均) 4,016円
端末代金 0円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05
LTEオプション料 0円
スマホ料金割引 なし
解約違約金 【端末発送月を0ケ月目とした0~12ヶ月目】19,000円
【13~24ヶ月目】14,000円
【25~36ヶ月目】9,500円
【37ヶ月目(更新月)】 0円
※以後、更新月以外の違約金は9,500円

 

docomo

docomo

【公式サイト】https://data.nttdocomo.co.jp/wifi_router/
【YouTube】docomoOfficial
【口コミ】

ドコモユーザーは、月々のスマホ代に月額1,000円追加するとドコモのモバイルルーターを契約できます。スマホとモバイルルーターでひとつのデータプランを分けあう使い方になります。ギガホ(30GB)のデータ容量を使い切ったら速度制限がかかりますが、概ね1Mbpsですので気になる方は少ないかもしれません。月額料金は高くなりますが契約期間のない(解約金の発生しない)プランもあります。みんなドコモ割を適用しないと料金は高くなります。

ギガホ(30GB, 2年更新)+データプラス
キャッシュバック 0円
事務手数料 0円 (ドコモオンラインショップ)
月額料金 ギガホ月額料金6,980円 +データプラス 1,000円
※「ギガホ」をご契約の方は、全員が最大6か月、月額1,000円割引
実質月額料金(3年平均) 8,539円
端末代金  26,136円(HW-01L)、
選択できる端末 WiFi STATION HW-01L、SH-05L(2019年秋に発売予定)
解約違約金 【2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月】0円
【上記以外】1,000円

 

au

au

【公式サイト】https://www.au.com/mobile/charge/data/plan/
【YouTube】au
【口コミ】

2年契約のプランの他、契約期間のないプランもあります(月額料金:5,880円)。端末代は28,080円が実質無料になる「毎月割」の受付が2019年9月30日に終了しました。

WiMAX 2+ フラット for DATA EX
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 4,880円
実質月額料金(3年平均) 5,743円
端末代金 28,080円
選択できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX05 他
スマホ料金割引 auスマホ利用者:auスマートバリューmine
LTEオプション料 1,005円/月(利用月のみ,auスマートバリュー契約期間中は全額割引)
解約違約金 【2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月】0円
【上記以外】9,500円

 

SoftBank

SoftBank

【公式サイト】https://www.softbank.jp/mobile/products/data-com/
【YouTube】ソフトバンク(SoftBank)
【口コミ】

ソフトバンクでは、2019年9月13日より契約期間も契約解除料もない料金プランに刷新されました。月間データ容量(例えば50GB)を超えた場合は速度制限がかかり、128kbpsと厳しい速度制限があります。「みんな家族割+」を適用しないと料金は高くなります。

基本プラン(データ)+ データプラン50GB+
キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
月額料金 「基本プラン(データ)」980円、「データプラン50GB+」 6,500円
(計7,480円)   ※ 1年間は1,000円割引。
実質月額料金(3年平均) 7,980円
端末代金 27,000円(802ZT)、
選択できる端末 Pocket WiFi 802ZT、601HW
解約違約金 なし

 

実質月額料金の安さランキング

月間データ容量無制限(無制限を提供していないプロバイダは最大容量の定額プラン)の条件で、端末料金、事務手続き費用、基本月額料金、割引、キャッシュバックを考慮した、実質的な月額料金(3年間の平均)をランキング形式で比較しました。

プロバイダ プラン名 実質月額料金
(3年平均)
備考
1 FUJI WiFi WiMAX2+with au4G LTEプラン(キガ放題) 3,256円 端末:W05
2 GMOとくとくBB キガ放題プラン (3年契約) 3,435円 キャッシュバック大
3 JP WiMAX 限定料金プラン 3,483円 端末はレンタル
4 Broad WiMAX キガ放題プラン(3年契約) 3,656円 基本月額料金が安い
5 どんなときもWiFi 2年契約 3,730円 キャリア自動切換え
6 hi-ho WiMAX 2+ 容量無制限プラン(3年契約) 3,752円 解約違約金が高い
7 SAKURA WiFi 桜舞う「特別クーポン」適用プラン 3,763円 解約違約金なし
8 カシモWiMAX ギガ放題プラン(3年契約、最新端末利用プラン) 3,769円 基本月額料金が安い
9 DTI WiMAX2+ DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年) 3,811円 端末はレンタル
10 ASAHIネット WiMAX 2+ ギガ放題・LTEセットプラン(3年契約) 4,016円 月額利用料最大4カ月無料
11 So-net WiMAX Flat ツープラス ギガ放題 (3年契約) 4,129円 2年10カ月目以降、機種変更0円
12 BIGLOBE WiMAX 2+ ギガ放題(1年) 4,319円 解約違約金安い
13 UQ WiMAX ギガ放題(2年契約/自動更新あり) 4,380円 解約違約金安い
14 BIC WiMAX BICギガ放題(3年プラン) 4,380円 店舗対応が充実
15 Ymobile Pocket WiFiプラン2(ベーシック)+アドバンスオプション 4,757円 端末:801HWで計算
16 NEXT mobile 50GBプラン(2年契約) 4,812円 無制限プランなし
17 nifty WiMAX WiMAX 2+ Flat 3年 ギガ放題プラン 4,951円 基本月額料金高め
18 au WiMAX WiMAX 2+ フラット for DATA EX 5,743円 基本月額料金高め
19 ソフトバンク 基本プラン(データ)+ データプラン50GB+ 7,980円 解約違約金なし
20 docomo ギガホ(30GB, 2年更新)+データプラス 8,539円 スマホ利用を含めた計算

20社中、FUJI WiMAXの実質月額料金が最も安い結果となりました。しかし、ポケットWiFiの端末が1世代古い(W05)であることに注意して下さい。GMOとくとくBBはキャッシュバックが大きいため、実質月額料金が安くなっています。Broad WiMAX、カシモWiMAXは元々の月額料金が安くオトクと言えます。どんなときもWiFIは完全な通信容量無制限であり、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を自動選択する機能を提供しており、コスパに優れています。

ポケットWiFiを決める前の基礎知識

ポケットWiFiのプロバイダを決める前に知っておいたら役にたつ情報をまとめました。ポケットWiFiを利用開始してからも役に立つ情報ですので、ぜひご一読下さい。

ポケットWiFiって何?

ポケットWiFIとは、無線を利用してインターネットに接続するめの小型・軽量な通信端末の事です。モバイルWiFiルーターとも呼ばれます。カバンやポケットに入れて手軽に持ち運ぶこととができます。機種によりますが、スマホ、タブレット、パソコンなど10台前後の複数デバイスを接続することができます。同時接続数が多い程、通信速度が遅くなりますが、実際にには気になるほど遅くなることは少ないでしょう。また地下では使いにくいと言われた時期もありましたが、都市部を中心に利用できるエリアが広がっています。

ポケットWiFiの利用の際には光固定回線のような開設工事が不要です。マンション等にお住まいで、管理会社から工事の許可が下りないようなときでもポケットWiFiが便利です。自宅と外の両方でインターネットを楽しむことができます。

自宅でスマホを固定回線のWiFiに接続されている人は全体の7割強と、多くの方がWiFiを利用しています。(ケータイ社会白書 2019年度版)やはりスマホのデータ消費を気にしている人が多いようです。つまり、動画閲覧などの際は、自宅だけでなく家の外でもWiFi接続を行い、スマホ本体の月間データ容量を消費せずに容高速通信を行うニーズは高そうです。

WiMAXとLTE回線

WiMAXとLTE回線

ポケットWiFiは無線を利用してインターネット回線に接続します。ポケットWiFiは、主に2つの無線回線(WiMAXとLTE回線)のどちらかを利用してインターネットに接続します。

【WiMAX】
WiMAXは無線ネットワーク・システムの規格の1つの名称です。WiMAXの無線通信のインフラ(基地局等)は、UQコミュニケーションが提供しています。先に説明した通り、多くのプロバイダがWiMAX対応のポケットWiFiを提供していますが、すべて同じ通信インフラを使っています。

なお、多くの記事やプロバイダ名で「WiMAX」という表記が使われていますが、現在は「WiMAX 2+」と呼ばれる規格に対応したポケットWiFiになっています。2009年にUQコミュニケーションズ株式会社がUQ WiMAXの名称で、WiMAXの試験サービスを開始しました。2013年からはWiMAX 2+のサービスを開始して現在に至っています。WiMAXからWiMAX 2+に進化したことにより、通信速度が速くなり、高速移動時の通信が安定するなど、通信品質が向上しています。本記事でWiMAXと記載していてもすべてWiMAX 2+を示します。

WiMAXでは、MIMO(Multi-Input Multi-Outout)と呼ばれる技術が採用されています。MINOとは、送信側と受信側で複数のアンテナを利用することにより、通信速度を高める通信方式です。新しいポケットWiFi端末では通信速度が向上していますが、その理由の1つがMINOの活用によるものです。よって特別な理由のない限り、出来るだけ新しいポケットWiFiを選択しましょう。

WiMAXのエリアはこちら(  [UQ WiMAX] WiMAXのサービスエリア  )で確認できます。地図によるエリア確認の他、住所指定したエリア確認もできます。

初めてWiMAXを契約する時、専用クレードルを追加するかどうか迷う方が多いと思います。結論から言えば必要がない方が多いと思います。下記に記載の専用クレードルの特徴が便利と思われる方はご検討下さい。なお、専用クレードルのないWiMAX端末もあります。
・WiMAX端末にLANケーブルによる有線接続を行いたい。
・有線LANしか提供していないホテルに宿泊した際、有線LANを無線LAN(WiFi)に変換したい。
・NEC製のWX05、WX04の電波受信や通信速度を改善したい。WX05、WX04の専用クレードルには補助アンテナが装備されているため、改善される可能性があります。
なお、専用クレードルはUQアクセサリーショップ、楽天市場、アマゾンなどで購入できます。よって決めきれない場合は、契約後に再度考えてもよいと思います。

次にLTE回線について説明します。

LTEは携帯電話の通信規格の1つで、第3世代携帯の通信規格(3G)をさらに高速化させています。LTEは Long Term Evolution(長期的に進化)という意味が込められており、第4世代携帯の通信規格(4G)へのスムーズな移行が狙いです。そのため「3.9G」と呼ばれています。現在ではLTEを4Gと呼んでも良いことになっています。

WiMAX同様、LTEでもMINO技術の採用・高度化により通信速度が速くなっています。よってポケットWiFiを選ぶ際は出来るだけ新しい機種を選択しましょう。

ドコモ、au、ソフトバンクがそれぞれの通信インフラ(基地局など)を提供しています。なお楽天モバイルも独自の通信インフラを構築しており、2019年10月より無料サポーターによる試験サービスを開始しています。

参考記事:楽天モバイル、10月より携帯キャリア事業としてのサービスを開始

楽天独自のサービスエリアは「東京23区、名古屋市、大阪市および兵庫県の一部」からスタートし、順次拡大予定です。独自のサービスエリア外ではauの通信インフラを利用して全国をカバーします。

LTEのサービスエリアはこちらで確認できます。ドコモ、au、ソフトバンクではエリア拡大が進み多くの地域で利用可能です。楽天モバイルのサービスエリアは楽天サービスエリアとパートナーエリアで色分けされています。

【ドコモ】https://www.nttdocomo.co.jp/area/
【au】 https://www.au.com/mobile/area/
【ソフトバンク】 https://www.softbank.jp/mobile/network/area/
【楽天モバイル】https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

LTEの特徴の1つがプラチナバンドを有していることです。700900MHzの電波を使う事により、通信速度は低下しますが、障害物や遮蔽物の影響を受けにくく、WiMAX2.4GHz帯と5GHz帯)やLTEの高周波帯域(1.53.5GHz帯)より、建物の中まで電波が届きやすいメリットがあります。

WiMAXLTEの違いを簡単に言えば、以下の通りです。

・最大通信速度(理論値)はWiMAXの方が速い。しかしLTEも通信技術の向上により高速化している。最大通信速度(理論値)の比較より、電波の混雑具合や障害物等を考慮した実質速度が重要。
・サービスエリアはLTEの方が広い。また障害物の多い場所ではプラチナバンドを使えるLTEの方が有利。

なお、WiMAXには「ハイスピードプラスエリアモード」と呼ばれる機能があり、WiMAXのサービスエリア外でLTE(プラチナバンド)を利用した通信ができます。ただし、利用した月には、契約条件により追加料金(1,000円前後)が発生することがあります。また、ハイスピードプラスエリアモードによる通信は月間7GBまでの制限があります。7GBを超えると該当月が終わるまで通信速度制限がかかります。なお、WiMAX利用可能エリアに戻ってWiMAXによる通信を行うときも速度制限がかかってしまいますので注意しましょう。

通信速度の安定性

通信速度の安定性

ポケットWiFiの実質通信速度は、アクセス集中による込み具合、障害物や遮蔽物による受信状態の変化により大きく変化(低下)します。これは電波を利用した通信で、かつ回線側のデータ通信容量に上限がある以上、避けられない現象です。また電波の受信が良好でアクセスの少ない状況であっても、ポケットWiFiの最大通信速度(理論値)で通信できることはまずありません。Twitter、Instagram, YouTubeなどで通信速度の口コミや評判がありますが、通信速度は場所・環境や混み具合により変動することを理解して、参考にするようにしましょう。

通信容量無制限について

通信容量無制限について

ポケットWiFiにスマホやパソコンをWiFi接続して利用したり、家族と共用して使うことをお考えの方は、通信容量無制限を検討されている方が多いと思います。動画視聴の多い方も通信容量無制限の方が安心です。各プロバイダから通信容量無制限のプランが提供されていますが、実は「完全な無制限」でないことがあるので注意しましょう。

【WiMAX】
・直前3日間の通信データ量合計が10GBを超えると速度制限がかかります。翌日になり直前3日間の通信データ量合計が10GBを下回れば速度制限は解除されます。速度制限は概ね1Mbpsですので、使い方によっては気にならないかもしれません。
・WiMAXのハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合、該当月の通信時に速度制限が発生するパターン。翌月になれば速度制限は解除されます。速度制限は概ね128kbpsと厳しい制限となります。

LTE

基本的にWiMAXのような速度制限はありません。

【WiMAX/LTE共通】
公正な電波利用を目的として、ネットワークを占有するレベルの大容量通信を行った場合、通信速度制限がかかることがあります。また、違法ダウンロードなどの不正利用が発覚した場合は利用停止されることがあります。これらは悪意のある使われ方を防止する対策です。ヘビーユーザーを含めて、通常の利用ではこの制限に抵触することはありません。

実質的な月額金額を確認しよう

ポケットWiFiを提供する多くのプロバイダでは、独自のキャッシュバックや割引が実施されています。つまり実質的な料金が安くなります。よって、料金の安いプロバイダを検討する際は、キャッシュバックや割引を考慮した比較が大切です。

先に説明した「実質月額料金の安さランキング」は、月間データ容量無制限(無制限を提供していないプロバイダは最大容量の定額プラン)の条件で、端末料金、事務手続き費用、基本月額料金、割引、キャッシュバックを考慮して、実質的な月額料金(3年間の平均)を計算しています。

なお、キャッシュバックを受ける手続きに手間がかかる場合があります。例えば、契約から決められた期間の後、所定の手続きを速やかに行う必要がある等です。手続きを行うのを忘れてしまった、または不備があり期間内に手続きが完了しなかった場合はキャッシュバックを受け取れないリスクがあります。よってキャッシュバックがなくても、月額料金が安めのプロバイダを選ぶ方法もあります。

契約年数と解約違約金

契約年数と解約違約金

ポケットWiFiを契約する際、2年契約や3年契約と呼ばれる条件を設定しているプロバイダが多いようです。3年契約の場合は「3年間の利用」が前提であり、契約から3年以内に解約する場合は解約違約金を支払うという制度です。3年間利用した後、更新月(更新期間)と呼ばれる解約時に違約金が発生しない期間があります。その期間が過ぎれば、自動的に次の3年契約が始まり、次の更新月(更新期間)はさらに3年後となります。

解約違約金の金額もプロバイダによって違いあります。最近では、契約年数のないプラン、解約違約金のない、もしくは安いプランが増えてきました。契約時には月額料金、端末料金、キャッシュバック、割引制度など確認しますが、解約時に発生する費用も同時に確認しておきましょう。

解約際はポケットWiFiの端末代の残金にも注意しましょう。プロバイダにより、端末料金が無料の場合と有料の場合があります。有料の場合、一括で支払うか月々の分割で支払うか選択します。解約時に端末料金の残金がある場合、解約時に残金を一括で支払う必要があります。 

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーター

多くのプロバイダで、複数のポケットWiFi(モバイルWi-Fiルーター)から好みの端末を選択できます。基本的に、ポケットWiFiは最新型を選択しましょう。最新型であるほど、端末の性能が向上しており、高速通信に対応しています。実際に端末の性能をフルに発揮して高速な通信を行うには、利用するエリアの基地局も高速通信に対応している必要があります。サービス向上のため、基地局の改善も順次進む方向ですので、とにかく最新型の端末を選択しましょう。

2019年10月現在、WiMAX対応の場合は Speed Wi-Fi NEXT W06, WX05、LTEの場合は、Pocket WiFi 601HW, 602HW, 603HWが代表的です。簡単なスペックを記載しておきます。

【Speed Wi-Fi NEXT W06】
・製造元: HUAWEI
・サイズ: 約128×64×11.9mm
・重量: 約125g
・連続通信時間: 約5時間~約11時間40分
・通信速度
WiMAX 2+のみ: 下り最大558Mbps、上り最大30Mbps
WiMAX 2+& LTE: 下り最大1.2Gbps、上り最大75Mbps

【Speed Wi-Fi NEXT WX05】
・製造元: NECプラットフォームズ株式会社
・サイズ: 約111×62×13.3mm
・重量: 約128g
・連続通信時間: 約8時間~約14時間
・通信速度:下り最大440bps、上り最大30Mbps
・その他:実効速度をアップさせるWウイングアンテナ搭載クレードルあり(オプション)

【Pocket WiFi 601HW、Pocket WiFi 602HW、Pocket WiFi 603HW】
・製造元: HUAWEI
・サイズ: 109.9×65.1×15.5mm
・重量: 約 135g
・連続通信時間: 約8.5時間
・通信速度:下り最大612Mbps、上り最大37.5Mbps

eSIMの仕組み

eSIMの仕組み

一般的にスマホやポケットWiFiには、契約情報など通話・通信に必要なデータが記録されたICチップを挿入されています。このICチップの事をSIMカードと呼びます。ドコモなどの大手キャリア会社と契約した場合は、SIMカードをドコモ担当者が挿入してくれるので、利用者がSIMカードの存在を意識することはないと思います。一方、格安SIMを利用している方、自力でSIMフリースマホ等に機種変更したことのある方は、SIMカードを見たことがあると思います。

eSIM(イーシム)とは、Embedded SIM(組み込み型のSIM)を省略した表記です。eSIMは物理的なSIMカードを挿入する形式ではなく、SIMの働きをする部品が端末に組み込まれています。サーバー(クラウド)からSIM情報をダウンロードすることにより、端末を利用可能な状態になります。日本版のiPhone XS、XS Max、XRがeSIMに対応しています。

「どんなときもWiFi」はeSIMを採用したポケットWiFiを提供しており、電波状況によりドコモ、au、ソフトバンクを自動的に切り替えて最適なキャリアを自動選択してくれます。海外に渡航した際は、現地の通信会社と通信できるように必要な情報を自動ダウンロードして、事前の手続きなしに通信できます。

スマホとポケットWiFiでデータ量を分け合うサービス

スマホとポケットWiFiでデータ量を分け合うサービス

通信容量無制限を希望する人には向かないサービスですが、スマホで多めの月間データ容量を契約しておき、スマホとポケットWiFiでデータ量を分け合うサービスがあります。スマホとポケットWiFIの両方を利用するけど、通信容量無制限を必要としない方はチェックしておきましょう。

ドコモ データプラス https://www.nttdocomo.co.jp/charge/dataplus-2/
現在ドコモのスマホを「ギガホ(最大30GB)」または「ギガライド(毎月1~7GBの間で使った分だけ支払う)」で契約している場合、ルーターなど2台目の機種と利用可能データをシェアできます。

ソフトバンク データシェアプラス https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/datashareplus/
親回線(スマホ)大容量のデータプランを契約しておいて、子回線(iPad/タブレット/モバイルデータ通信/モバイルシアター)でデータをシェアするサービスです。

5Gに対応したポケットWiFiの動向

5Gに対応したポケットWiFiの動向

2020年春から5G(5世代移動通信システム)のサービスが開始される予定です。4G(現在のLTE)と比較して5Gの特徴は「高速・大容量」、「低遅延」、「多接続」です。 4Gの仕様上、通信速度は50Mbps1Gbps、遅延は10ms、接続数は10万デバイス/km2と言われています。5Gでは、通信速度は20Gbps、遅延は1ms、接続数は100万デバイス/km2となります。つまり、通信速度が20倍、遅延が10分の1、同時接続数が10倍に改善されます。

 高速・大容量化により高精細な画像や動画の通信が可能となり、セキュリティ、自動運転、4K/8Kなどの高精細コンテンツ、医療分野での利用拡大が見込まれます。低遅延化により、自動運転やVR/ARでの活用に寄与します。多接続により、IoTInternet of Things”の略、様々なモノがインターネット経由で通信)を可能にします。

既に各キャリア会社に5Gの周波数帯の割り当てが行われています。ドコモとauには3枠(3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯)、ソフトバンクと楽天モバイルには2枠(3.7GHz帯と4.5GHz帯の内1つと28GHz帯)が割り当てられています。

WiMAXを提供するUQコミュニケーションズの関連会社の関係にあるau5G回線の周波数帯を割り当てられていることから、WiMAX5G回線を利用する可能性があります。UQコミュニケーションズが総務省に提出した資料によると、5G通信を利用したWiMAX R3.0(WiMAX 3)の準備を行っていることが分かります。2020年4~6月頃にはWiMAX 3の標準規格化が策定される予定です。

なお、既に5Gサービスが開始されている国もあり、5G対応の端末が発売されています。例えば、HTC 5G Hubは、米国では携帯電話会社のスプリントが販売、オーストラリアでは通信会社テルストラが発売しています。日本での普及が楽しみですね。

まとめ

ポケットWiFiを提供する代表的なプロバイダ20社の特徴、実質料金を調査した結果、GMOとくとくBBはキャッシュバックが大きいため、実質月額料金が安くなることが分かりました。Broad WiMAX、カシモWiMAXは元々の月額料金が安くオトクなプロバイダです。どんなときもWiFIは完全な通信容量無制限であり、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を自動選択する機能を提供しており、コスパに優れたプロバイダです。

本記事では解約金も調査しました。解約金が発生しないプロバイダから、解約金が高額になるプロバイダもあります。今後数年間、ポケットWiFiをどのよう使うかを検討し、あなたに合ったサービスを見つけることが大切です。

ポケットWiFiは無線を使ってインターネット接続に接続しますので、光固定回線と比べると通信品質が大きく変動(通信速度低下)します。場所・環境・混み具合に依存しますので、お試しサービスを申し込んでみるもの良いかと思います。

あなたに合ったポケットWiFi選択のお役にたてば幸いです。

wimaxおすすめ安いプロバイダ比較ランキング

今回はwimaxを契約する際におすすめなプロバイダや、お得に申し込むためのプロバイダ選びなどについて紹介していきたいと思います。

wimaxはプロバイダで契約するのが最もお得!

wimaxを契約する場合の申し込み窓口は様々ありますが、大まかには主に下記の4つがあります。

  • UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)
  • auショップ(auスマートサポート)
  • 家電量販店
  • wimaxプロバイダ(販売代理店)

これら契約窓口におけるそれぞれの料金やキャンペーンを比較した場合、下記の通りになります。

契約窓口 料金 キャンペーン 備考
UQWiMAX(UQコミュニケーションズ) 3,880円 特になし ・2年契約可能
・サポートが充実
auショップ(auスマートサポート) 4,380円 特になし ・auスマホとの請求書を一まとめにできる
・「海外ダブル定額」により海外でも利用可能
・契約したその日に利用可能
※2019年9月30日をもって新規受付を終了
家電量販店 約4,380円 商品券1万円分など ・不明点は店員に聞ける
・契約したその日に利用可能
WiMAXプロバイダ(販売代理店) 3,500円~4,000円 30,000円キャッシュバックなど ・料金が安くキャンペーンが充実していてお得

結論から言えば月額基本料金がもっとも安く、しかも高額キャッシュバックや月額料金大幅割引といったキャンペーンが充実している「WiMAXプロバイダ」で契約するのが最もお得です。

というのもこれらのどの申し込み窓口で契約を行おうとも、利用するルーター端末や回線は基本的にまったく同じになるからです。

つまり契約窓口よって通信速度や対応エリア・つながりやすさなどのサービス内容が変わらないので、契約するなら基本的に料金の安いところの方がお得になるというわけです。

あとは最低契約年数やサポートの充実度などで細かく違いはあるものの、WiMAXプロバイダがコスパの面で断然有利であることから最もおすすめの契約窓口になります。

以下これら4つの契約窓口について簡単に説明していきたいと思います。

UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)

UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)

【無料】UQWiMAX公式サイトは以下からどうぞ

UQWiMAXはいわゆる「本家WiMAX」とも呼ばれており、WiMAXサービスを提供しているUQコミュニケーションズが運営する契約窓口です。

他のWiMAXプロバイダとの違いとしては、簡単に言うとUQWiMAXがWiMAX回線の提供元である「MNO」なのに対し、WiMAXプロバイダはUQWiMAX(UQコミュニケーションズ)が提供するWiMAX回線を借りてサービスを運営している「MVNO」ということになります。

UQWiMAXの特徴としては、料金がMVNO業者であるWiMAXプロバイダに比べて高い反面、電話などのサポートが充実しているという点です。

また最低契約年数も2年とWiMAXプロバイダ(基本3年)に比べて短い期間で済むため、利用しやすいです。

基本料金がWiMAXプロバイダよりも高くてキャンペーンも特にありませんが、サポートの質を重視する場合や2年契約したいような場合にはおすすめです。

auショップ(auスマートサポート)

auショップ(auスマートサポート)

auはUQコミュニケーションズと同じKDDI系列の会社であり、auショップでもWiMAXの契約が可能です。

auショップでWiMAXを契約するメリットは、何か不明点などがあればその場でスタッフに質問できるということや、契約したその日に利用できること、UQWiMAXと同様に最低契約年数が2年と短くて済むという点です。

またauスマホとの請求書を一つにまとめられたり、「海外ダブル定額」を申し込むことで海外でも利用することができるようになります。

ただしauショップで契約可能なこのauスマートサポートは、月額料金がUQWiMAXよりも更に高く、キャンペーンなども特にないのであまりお得ではありません。

またauショップのスタッフがWiMAXにあまり詳しくないことも多いことから、契約後に何かとトラブルになったりしているケースもよくあるそうです。

そのためauショップでWiMAXを契約するのはあまりおすすめできません。

※auショップからのWiMAXの契約は、2019年9月30日をもって新規受付を終了しました。

家電量販店

家電量販店

WiMAXは街中にある「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」「ヤマダ電機」などの家電量販店でも申し込むことができます。

家電量販店でWiMAXを契約するメリットとしては、auショップと同様に分からないことがあればその場でスタッフに聞けるうえに、auショップのスタッフよりもWiMAXに詳しかったりするので、質問に対して納得でき安心して契約ができるでしょう。

また契約したその日に利用できますし、キャッシュバック特典もあったりします。

ただし家電量販店の場合のキャッシュバックの内容としては、その店で買える商品券1万円(多くても2万円程度)だったりとWiMAXプロバイダと比べても見劣りします。

また基本月額料金も安くはないので、WiMAXの契約窓口としてあまりお得ではありません。

家電量販店だと人件費や実店舗の家賃などがかかるので、その分どうしても実店舗を持たないWiMAXプロバイダなどよりも割高になってしまうんですね。

そして家電量販店の場合はサポートの質も一見高さそうに思えますが、問い合わせに関してはコールセンターでの受付となり、これが繋がりにくいと言われていたりしてあまり評判が良くなかったりします。

ちなみにWiMAXの契約ができる家電量販店は複数ありますが、いずれも料金的にはさほど変わりません。

wimaxプロバイダ(販売代理店)

wimaxプロバイダ(販売代理店)

WiMAXプロバイダは、本家のUQWiMAXの回線を借りてWiMAXの通信サービスを提供している「MVNO」です。

これらWiMAXプロバイダはUQWiMAXから販売を委託された代理店であり、委託料と引き換えにWiMAXの販売を行っています。

そのため本家のUQWiMAXよりも月額料金が安く、充実したキャンペーン付きでサービスを提供できるわけです。

ただしサポート面に関しては本家のUQWiMAXに劣りますが、料金が圧倒的に安くて最もお得に契約できる窓口となります。

wimaxおすすめ安いプロバイダ比較ランキング

wimaxおすすめ安いプロバイダ比較ランキング

WiMAXを申し込む際はUQWiMAXやauショップ、家電量販店などよりもWiMAXプロバイダで契約するのが最もおすすめなわけですが、WiMAXプロバイダの中にも様々なところがあり、それぞれで料金などが変わってきたりします。

ただ回線やルーター端末は共通してすべて同じであり、通信速度や対応エリアなどが変わらないことから、基本的には料金の安く、キャンペーン内容が充実しているようなところを選んでいくようにすると良いでしょう。

というわけでここからはそんな料金が安くてキャンペーンも充実しているようなWiMAXプロバイダを、ランキング形式で最もおすすめなところから順番に紹介していきたいと思います。

※結論だけざっと知りたい場合は、下記の各主要WiMAXプロバイダの料金・サービス内容などの比較表を参考にして下さい。

WiMAXプロバイダ 総額 実質月額 キャンペーン auスマホ割 契約期間 備考
Broad WiMAX 132,176円(3年) 3,671 月額割引 3年 ・他社からの乗り換え時に違約金を負担(最大19,000円)
・WEB割引適用でなければ高額な初期費用が発生
GMO WiMAX 123,660円(3年) 3,435 キャッシュバック 3年 ・料金最安
・キャッシュバックが受け取りにくい
カシモWiMAX ・最安級プラン:133,368円(3年)
・新端末プラン:137,048円(3年)
・最安級プラン:3,704円
・新端末プラン:3,806円
月額割引 × 3年 ・最初の2カ月間は格安
・auスマホ割が利かない
BIGLOBE WiMAX 59,960円(1年) 4,996円 キャッシュバック
(受け取りやすい)
1年 ・契約縛りが1年だけ
・解約金がほとんどかからない
・高額な端末代金がかかる
・LTE回線が有料
どんなときもwifi 86,520円(2年) 3,605円 月額割引 × 2年 ※WiMAXプロバイダではなくレンタルwifi
DTI WiMAX 133,430円(3年) 3,706円 月額割引(+条件付きでキャッシュバックが受け取れればもう少し安くなる) × 3年 ・会員になれば優待サービスがある
・auスマホ割が利かない
JP WiMAX 124,800円(3年) 3,466円 月額割引+キャッシュバック(受け取りやすい) × 3年 ・キャンペーン充実により実質料金最安クラス
・解約金が非常に高い

※総額は初期費用+月額料金の総額-キャッシュバック額/月額割引分で計算しています。

※各プロバイダの初月の料金の日割り計算の分はカウントしておらず、以下ここから紹介するそれぞれのプロバイダの料金の総額に関しても同様に計算に入れていません。

1.Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

1.Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX公式WEBサイト

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の料金

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1~2カ月 3~24カ月 25カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円
・初期費用:18,857円
(Web割適用時は無料)
2,726円の日割り計算 2,726円 3,411円 4,011円 月額割引 3年 132,176円(3年)
ライトプラン
(データ容量7GB)
2,726円の日割り計算 2,726円 2,726円 3,326円 108,886円(3年)

※総額にはWEB割引適用で0円になる初期費用(18,857円)はカウントしていません。

※BroadWiMAXの場合は、初期費用が無料になる「WEB割引」を適用させる場合だと、有料オプション(安心サポートプラス(月額550円))の加入が必須となるため、この必須オプションを契約後すぐに解約した場合の料金(550円)を、初期費用に上乗せして計算しています。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のおすすめポイント

Broad WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

  • 月額料金が安い
  • キャンペーン内容が月額割引
  • 他社WiMAXから乗り換える場合違約金を最大19,000円負担

Broad WiMAXは料金が最安クラスなうえに、キャンペーン内容が月額割引なので、キャッシュバック特典のようにその受け取り手続きというものを行う必要がなく、確実にキャンペーン特典が受けられるようになっています。

またBroad WiMAXならではのメリットとして、他社WiMAXから乗り換える際はその違約金を最大19,000円まで負担してくれるということです。

そのため他のWiMAXからの乗り換えを検討している場合は、特にこのBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の注意点

Broad WiMAXの注意点としては、WEB割引が適用されなければ18,857円という高額な初期費用がかかるという点です。

そのためBroad WiMAXで申し込みをする際は、必ずWEB割引キャンペーンを適用させるようにしておきましょう。

ちなみにWEB割引キャンペーンの適用条件は下記の通りです。

  • WEBから申し込む
  • 料金プランを「月額最安プラン」にする
  • 支払い方法をクレジットカード払いにする
  • 2つのオプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)に加入する

2つのオプションである「安心サポートプラス」「MyBroadサポート」はいずれも有料オプションですが、これらは端末到着後すぐに解約をすることができます。

ちなみに「MyBroadサポート(月額907円)」に関しては最初の2カ月までだと無料なので、すぐに解約すれば料金は発生しません。

ただし安心サポートプラス(月額550円)は初月から料金が発生するため、この分の料金である550円はかかってしまいます。

なお2019年10月現在なら口座振替での支払いでもWEB割引が適用されるようです。

2.GMOとくとくBB

2.GMOとくとくBB

【無料】GMOとくとくBB公式サイトは以下からどうぞ

GMOとくとくBB公式WEBサイト

2.実質料金最安のGMOとくとくBBの料金

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1~2カ月 3~24カ月 25カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円 3,609円の日割り計算 3,609円 4,263円 4,263円 最大31,500円キャッシュバック 3年 123,660円(3年)
7Gプラン 3,609円の日割り計算 3,609円 3,609円 3,609円 101,424円(3年)

※キャッシュバック額は利用する端末で若干変わってきます。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

GMOとくとくBB WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

  • 料金が安い(最安)
  • 20日以内なら無料で契約をキャンセルできる
料金が安い

GMO WiMAXの場合は最大31,500と非常に高額なキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施しており、これのおかげでトータルの料金が他のWiMAXプロバイダと比べても最安クラスになります。

20日以内なら無料で契約キャンセルできる

またGMOだと利用開始から20日以内であれば解約違約金なしで解約できるので、エリア判定では問題ないけれども山間部に住んでいて電波が届くかどうか不安な場合にも安心して申し込むことができます。

GMOとくとくBBの注意点

ただしGMOとくとくBB WiMAXを申し込む際は、下記の点において注意しておきたいところです。

  • キャッシュバックの受け取り手続きが少々難しい
  • 解約金が比較的高い
キャッシュバックの受け取り手続きが少々難しい


GMO WiMAXのキャッシュバックの受け取りに関しては、利用開始月から11カ月後にくる「口座情報登録メール」に対して返信することで、指定の口座に現金が振り込まれます。

しかしこの「口座情報登録メール」から1カ月以内に手続きをしなかった場合は、キャッシュバックを受け取ることができません。

またこのメールが来るのは、GMOのプロバイダで設定したメールアドレスであるため、これによってGMOからのメールが来ることは分かっていたけれども、別のメインで使っているメルアドで確認していたため後になって見逃していたことに気づいたというパターンも多いようです。

このことからGMO WiMAXのキャッシュバックは受け取り損ねがあったというケースが少なくありません。

GMOは高額キャッシュバックを受け取れば確かに他のWiMAXプロバイダに比べても最安です。

しかし基本月額料金は比較的高めであるため、キャッシュバックを受け取り損ねた場合は総額がかなり高くつきます。

こうした点からGMOは最安にはなるものの、WiMAXプロバイダとして最もおすすめできない理由になります。

解約金が比較的高い

更にGMOの場合は他のWiMAXプロバイダと比べても解約金が高いです。

通常WiMAXプロバイダの解約金は1年以内で19,000円、2年以内で14,000円、それ以降は9,500円となっています。

しかしGMOの場合は2年以内だと24,800円、それ以降は9,500円となっており、2年以内で解約した場合の解約金が他のWiMAXプロバイダと比べても高いです。

そのため2年以内で解約する可能性がでてきそうな場合は気を付けておきたいところですね。

3.カシモWiMAX

3.カシモWiMAX

【無料】カシモWiMAX公式サイトは以下からどうぞ

カシモWiMAX公式WEBサイト

カシモwimaxの評判と口コミ。料金から予約まで伝授

カシモWiMAXの料金
カシモWiMAXでは機種が古いけれども料金が安い「最安級プラン」、そして最新端末が利用できる「新端末プラン」の2つのプランがあります。

それぞれのプランの料金は下記の通りです。

最安級プラン
プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1カ月目 2~24カ月 25カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円 0円 1,380円 3,480円 4,079円 月額割引 3年 133,368円(3年)
ライトプラン
(データ容量7GB)
0円 1,380円 2,880円 3,379円 111,168円(3年)

カシモWiMAXの最安級プランでは利用開始月が無料になるので、他の初月の日割り計算の分をカウントしていないプロバイダとは違い、総額はその分だけ少し安くなると見て良いでしょう。

新端末プラン
プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1カ月目 3~24カ月 25カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円 1,380円 1,380円 3,580円 4,079円 月額料金 3年 137,048円(3年)
ライトプラン
(データ容量7GB)
1,380円 1,380円 2,980円 3,379円 114,848円(3年)

カシモWiMAXのおすすめポイント

この投稿をInstagramで見る

 

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ (ネット事情) ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 突然ですが、我が家のネット事情を☺️ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 我が家では、以前お話してますが ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 固定のネットを契約するのではなく、 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ モバイルルーターを契約しています! ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ WiMAXです(^^)/ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ このWiMAXプロバイダがたくさんあって ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ いろいろ調べた結果私は、 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #カシモWiMAX さんを選びました✨ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ どこのプロバイダを選んでも同じ電波を ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 使うので金額重視で調べました👍🏻 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ たくさんのキャッシュバックがある ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ プロバイダもありましたが手続きがややこしそうで、 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ それなら毎月の金額が安い方がいいなあと ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 思いここに決めました😄🎶 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 25ヶ月目~料金が高くなるので ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ またその時に契約し直そうと思います🙋🏻 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 解約金も2年に1度はかからないので、 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ そこの管理ができれば安く使えるのかなあと ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 思いました😁💕 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ まだできてまもないプロバイダらしいのですが ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 特に問題なく使えています🙆🏻 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ このモバイルルーターのおかげで、 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 月々のスマホ代を抑えられています🤗 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 我が家の場合なので、他にももっといい方法や ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ それぞれの家庭にあった会社や ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ネットの引き方があるのだと思いますが ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 個人的な事情を紹介させていただきました👧🏻🌟 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #ふたり暮らし #暮らし #暮らしの記録 #暮らしのキロク #やりくり #賃貸 #賃貸暮らし #賃貸アパート #賃貸マンション #賃貸インテリア #1ldk #シンプルな暮らし #シンプル #整理収納 #丁寧な暮らし #シンプルライフ #ナチュラル #ナチュラルインテリア

つづる☺︎さん(@seikatsu78_dayo)がシェアした投稿 –


カシモWiMAXは主に下記の点においておすすめです。

  • キャンペーン内容が月額割引
  • 有料オプションへの加入が一切不要
  • 最初の2カ月間は料金があまりかからない

まずカシモWiMAXはBroad WiMAXと同様にキャンペーンがキャッシュバックではなく月額割引なので、手続きなしで確実にその特典を受けることができます。

また、Broad WiMAXなどのように有料オプションへの加入が不要でこうしたキャンペーンを受けることができるので、後からオプションを解約するといった面倒な手続きをせずに済みます。

更にカシモWiMAXでは、利用開始月と翌月までは料金が非常に安くなっています。

特に最安級プランなら初月は0円なので、他のプロバイダと同様に初期費用である3,000円がかかったとしても、比較的利用し始めやすいのが特徴です。

カシモWiMAXの注意点

カシモWiMAXの最大の注意点は、他の大体のWiMAXプロバイダなら適用されるスマホとのセット割引「auスマートバリューmine」が適用されないということです。

そのためauスマホユーザーであれば、WiMAXプロバイダとしてカシモWiMAXを選ぶのはあまり得策ではありません。

4.BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2

4.BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX公式WEBサイト

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2の料金

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2の料金

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+では、2019年10月から料金プランが一新され1年契約で利用できるようになりました。

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1カ月目以降
ギガ放題(1年) ・申込手数料:3,000円
・端末代金:19,200円
0円 3,980円 10,000円キャッシュバック 1年 59,960円(1年・端末代金込み)

※従来のプラン(契約期間2・3年)は新規申し込み受付を終了しています。

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2のおすすめポイント

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2のおすすめポイント

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

  • WiMAXプロバイダでは珍しい1年契約プランがある
  • 解約金がわずか1,000円である
  • 口座振替での支払いに対応している
  • キャンペーンはキャッシュバックだがすぐ受け取れる
  • 初月が無料になる
WiMAXプロバイダでは珍しい1年契約プランである

WiMAXプロバイダでは珍しい1年契約プランである

通常WiMAXプロバイダの契約期間は3年とある程度長期間縛られることになります。

しかしBIGLOBE WiMAXの場合は、契約期間がたった1年縛りと短期間で済む分使い勝手が良いです。

解約金がわずか1,000円である

またBIGLOBEのこのギガ放題(1年)プランの場合、途中解約であっても解約金はわずか1,000円と、他のWiMAXプロバイダの解約金(1年以内に解約すると19,000円)に比べても断然安いです。

BIGLOBEではこのように解約金がほとんどかからないので、他のプロバイダと比較してもやめたいときにいつでもやめやすくなっています。

ちなみに2年目以降になると、この解約金はいつ解約しても無料になります。

口座振替での支払いに対応している

BIGLOBEの場合はクレジットカード払いはもちろん、口座振替での支払いにも対応しています。

そのためクレジットカードを持っていなくても利用することができます。

ちなみに口座振替での支払いでも、キャッシュバックキャンペーンはきちんと適用されるのも良心的ですね。

キャンペーンはキャッシュバックだがすぐ受け取れる

BIGLOBEのキャンペーン内容はキャッシュバック10,000円ですが、これは利用開始月の翌月に指定の口座に振り込まれるので、受け取りが1年後になるGMOよりかは受け取りやすいです。

初月が無料になる

BIGLOBEではカシモWiMAXの最安級プランと同様に、初月は無料で利用できます。

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2の注意点


反面BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXを申し込む際は、下記の点において注意しておきたいところです。

  • 端末代金がかかる
  • ハイスピードプラスエリアモードが有料オプション扱いである
  • キャッシュバックの受け取りには期限がある
端末代金がかかる

BIGLOBEでは高額な端末代金19,200円がかかってしまいます。

しかも従来の2・3年の契約プランのように、契約し続ければ端末補填割引により実質無料になるわけではありません。端末代金を丸々負担することになります。

ちなみにこの端末代金はクレジットカード払いだと800円×24カ月の分割払いになり、口座振替だと代引き一括払い+代引き手数料400円がかかります。

ハイスピードプラスエリアモードが有料オプション扱いである

ハイスピードプラスエリアモードが有料オプション扱いである

BIGLOBEではハイスピードプラスエリアモードが無料ではなく有料オプションになっており、そのオプション料として月額1,005円かかります。

他のWiMAXプロバイダだと大抵ハイスピードプラスエリアモードは無料で使えますが、BIGLOBEでは有料になってしまうので注意が必要です。

キャッシュバックの受け取りに手続きは期限がある

キャッシュバックの受け取りに手続きは期限がある

BIGLOBEはキャッシュバック自体はすぐに受け取れますが、 その受け取り手続きにはGMOと同様に期限があります。

具体的に言えば利用開始月の翌月の2日目から45日以内に、BIGLOBEのマイページからキャッシュバックの受け取り手続きを行わなければなりません。

この期限を過ぎればキャッシュバックは無効となり受け取れなくなってしまうので、気を付けておきたいところです。

5.どんなときもwifi

5.どんなときもwifi

【無料】どんなときもwifi公式サイトは以下からどうぞ

どんなときもwifi公式WEBサイト

どんなときもwifiは厳密にはWiMAXプロバイダではなく、レンタルwifiサービスです。

しかしその利用料金は安くて非常に人気であり、サービス内容はWiMAXプロバイダに似ている部分があるので、一応こちらでもピックアップすることにしました。

どんなときもwifiの料金

どんなときもwifiの料金

どんなときもwifiでは基本的にデータ使い放題で契約期間が2年のプランしかありません。

ただし料金の支払い方法により、プラン名・月額料金が変わってきます。
支払い方法がクレジットカード払いの場合は「データ放題プラン」、そして支払い方法が口座振替の場合は「ベーシックデータ放題プラン」になります。

料金は下記の通りです。

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1カ月~24カ月 25ヶ月目以降
データ放題プラン
(クレジットカード払い)
3,000円 3,480円の日割り計算 3,480円 3,980円 月額割引 2年 86,520円(2年)
ベーシックデータ放題プラン
(口座振替での支払い)
3,980円の日割り計算 3,980円 4,410円 98,520円(2年)

クレジットカード払いの場合の「データ放題プラン」の方が、口座振替での支払い時の「ベーシックデータ放題プラン」よりも料金が少し安くなります。

どんなときもwifiのおすすめポイント

どんなときもwifiは主に下記の点においておすすめです。

  • キャンペーン内容が月額割引
  • オプション加入も不要
  • 契約期間が2年と短め
  • 3大キャリアすべての回線が使えて対応エリアが広い
  • 海外でも利用できる

どんなときもwifiではキャンペーン内容が月額割引なので、その特典の受取り忘れなどもありません。またオプション加入も不要でシンプルに利用することができるでしょう。

契約期間が2年と短め

WiMAXプロバイダは基本的に契約期間は3年ですが、どんなときもwifiは2年で済みます。

そのため契約縛り期間が短くなるため、その分使い勝手は良いといえるでしょう。

3大キャリアすべての回線が使えて対応エリアが広い


どんなときもwifiではクラウドwifi技術により、1枚のSIMでau・ソフトバンク・ドコモすべての回線を使えます。

このとき利用される回線は、その利用場所や時間帯などにより最適な回線を自動で割り当てられるので、どこにいても快適にネットを使うことができます。

海外でも利用できる

どんなときもwifiは面倒な手続きもなく、簡単な設定だけで海外でも利用することができます。

そのため日本のみならず海外でも使いたい場合にもおすすめです。

どんなときもwifiの注意点

反面どんなときもwifiを申し込む際は、下記の点において注意しておきたいところです。

  • スマホ割がない
  • 端末はレンタルなので解約したら返却しなければならない
  • 25カ月目以降は料金が高くなる
  • 口座振替時での料金は高い
スマホ割がない

どんなときもwifiは、au・ソフトバンク・ドコモの3大キャリアすべての回線が使えますが、これらのスマホ割が適用されるわけではありません。

端末はレンタルなので解約したら返却しなければならない

端末に関しては購入ではなくレンタルなので、解約したら返却しなければなりません。

また端末が故障・水没した場合は、機種代金18,000円かかるという点についても注意しておきたいところです。

ちなみに有料オプションである「あんしん補償」(月額400円)に加入していれば、故障・水漏れがあったときでも補償してくれます。

25カ月目以降は料金が高くなる

料金表を見ても分かる通り、どんなときもwifiは25ヶ月目以降だと料金が高くなります。

ただし契約更新月である25ヶ月目に解約して再度契約すれば、解約金なしで再び安い料金でどんなときもwifiを利用することができるのでお得です。

口座振替時での料金は高い

口座振替のプランでは、クレジットカード払いでのプランに比べても月額料金が500円程度高くなります。

そのためクレジットカードを持っていない場合で、口座振替で申し込む際はこの点に気を付けておきたいところです。

6.DTI WiMAX

6.DTI WiMAX

【無料】DTI WiMAX公式サイトは以下からどうぞ

DTI WiMAX公式WEBサイト

DTI WiMAXの料金

DTI WiMAXの場合は「3年プラン」と「2年プラン」の2つのプランがあります。

3年プラン

DTI WiMAXの3年プランは、月額1,005円のLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)が無料になります。

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 2カ月目 3カ月目 4カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円 0円 0円 2,590円 3,760円 月額料金2カ月無料 3年 133,430円(3年)
モバイルプラン
(データ容量7GB)
・事務手数料:5,500円 0円 0円 3,500円 3,500円 128,000円(3年)
2年プラン

DTI WiMAXの2年プランは、クレードル(3,565円)が無料になります。

※2年プランの新規受付は終了しました。

DTI WiMAXのおすすめポイント

DTI WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

  • NTTグループカードでDTI料金を支払うと最大6,000円キャッシュバック
  • 特別優待サービス「DTI Club Off」がお得
NTTグループカードでDTI料金を支払うと最大6,000円キャッシュバック

NTTグループカードを新規入会して、これでDTIの料金を支払うと毎月500円×12カ月(最大6,000円)のキャッシュバックが受けられます。

このキャッシュバックが適用された場合は、例えば3年のギガ放題プラン総額が127,430円と最安級に近くなります。

特別優待サービス「DTI Club Off」がお得

DTI WiMAXを利用する際に会員になることで、特別優待サービス「DTI Club Off」が利用できます。

これは様々なサービスの割引が利くというもので、具体的な内容は下記の通りになります。

サービス 内容
国内の宿 国内約20,000軒のホテル・旅館が最大90%オフ
レジャー 全国約700箇所の遊園地・テーマパークが最大75%オフ
日帰り温泉 全国約700箇所の日帰り温泉が最大60%オフ
グルメ 全国約40,000店以上の飲食店や宅配ピザなどが最大50%オフ
映画 全国約400館の映画館が前売りより安く買える
エンターテイメント ミュージカル・美術展・展覧会・カラオケが最大50%オフ

DTI WiMAXは直接的なキャッシュバックなどはないものの、このように会員の優待サービスが充実しているのが魅力的です。

DTI WiMAXの注意点

DTI WiMAXもカシモWiMAXと同様に「auスマートバリューmine」が利かず、auスマホとのセット割引が受けられません。

そのためauスマホユーザーである場合は、DTIはおすすめできません。

7.JP WiMAX

7.JP WiMAX

JP WiMAX公式WEBサイト

6.料金プランがシンプルで安いJP WiMAXの料金

JP WIMAXのプランは、3年契約のギガ放題プランしかありません。

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1~2カ月 3~24カ月 25カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円 2,800円の日割り計算 2,800円 3,500円 4,100円 ・月額割引
・キャッシュバック10,000円(amazonnギフト券)
3年 124,800円

JP WiMAXのおすすめポイント

JP WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

  • 月額料金が安くキャンペーンも充実している
  • キャンペーンが受け取りやすい
  • オプション登録が不要
月額料金が安くキャンペーンも充実している

JP WiMAXは料金月額料金が安いうえに、キャンペーン特典が「月額割引」「amazonギフト券10,000円分キャッシュバック」と2つあります。

そのため総額で考えた場合にはほぼ最安級に料金が安くなります。

キャンペーンが受け取りやすい

JP WiMAXでは月額割引特典はもちろん、amazonギフト券10,000円分のキャッシュバック特典も、簡単かつすぐに受け取れます。

オプション登録が不要

JP WiMAXではキャンペーン適用の際に有料オプションの加入が必要ではないので、シンプルで利用しやすいです。

以上のメリットだけで言えばカシモWiMAXに近いサービスという感じですね。

JP WiMAXの注意点

JP WiMAXを申し込む際は、下記の点において注意しておきたいところです。

  • auスマホとのセット割引が適用されない
  • 契約解除料(解約金)が非常に高い
  • キャッシュバックがamazonギフト券
  • 端末の到着が遅れることもある
auスマホとのセット割引が適用されない

JP WiMAXもauスマホとのセット割「auスマートバリューmine」に対応していないので、auスマホユーザーには向いていません。

契約解除料(解約金)が非常に高い

JP WiMAXは他のプロバイダと比べても解約金が非常に高いです。

JP WiMAXの解約金は下記の通りです。

利用年数 解約金
1年未満 30,000円
1~3年 25,000円
更新月 0円
3年以降(更新月以外) 9,500円

解約金比較については後で詳しく記載しますが、これは他社に比べても圧倒的に高いです。

そのため途中で解約する可能性が少しでもある場合は、気を付けておきたいところです。

キャッシュバックがamazonギフト券

JP WiMAXのキャッシュバックキャンペーン特典は現金ではなく、amazonギフト券になります。

そのためamazonで買い物をする機会が少ない場合、あまり魅力的な特典であるとは言えません。

端末の到着が遅れることもある

JP WiMAXは申し込んでから最短翌日で端末が発送されると言われていますが、中にはその到着が遅れることもあるようです。


このように申し込んでからすぐに端末が届かないという声も少なからずあります。

あくまでネット上の意見ですが、急いでWiMAXを利用したいという場合には注意しておいた方が良いかもしれません。

安さを求めるならwimaxレンタルサービスの利用もあり

安さを求めるならwimaxレンタルサービスの利用もあり

より割安な料金でWiMAXを利用したいのであれば、WiMAX端末のレンタルを行っているサービスを利用するのも手です。

このようなサービスは上で挙げたどんなときもwifiの他、代表的なサービスとして「縛りなしwifi」や「fuji wifi」などがあります。

縛りなしwifi

縛りなしwifi

【無料】縛りなしwifi公式サイトは以下からどうぞ

縛りなしwifiはギガ放題プランを月額3,300円と格安で、なおかつ解約金・契約縛りなど一切なしでWiMAX端末をレンタルすることができます。

ただし縛りなしwifiの場合は、WiMAXかソフトバンクかの指定はできるものの、その中での機種をこちらで指定できません。

そのため古い機種が来た場合は、通信速度などの機能の点で満足いかなかったりする場合があるので注意が必要です。

fuji wifi

fuji wifi

WiMAX(ギガ放題)を月額3,200円と格安で利用することができます。

もちろん縛りなしwifiと同様に、解約金・契約縛りなどは一切なくレンタルすることができます。

しかしこれも縛りなしwifiと同様に、端末が選べません。

WiMAXレンタルサービスの注意点

WiMAXレンタルサービスの注意点

WiMAXレンタルサービスは契約の縛りがなく料金が安いことが魅力的ではあるものの、利用前には下記の点において注意てしておきたいところです。

  • WiMAXプロバイダのようにauスマホのスマホ割が利かない
  • 端末は自分で選べない
  • 最新端末が取り扱われていない
  • 解約時は端末を返却しなければならない
  • レンタル端末の故障などがあった際は弁償しなければならない

wimaxプロバイダの選び方。抑えておきたい比較ポイント

wimaxプロバイダの選び方。抑えておきたい比較ポイント

上記で紹介したWiMAXプロバイダを見ても分かる通り、それぞれには一長一短があったりするので、その中から自分に合ったところを選べるようにするのが理想的です。

自分にとって最適なプロバイダを選ぶためには、主に下記のポイントについて比較して検討していくと良いでしょう。

  • 基本月額料金はどれだけ安いのか?
  • キャンペーンがどれだけ充実しているのか?
  • キャンペーン内容はキャッシュバックか月額割引のどちらなのか?
  • 最低利用契約年数はそれくらいの期間になるか?
  • 解約違約金はいくらになるか?
  • サポートはどれだけ充実しているのか?

基本月額料金はどれだけ安いのか?

基本月額料金はどれだけ安いのか?

WiMAXプロバイダは通信速度や対応エリアなどのサービス内容・質が基本的には同じなので、なるべく料金の安いプロバイダを選ぶと良いでしょう。

キャンペーンがどれだけ充実しているのか?

キャンペーンがどれだけ充実しているのか?

また料金のほか、キャンペーン内容がどれだけ充実しているかも重要です。

というのもWiMAプロバイダの中には、非常に高額なキャッシュバックや大幅な月額割引キャンペーンを行っているところが多く、これによって実質的な料金がかなり安くなったりするからです。

そのためWiMAXプロバイダを選ぶ際は、月額料金+キャンペーンを含めた実質料金で比較検討していきたいところです。

キャンペーン内容はキャッシュバックか月額割引のどちらなのか?

キャンペーン内容はキャッシュバックか月額割引のどちらなのか?

キャンペーン内容は大体キャッシュバックか月額割引かのいずれかになりますが、基本的には確実にその特典・恩恵が受けられる月額割引キャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶのがおすすめです。

ちなみにキャッシュバック特典を実施しているプロバイダを選ぶ場合、GMOなどではその受け取り手続きがややこしくて難しいので、もらい忘れの内容に注意が必要です。

最低利用契約年数はどれくらいの期間になるか?

最低利用契約年数はどれくらいの期間になるか?

長い期間契約に縛られるのを避けたいのであれば、そのプロバイダの最低利用契約年数について確認するようにしておくと良いでしょう。

ちなみにWiMAXプロバイダの契約期間は基本的にどこも3年ですが、BIGLOBEの場合は1年からでも契約可能です。

またプロバイダではなくレンタルwifiサービスであれば、1日や1カ月といった短いスパンで利用可能です。

解約違約金はいくらになるか?

解約違約金はいくらになるか?

途中で解約する可能性があるのであれば、契約を検討しているプロバイダの解約違約金について把握しておきたいところです。

各プロバイダにおける解約違約金は下記の通りになります。

WiMAXプロバイダ 解約金
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX ・初月~12カ月:1,000円
・13カ月以降:無料
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) ・初月~12カ月:19,000円
・13~24カ月:14,000円
・25カ月以降:9,500円
カシモWiMAX
DTI WiMAX
GMOとくとくBB ・初月~24カ月:24,800円
・25カ月以降:9,500円
JP WiMAX ・初月~12カ月:30,000円
・13~36カ月:25,000円
・38カ月以降:9,500円

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXなら、途中で解約しても解約金がわずか1,000円で済むので中途解約しやすいです。

またどんなときもwifiなどのレンタルwifiサービスだと、解約金無料でいつでもやめられます。

サポートはどれだけ充実しているのか?

パソコンやネット関係は苦手であり、契約の際に一から十までサポートしてもらいたいのであれば、サポートが充実しているところを選ぶと良いでしょう。

サポートに関しては本家であるUQWiMAXが良いと言われている他、BIGLOBE WiMAXもそれなりにサポートの良さに定評があります。

2019年最新のwimaxのおすすめ機種・端末は?

2019年最新のwimaxのおすすめ機種・端末は?

WiMAXには主に外出先でも使える「モバイルルーター」と主に家庭用で使うのに向いている「ホームルーター」の2種類があります。

モバイルルーターのおすすめ機種・端末

モバイルルーターのおすすめ機種・端末

外出先でも使える「モバイルルーター」には主に下記の機種・端末があります。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi NEXT W05

これら機種の主なスペックはそれぞれ下記の通りになります。

スペック W06 WX05 W05
発売日 2019年1月 2018年11月 2018年1月
最大通信速度(下り) 1,237Mbps 440Mbps 758Mbps
最大通信時間 約11.4時間 約14時間 約10.5時間
サイズ W128×H64×D11.9(mm) W111×H62×D13.3(mm) W130×H55×D12.6(mm)
重さ 約125g 約128g 約131g
カラー ブラック/ホワイト レッド/ホワイト ブラック/ホワイト

基本的には通信速度など総合的に機能性が高い最新端末であるW06が最もおすすめです。

サイズのコンパクトさやバッテリー持ちで選ぶならWX05が良いでしょう。

ホームルーターのおすすめ機種・端末

ホームルーターのおすすめ機種・端末

主に家庭用で使うのに向いている「ホームルーター」には主に下記の機種・端末があります。

  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • WiMAX HOME 01
  • Speed Wi-Fi HOME L01s

これら機種の主なスペックはそれぞれ下記の通りになります。

スペック L02 HOME 01 L01s
発売日 2019年1月 2018年12月 2018年1月
最大通信速度(下り) ・1.2Gbps(LTE使用時)
・558Mbps(WiMAX2+使用時)
440Mbps 440Mbps
同時Wi-Fi接続台数 42台 22台 42台
サイズ W93×H178×D93(mm) W70×H155×D100(mm) W93×H180×D93(mm)
重さ 約436g 約338g 約450g
カラー ホワイト ホワイト ホワイト

ホームルータに関しても、最新機種であるL02が比較的スペックが高くおすすめです。

一人暮らしなど居住人数が少数の場合で、省スペース性や持ち運びやすさを重視するなら、HOME01もありですね。

wimaxのおすすめ契約プランは?

wimaxのおすすめ契約プランは?

基本的には7GBプラン(利用可能な月間データ量の上限が7GB)よりもギガ放題プランを選んだ方がコスパが良いです。

月間データ量の上限が7GBだと動画を閲覧する場合なら画質によってはすぐに上限が来てしまいますし、7GBプランだからと言って格段安くなるというわけではありません。

一方ギガ放題プランなら大して料金が高くないにも関わらず、基本的にデータは無制限で使えます。

そのためよほどネットを利用する機会が少ない場合でなければ、基本的にはギガ放題プランで契約したほうがお得です。

wimaxの特徴とは?抑えておきたいメリット・デメリット

wimaxの特徴とは?抑えておきたいメリット・デメリット

インターネットがすぐ簡単に使えるWiMAXですが、固定回線(光回線)とはサービス内容が少し違っており、契約する前にはその特徴について具体的に知っておきたいところです。

ここからはWiMAXを契約するメリットとデメリットについて、それぞれ触れていきたいと思います。

wimaxの特徴。契約するとこんなメリットが!

wimaxの特徴。契約するとこんなメリットが!

WiMAXを契約するメリットとしては、主に下記の点が挙げられます。

  • 光回線のように工事・工事費が不要である
  • 端末が届いたその日にすぐネットが使えるようになる
  • 外出先でも安全にネットを利用できる
  • 料金が安く光回線同様にキャンペーンが充実している
  • 契約プロバイダによっては端末代金が無料になる
  • auスマホユーザーならスマホ割引が適用される
  • 最新機種販売でサービス内容の向上が期待される

光回線のように工事・工事費が不要である

光回線のように工事・工事費が不要である

WiMAXの第一のメリットとしては、光回線のように工事不要・工事費なしでインターネットが使えるようになるということです。

そのため光回線のように、工事によって契約してから回線が開通するまでに1カ月程度(長ければそれ以上)の期間を要することなく、端末が届いたその日からすぐにインターネットが使えるようになります。

工事があることで、工事日の日程の打ち合わせ連絡や立ち合い、またそのための時間の確保などをする必要が出てくるわけですが、WiMAXだとこういったことが一切不要になるので、インターネットが簡単に導入できるんですね。

しかも工事が不要になると共に工事費用もまったく発生しない分、光回線と比べると初期費用の面でお得です。

一応光回線でも大抵工事費用無料キャンペーンを実施しており、工事費なしで利用できるようにはなっています。

しかしこのキャンペーン内容は2~3年などある程度の期間契約し続けていなければ無料にはならず、途中で解約した場合は工事費の残債というものが発生してしまい、結局その解約違約金も高額になってしまいます。

このようにWiMAXでは光回線とは違って工事・工事費が不要になることから、お手軽かつ簡単にすぐネットが使えるようになるのが魅力的です。

外出先でも安全にネットを利用できる

またWiMAXの場合は、ネットでの利用が自宅内に留まらず、ルーター端末も一緒に持ち運ぶことで、外出先でもネットが使えるようになります。

ただ外出先でもタブレットやノートパソコンなどでネットが使いたい場合は、カフェや飲食店などで無料で利用できるフリーwifiサービスを利用すれば事足りると思われます。

しかしフリーwifiは、通信が暗号化されていないと第三者によってそのネットの閲覧履歴などが盗聴されてしまう危険性があります。

特にフリーwifiを使って通信販売サイトで決済をする際はリスクが大きく、下手をすればパスワードが盗まれて金銭的な被害を被ることも考えられます。

しかしフリーwifiではなく、WiMAXを使ってネットを利用する場合は、セキュリティ的にも十分高くて問題なく、外出先でも安心して利用することができます。

料金が安く光回線同様にキャンペーンが充実している

WiMAXの場合は光回線や他のポケットwifiに比べても基本月額料金が安いです。

以下WiMAXと他の光回線やポケットwifiとの料金の比較表です。

回線の種類 回線業者 月額料金
ポケットwifi WiMAX 約3,500円
ソフトバンク 3,991円(月間7GBまで)
ワイモバイル 4,380円
docomo 6,900円(月間5GBまで)
光回線 auひかり ・戸建て:5,100円
・マンション:3,800円
nuro光 ・戸建て:4,743円
・マンション:4,743円
ソフトバンク光 ・戸建て:5,200円
・マンション:3,800円
ドコモ光 ・戸建て:5,400円
・マンション:4,200円

このようにWiMAXは月額料金なら、他のポケットwifiはもちろん、光回線と比較しても割安になります。

またキャンペーン内容に関しても、光回線と負けず劣らず充実しているので、このキャンペーンを含めた総合的な料金で考えても、WiMAXは割安でありお得だと言えます。

契約プロバイダによっては端末代金が無料になる

BroadWiMAXなどといったプロバイダであれば、端末料金自体が無料になります。

そのため他のポケットwifiサービスと比べても初期費用が一切かからなくなります。

ちなみに他のポケットwifiサービスである「ソフトバンクエアー」だと、端末代金は分割払いに限り無料にはなりますが、36カ月契約し続けなければ無料にはならず、途中で解約した場合は端末代金の残債が発生します。

光回線の場合は関係ありませんが、同じポケットwifiサービスで比較した場合だと、WiMAXの端末代金は無料になるという点でメリットになります。

auスマホユーザーならスマホ割引が適用される

auスマホユーザーならスマホ割引が適用される

WiMAXを運営するUQコミュニケーションズは、auの子会社であることから、auの携帯・スマホユーザーである場合、WiMAXとセットで契約することで「auスマートバリューmine」が適用され、月額最大1,000円の割引を受けることができます。

そのため特にauスマホユーザーである場合は、WiMAXをお得に利用することができます。

最新機種販売でサービス内容の向上が期待される

最新機種販売でサービス内容の向上が期待される

WiMAXの場合は次々と新しい機種が発売されるわけですが、そのたびに機能もアップグレードされ、より便利なものになっていきます。

そのため現在契約している機種から最新機種に変更すれば、通信速度などがより優れたサービスを受けることができます。

ただWiMAXで機種を変える際は機種変更ではなく、解約金が無料になる契約更新月に解約してから再び契約しなおす方が、料金的にお得になります。

wimaxのデメリット。契約する際はに注意しておきたい点について

wimaxのデメリット。契約する際はに注意しておきたい点について

逆にWiMAXは、主に下記の点においてデメリットとなるため、契約する際には注意しておきたいところです。

  • 光回線よりも通信速度・安定性が劣る
  • 山間部など一部エリアでは使えない
  • ギガ放題プランでも実質的にはデータ無制限ではない
  • ルーター端末も持ち歩かなければならない
  • auユーザーのスマホ割は一人しか適用されない
  • 充電が切れると使えなくなる

光回線よりも通信速度・安定性が劣る

まずWiMAXのデメリットとなるのが、光回線に比べて通信速度や通信の安定性が劣るということです。

一応最大通信速度はWiMAXでも1Gbps以上と光回線とほぼ同程度まで出せますが、これはあくまで理論値であり、WiMAXの通常モードでの無線接続の最大速度だと500Mbps程度にまで下がります。

WiMAXの場合は、光回線のように光ケーブルで直接回線が来ないので、どうしても通信速度やその安定性が劣るんですね。

そのため高速通信が求められる、対戦型のオンラインゲームをする場合や高画質の動画を長時間視聴する場合などには、WiMAXはあまり向いていません。

対応エリア内でも山間部など一部エリアでは使えない

WiMAXはその電波の性質上障害物に弱く、地下やビルの奥まった場所などではつながりにくいです。

また対応エリア内であっても、障害物に弱いという特徴のため、山間部などでは使えないエリアがあったりします。

そのため山間部など、基地局からの電波が障害物に遮られると思われるエリアで利用する際は、「TryWiMAX」でWiMAXの端末を無料レンタルしてまともに使えるかどうか試すと良いでしょう。

ちなみにこうした電波の繋がりにくい場所でも、WiMAXの通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」にすることでauのLTE回線を使えるのようになるので、山間部などでも通信可能になったりします。

ただしこのハイスピードプラスエリアモードに関しては、データ容量が月間7GBまでしか使えず、それ以上使用すると速度制限がかかってしまうので注意が必要です。

ギガ放題プランでも実質的にはデータ無制限ではない

WiMAXには一応データ無制限で使えると謳われているギガ放題プランなるものが存在していますが、このプランは実のところデータが無制限で利用できるというものではありません。

実際には3日間で10GB以上のデータを使ってしまうと速度制限がかかり、夕方6時から翌日の深夜2時まで通信速度が1Mbpsにまで制限されます。

ただ3日間で10GB以上のデータを利用するには、よほど高画質の動画を長時間見たりしない限り達しませんし。

また制限後の速度が1Mbpsにまで下がっても、youtubeの標準画質の動画程度なら普通に見れたりするので、あまり気にする必要もなかったりします。

ただ上でも触れていますが、通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード(auのLTE回線)」にした状態で、月間7GB以上のデータを使ってしまった場合も速度制限がかかります。

この場合は月末まで通信速度が128Kbpsにまで制限されてしまい、動画はもちろんウェブサイトの閲覧程度でも厳しくなってくるので、ネットがほとんど使えないような状態になってしまいます。

ちなみに7GBというと、youtubeのハイビジョン(720p)の動画を18時間程度再生する程度で達してしまいます。

ハイスピードプラスエリアモードは地下などでは繋がりやすいので便利ですが、利用する際はくれぐれもそのデータ量に注意しておきたいところです。

ルーター端末も持ち歩かなければならない

WiMAXの場合はスマホやタブレットに装着して使うというのではなく、WiMAX専用のルーター端末も同時になければなりません。

つまり外出時でもスマホやタブレットなどでネットを使いたい場合は、WiMAXのルーター端末も同時に持ち運ばなければならなくなります。

WiMAXルーター端末自体はスマホよりも少し小さい程度で十分携帯可能ですが、スマホなどの端末とは別にこれも紛失・盗難・水没などに気を付けなければなりません。

また外で使う際は充電が切れたらスマホと同様に使えなくなるので、そのための対策としてモバイルバッテリーも持ち歩く必要があります。

そのためスマホのテザリングと比べると、あまり使い勝手は良くありません。

auユーザーのスマホ割は一人しか適用されない

auスマホとWiMAXとのセット契約で受けられるスマホ割「auスマートバリューmine」は、mineが付いている通り一人に対してしか割引が適用されません。

その反面auスマホと光回線とのセット契約で受けられるスマホ割「auスマートバリュー」であれば、一人だけでなく家族全員に対してスマホ割が適用されるので、家族で利用する場合はauスマートバリューの利く光回線(auひかり)などを契約する方が断然お得になります。

 

 

manomaの評判と口コミ。ソニーのwifi の速度

ソニーwifi「manoma(マノマ)」の評判と口コミ

今回はソニーの据え置き型wifiサービス「manoma(マノマ)」の評判・口コミや、そのサービスの詳細についてまとめてみました。

manomaの利用を検討している方はぜひ参考にして下さい!

ソニーwifi「manoma(マノマ)」の評判と口コミ

ソニーwifi「manoma(マノマ)」の評判と口コミ

早速ソニーのwifiサービス「manoma(マノマ)」の評判と口コミについて見ていきましょう。

ここではmanomaに関する評判・口コミについて、主に良い内容の評判・口コミと、悪い内容のものとについて、それぞれ多く寄せられているような参考になりそうな意見をまとめてみました。

manoma 【無料確認ok】manoma公式サイトはこちら

manomaに関する良い評判・口コミ


manomaはWiMAXのホームルーターなどと同様に、工事なしでコンセントに差し込むだけで簡単にネットが使えるようになるということで好評です。


manomaの場合は他の据え置き型wifiとは違い、機器にAmazon Alexaが搭載されているので、これにより音声で家電を動かすことなどができるようになります。

この投稿をInstagramで見る

 

春から地味〜にdiyしつづけてきたアトリエ初公開!先日ここで撮影もあったので、ほぼ思ってたかんじの内装になってきました🌾🌝✨ . もともとのミントグリーンの壁だったのを生かしてさらに壁を作って塗ったり、カウンターも机も作って、古材屋さんで欄間を買って仕切りにしてみたり、結構味のあるアトリエになってきました☺️ . さらに海外でしばらく留守にすることもあったり、そもそも毎日アトリエにいけるわけではないのでソニーが提供するマノマという機器も設置。! @sony_manoma_jp (そのすごさは是非画像をスワイプして確認してね✌︎✨) 葉山の人けの無さとはいえ、窓がたくさんあるので、各窓に防犯カメラも設置📷誰か進入してきたらアプリでお知らせしてくれたり、鍵もなんと遠隔操作&声だけで開け閉めできるんです👏 これはペットとか買ってる人、お年寄りがいる家庭とかにもとってもおススメかも! MANOMA自体に、ペットシッターや家事代行サービスも連帯していて、機能を合わせて使えば色々可能性が広がりそう☺️♫ . . 古い民家が新しく、ハイブリッドなかたちに生まれ変わってとっても快適になりました🌿🙈✨ . . 10月はここで久々にレッスンもできたらと思ってます🙆‍♀️✨ . . #新アトリエ#葉山#海のある暮らし#山のある暮らし#MANOMA#Sony#マノマのある暮らし#シンプルライフ#マノマライフ#ソニー#持たない暮らし#古民家#sonymanoma#smarthome#pr#diy#暮らしを楽しむ #シンプルな暮らし#alexa#ai

BeautyLifeDesigner-HALUさん(@haluchn)がシェアした投稿 –


またmanomaではwifiサービスやスマートホームサービスのほか、ホームセキュリティサービスや家事代行などの家ナカサービスも受けることができるようです。

manomaに関する悪い評判・口コミ


manomaの悪い口コミとして多々あったのが、とにかく通信速度が遅いということです。

中には速度が1MB以下しか出なかったりするようです。
こうなると動画の閲覧はもちろん、画像が豊富にあるようなWEBサイトの閲覧なども少し支障が出てくると思われます。

ちなみにmanomaの場合はping値も悪いようです。

このようにmanomaは通信速度があまり速くなく、ping値も良くないようなので、FPSなどのオンライン通信ゲームをするにも厳しいですね。

次にmanomaの悪い口コミとして良く言われていたのが、販売代理店による詐欺まがいの勧誘でした。

内容としては「WiMAXやソフトバンクエアーよりも通信速度が速い」といったことや、「nuro光の回線だから速い」といった嘘などを言って、契約させようとしてくるようです。


またmanomaの場合は、中途解約することになったときの解約金が非常に高く、上記のツイートのように高ければ9万円もの解約金がかかります。

契約後8日以内なら無料で解約できるようですが、それ以降だとこのように高額な違約金が発生するようです。


上の口コミでもチラッと挙がっていましたが、manomaは電話が繋がりにくいなどサポート面でもあまり評判が良くありませんでした。

manomaの問い合わせ電話番号などの概要

manomaの問い合わせ電話番号などの概要

運営会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
公式サイト manoma公式WEBサイトトップページ
初回手数料 3,500円
月額料金 3,580円~4,980円
サービス ・Wi-Fiサービス
・スマートホームサービス
・ホームセキュリティ
・家ナカサービス(家事代行など)
オプション ・nuroモバイル Home Wi-Fi(おうちwifiサービス)
・セコム駆けつけサービス
・MANOMA解決サポート
・MANOMA訪問サポート
主なキャンペーン特典 ・初期事務手数料
・機器料金実質無料
・他社乗り換え解約違約金相当 OR 10,000円キャッシュバック(シンプルプラン限定)
最大通信速度 370Mbps

manoma(マノマ)は簡単に言えば、wifi回線とスマートホームを組み合わせたようなサービスです。

厳密にはスマートホームやホームセキュリティなどがメインで、wifi回線サービスはあくまでおまけ程度になります。

具体的には家庭内でインターネットが使い放題になることをはじめ、主に下記のようなサービスを受けることができます。

  • Amazon Alexa(スマートスピーカー機能)
  • 音声で家電を簡単にコントロール
  • 外出時でもスマホからアプリで家電を操作
  • 室内カメラの映像確認・通話
  • 帰宅時の音楽自動再生
  • 異常時の自動警報・スマホ通知
  • 異常時の自動クラウド動画保存
  • 異常時のセコム駆けつけサービス
  • 在宅・不在のスマホ通知
  • 玄関施錠・開錠のスマホ通知
  • 不在時の家ナカサービス(家事代行など)利用
  • 玄関のオートロック
  • ドアを遠隔で施錠・開閉
  • 窓の開閉のスマホ通知

manomaではこのように生活をより便利で快適にするための、あらゆるサービスが充実しています。

普段は仕事などで忙しく家のことで時間が取れないような人や、家族やペットを見守りおうちのセキュリティを強化したい人などにおすすめの、IoTを駆使した次世代型のサービスと言えますね。

オプション「NuroモバイルHome Wi-Fi」について

オプション「NuroモバイルHome Wi-Fi」について

NuroモバイルHome Wi-Fi」(月額2,000円)は家庭内でwifiを使えるようにするためのオプションサービスです。

このオプションに加入し、manomaの提供機器であるAIホームゲートウェイにSIMカードを挿入することで、ネット回線代わりに使うことができます。

ただし挿入するSIMカードは格安SIMでも良いので、格安SIMがあればこのオプションに加入せずとも割安に置き型wifiサービスを利用することができるでしょう。

なおこのオプションと「スタンダードプラン」「トータルプラン」を同時に加入すれば、オプション月額料金2,000円が2~4カ月目だけ500円になります。

また「シンプルプラン」と同時に加入した場合は、シンプルプランの基本月額料金が安くなるうえに、10,000円キャッシュバックなどの特典が受けられます。

manomaの料金プラン。用途に合わせて4つから選べる

manomaの料金プラン。用途に合わせて4つから選べる

manomaの料金プランは主に下記の4つのものがあります。

  • スタンダードプラン
  • トータルプラン
  • シンプルプラン
  • スマートロックプラン

各プランの料金はそれぞれ下記の通りです。

プラン 料金
開始月 2ヶ月目 3〜19ヶ月目 20〜37ヶ月目 38ヶ月目以降
スタンダードプラン 0円 3,580円
トータルプラン 4,980円
シンプルプラン 4,480円 4,480円 4,480円 3,580円
スマートロックプラン 3,580円

選択するプランにより料金や提供される機器(サービス内容)が変わってきますが、提供機器を別途追加購入すれば利用したい機能を後から拡張することができます。

以下では各プランにおける具体的な提供機器やサービス内容について記載していきます。

スタンダードプラン

スタンダードプラン

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・室内コミュニケーションカメラ
・スマート家電リモコン
主なサービス内容 ・Wi-Fiルーター機能
・スマートホーム
・セキュリティ(ドアの遠隔施錠・開錠なし)

ある程度充実したスマートホームやセキュリティサービスが受けられる標準的なプランです。

オプション「nuroモバイルHome Wi-Fi(M)」に加入するか、格安SIMがあれば、家庭内でwifiが利用できるようになります。

トータルプラン

トータルプラン

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・室内コミュニケーションカメラ
・スマート家電リモコン
・Qrio Lock
・開閉センサー(3組)
・Qrio Hub
・Qrio Smart Tag(2組)
主なサービス内容 ・Wi-Fiルーター機能
・スマートホーム
・セキュリティ
・家ナカサービス(家事代行など)

全プランの中でも最も優れたスマートホームやセキュリティといったサービスを受けられるうえに、家ナカサービス(家事代行など)も利用できるという便利なプランです。

料金は4つのプランの中でも最も割高になりますが、とにかく利便性や防犯性の高いサービスを受けたい場合におすすめです。

シンプルプラン

シンプルプラン

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・室内コミュニケーションカメラ
主なサービス内容 ・Wi-Fiルーター機能
・スマートホーム(スマート家電リモコンなし)
・セキュリティ(ドアの遠隔施錠・開錠なし)

「nuroモバイルHome Wi-Fi(M) 」(置き型wifiオプションサービス)同時申し込みで、基本月額料金が3,980円と安くなるうえに、「他社乗り換え解約違約金相当」または「10,000円キャッシュバック」といった豪華特典が受けられる割安なプランです。

それなりのスマートホームやセキュリティサービスに加えてwifiサービスも受けたい場合で、料金はなるべく抑えたいというような場合におすすめのプランです。

スマートロックプラン

スマートロックプラン

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・Qrio Lock
・Qrio Hub
主なサービス内容 ・Wi-Fiルーター機能
・スマートホーム(スマート家電リモコンなし)
・セキュリティ(カメラなし)
・家ナカサービス(家事代行など)

室内コミュニケーションカメラがないなどにより、その他プランに比べて特にセキュリティ面で劣りますが、料金が安く「Qrio Lock」と「Qrio Hub」といった機器が提供されるので、立ち合い不要で家事代行やペットシッターなどの不在宅サービスが利用できます。

スマートホームやセキュリティといった機能はさほど重視していないものの、安い料金で立ち合い要らずの不在宅サービスを受けたい場合などには良いでしょう。

特徴・口コミなどから考えられるmanomaへ切り替えるメリット

以上特徴・口コミなどから考えられるmanomaへ切り替えるメリットとしては、主に下記の点が挙げられます。

  • 工事不要で簡単にインターネットが使える
  • スマートホームサービスなどもセットで受けられる
  • プランにより解約金負担または10,000円キャッシュバック特典がある

工事不要で簡単にインターネットが使える

工事不要で簡単にインターネットが使える

まずmanomaの場合は、光回線サービスのように開通工事不要で簡単かつすぐにインターネットが使えるのがメリットです。

というのもmanomaはWiMAXのホームルータのような据え置き型wifiサービスと同様に、端末にコンセントとSIMカードを差し込むだけで使えるので、ルーターが届いたら難しい設定などもなくすぐに使えてしまうんですね。

これだと開通工事が終わるまでインターネットが使えないということもありませんし、引越しする機会が多い場合でもその都度新居で楽々すぐさまネットが使えてしまいます。

光回線のような開通工事に伴う立ち合いが面倒だったり、そもそも忙しくて中々都合の良い時間を作れないような場合や、契約から開通までの手続きが難しくて良く分からないような場合は、manomaのような置くだけwifiサービスを利用するのが便利です。

スマートホームサービスなどもセットで受けられる

スマートホームサービスなどもセットで受けられる

manomaの最大の特徴・メリットは、WiMAXのホームルーターなどの従来の据え置きwifiサービスと違い、スマートホームサービスも同時に受けられるということです。

通常スマートホームサービスを受ける場合、GooglehomeやAmazonEchoといったスマートスピーカを購入する必要があります。

しかしmanomaだとwifiルーター機能としても使える「AIホームゲートウェイ」には、Amazon Alexaが搭載されていたりするので、音声で自宅の家電を動かせたりなどすることができます。

またその他提供機種でも便利なスマートホームが受けられるのはもちろん、セキュリティや家ナカサービスも同時に受けることができるという点で、大変便利で魅力的ではないでしょうか。

プランにより解約金負担または10,000円キャッシュバック特典がある

プランにより解約金負担または10,000円キャッシュバック特典がある

manomaは「シンプルプラン」に限り、「nuroモバイルHome Wi-Fi(M)」と同時加入で、基本料金が大幅に割引されるうえに、他社からの乗り換えの際に発生する違約金を負担してくれるか、10,000円のキャッシュバックが受けられる特典があります。

なおキャッシュバックは7カ月以上継続して利用することで受け取ることができます。

受け取り方法は、利用開始から7か月後にmanomaの運営会社であるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社から特典申請用書面が送られてくるので、そこに口座情報を記入(場合により他社違約金の金額が確認できる証明書のコピーを同封)して返送することで、受け取ることができます。

特徴・口コミなどから考えられるmanomaのデメリット

メリットとは逆に、特徴・口コミなどから考えられるmanomaのデメリットとしては、主に下記の点が挙げられます。

  • 通信速度は他の置き型wifiサービス他よりも遅い
  • 使いすぎると速度制限がかかり解除までに時間を要する
  • 中途解約なら解約金として高額な機器代金がかかる
  • 一部販売代理店により詐欺まがいの勧誘が行われている
  • 電話サポートの評判が良くない
  • キャンペーン・特典内容がイマイチ

通信速度は他の置き型wifiサービスよりも遅い

口コミでも多々言われていましたが、manomaは他の置き型wifiサービスなどと比べても通信速度が遅いです。

以下manomaとその他主要置き型wifiサービスの通信速度などの比較表です。

置き型wifi 最大通信速度 実測値 ping値
manoma 370Mbps 約10Mbps 約118ms
WiMAX(L02) ・1.0Gbps(有線接続+LTE回線)
・558Mbps
約45Mbps 約81ms
SoftBnakAir ・962Mbps(一部エリア)
・481Mbps
約25Mbps 約76ms

参考サイト:みんなのネット回線速度

このように最大通信速度・実測値・ping値のどれを取っても、manomaは比較的劣っています。

ちなみに通信速度に関しては、10Mbps以上もあればストレスなくネットが使えると言われています。

manomaの場合は実測値で平均速度が10Mbpsはあるとされているので、WEBサイトの閲覧やHD 1080p程度の画質の動画の視聴程度なら問題なくできるでしょう。

しかし4Kといった高解像度の動画を見るには厳しいですし、対戦型のオンラインゲームをするにも通信速度並びにping値的にも厳しいです。

そのためmanomaは高画質の動画の閲覧や対戦型のオンラインゲームをするには向きません。

使いすぎると速度制限がかかり解除までに時間を要する

またmanomaの場合は、ネットが使い放題であると言われているのものの、実際は3日で10GB以上使えば速度制限がかかります。

速度制限がかかった場合は通信速度が遅くなり、場合によっては200Kbps程度にまで低下してしまうようです。

こうなってくるとテキストだけのメールやLINEのやりとりくらいしかできません。

また速度制限が解除されるまでも、翌深夜~朝方までと時間がかかってしまうので、高画質の動画を見たりオンライン対戦ゲームなどをする際は注意が必要です。

中途解約なら解約金として高額な機器代金がかかる

manomaでは中途解約による契約解除料というものはかかりませんが、その代わりに機器代金の残債というものが発生します。

各プランにおける機器代金の総額は下記の通りです。

プラン 機器代金の総額(税込み)
スタンダードプラン 106,238円
トータルプラン 163,108円
シンプルプラン 98,560円
スマートロックプラン 100,760円

このうち「トータルプラン」と「スマートロックプラン」は更に別途工事費の残債も加算されます。

このように選択するプランと解約するタイミングによっては、機種代金の残債が10万円以上もかかる可能性もでてきます。

そのためmanomaを利用するのであれば、その途中解約による機器代金の残債が高くなるという点に気を付けておきたいところです。

一部販売代理店により詐欺まがいの勧誘が行われている


manomaではその販売代理店によって、詐欺まがいの勧誘が横行しているということに対して口コミ上では不評でした。

勧誘の手口はその代理店によって様々で、噓のようなことを言って巧妙に契約させようとする悪質なところもあるようです。

これに関してはmanomaとは直接関係がなく、あくまで代理店の問題になりますが、契約してから後で後悔しないようにするためにも、manomaのサービスをよく理解してから契約するようにしておきたいところですね。

電話サポートの評判が良くない

manomaは電話サポートの評判もあまり良くありませんでした。

まず電話でのサポート受付時間は平日の9:00~18:00までなので、普通の会社員であるという場合は問い合わせ連絡すること自体時間的に厳しいです。

また電話しても繋がらないこともあったり、解約は電話サポートのみの受付となっているので、仕事などで忙しい場合だとすぐに解約したくてもできないことがあったりします。

manomaでは一応クーリングオフにより、契約から8日以内であれば無料で契約キャンセルできますが、このように電話自体繋がりにくいので、解約タイミングがクーリングオフの有効期間中に間に合わない可能性も出てきます。

そして万が一クーリングオフ期間中に間に合わずに途中解約する場合は、高額な機器代金を支払う羽目になるので、この辺りは十分に注意しておいた方が良さそうですね。

manoma 【無料確認ok】manoma公式サイトはこちら

キャンペーン・特典内容がイマイチ

manomaキャンペーン・特典内容がイマイチ

manomaは他の置き型wifiと比べると、そのキャンペーン・特典内容がイマイチです。

置き型wifi
manoma 他社違約金負担or10,000円キャッシュバック(シンプルプラン)
WiMAX 31,600円キャッシュバックなど
ソフトバンクエアー 35,000円キャッシュバックなど

ただしmanomaの場合は、置き型wifiサービスはメインではなく、その他のスマートホームやセキュリティなどが主なサービスであるため、キャンペーン・特典の充実度に関してはさほど考えなくても良いかもしれません。

manomaの解約方法は?

manomaの解約方法は?

manomaを契約したけれども、wifiが使い物にならなので解約したくなった場合は、その解約方法について知っておくとスムーズに対応できるでしょう。

manomaを解約するには、電話のみ行うことができます。

まずはmanomaのサポートデスク問い合わせ先「0120-183-019」に連絡し、そこで「解約したい」と伝えましょう。

上記電話番号に解約したいという旨を伝えることで、必要となる手続きを指示してもらえるので、あとはその手順に沿って解約を行います。

8日以内であればクーリングオフで無料で契約キャンセル可能

manomaを契約したのはいいものの、wifiが繋がらないなどの理由で解約したい場合、申し込みから7日以内であればクーリングオフにより高額な機器代金の残債などを支払わずに無料で契約をキャンセルすることができます。

この場合の問い合わせ先も上記のサポートデスク「0120-183-019」に連絡すると良いでしょう。

まとめ

manomaはスマートホームサービスが魅力的ですが、wifiサービスの内容は他社に比べても優れているわけではなく、大容量のデータをやり取りしたり、長時間高画質の動画の閲覧やオンライン対戦ゲームをプレーするには向きません。

そのためmanomaは普段からネットはあまり使用しないような場合で、スマートホーム・セキュリティ・家ナカサービスからwifiサービスまでオールインワンで簡単に便利なサービスをまとめて受けたい場合におすすめです。