wifi

MugenWiFiの評判と口コミ。料金まで解説

モバイルWiFiの中でも最も料金が安いことで注目され人気が高まりつつある「MugenWiFi」。

今回はこのMugenWiFiの気になる評判・口コミから、その料金・サービス内容まで徹底的に解説していきたいと思います。

MugenWiFiは最高?それとも最悪?気になる評判と口コミ

早速MugenWiFiの評判・口コミについてチェックしていきましょう。

ここからはMugenWiFiの良い内容・悪い内容のそれぞれの評判・口コミについて、主に多く言われている内容のものについてまとめてみました。

MugenWiFiの良い内容に関する評判・口コミ

下り20~30ほどで安定しており十分実用的


通信速度に関しては、上記の口コミ通り大体20~30Mbps程度と、ネットを利用するうえでは十分なスピードが出るようです。


HD画質の動画を閲覧する際も、問題なくできるようです。

通信データ容量無制限で使える

MugenWiFiでは通信データ容量無制限で使えてしまうことでも大好評です。

また速度自体もWiMAXより安定していると評判で、ストレスなく使えているという声もありました。

料金が安くて対応が親切

またMugenWiFiはクラウドWiFiの中でも料金の安さに定評があります。

コスパ重視で選ぶなら、MugenWiFiは有力候補になりそうですね。

他にも対応が良かったという声もありました。

ルーター端末機器は返却不要

MugenWiFiでは、端末機器はレンタルと言う形になりますが、その機器の返却は不要なのでその分お手軽に解約できるでしょう。

ただし端末機器の返却が不要になるのは、2年以上利用し続ける必要があります。

田舎でも通信速度が速くて快適

WiMAXだと田舎・山間部では繋がりにくかったりしますが、MugenWiFiの場合はLTE回線のため、田舎・山間部はもちろん地下や建物の奥まった場所でも繋がりやすいと評判です。

MugenWiFiの悪い内容に関する評判・口コミ

更にここからはMugenWiFiの悪い内容に関する評判・口コミについてまとめてみました。

ソフトバンク回線以外が中々呼ばれない

これはMugenWiFiをはじめ他のクラウドWiFiにおいても言えます。

そのためソフトバンクのLTL回線が繋がらないような場所で利用するのであれば、基本的に圏外になってしまうようです。

利用環境・場所によっては速度が遅い

通信速度は申し分がなく安定していると言われている一方で、利用環境や場所などによっては遅いと感じることもあるようです。

ping値が安定せずオンラインゲームのプレイは厳しい

MugenWiFiは通信速度は割と安定していると言われていますが、ping値に関しては安定しないようです。

そのためラグも所々発生すると思われるので、オンラインゲームのプレイは厳しそうですね。

PS4のリモートプレイは繋がらない

MugenWiFiは一応オンラインゲームをすることができますが、例えばパソコンでPS4遠隔操作するといったように、PS4のリモートプレイは繋がらないようです。

そのためPS4でリモートプレイする際は、気を付けておきたいところですね。

MugenWiFiとはどんなサービス?

MugenWiFiはクラウドWiFiの一つで、自宅から外出先などでどこにでもネットが使えるようになるというサービスです。

同じクラウドWiFiとして有名な「どんなときもWiFi」と同様に、au・ソフトバンク・ドコモの3大キャリアからその場で最適な回線に繋いでくれたり、海外に行っても特別な設定などなしでそのまま使うことができます。

どんなときもWiFiよりもまだ知名度は薄いものの、コストパフォーマンスが大変優れていることから、新たなクラウドWiFiサービスとして最近注目され始めています。

MugenWiFiは初期費用が高いと聞くけど?

MugenWiFiは事務手数料(初期費用)が6,000円と高額です。
しかしこれはあくまで過去の話であり、現在の初期費用は3,000円と標準的な料金になっています。

そのため以前に比べても契約しやすくなっています。

端末のスペック・通信速度は?

MugenWiFiには契約プランによりレンタルできる端末が変わります。

例えばアドバンスプランならば「G4」、格安プランならば「U2s」がそれぞれ利用可能です。

そして通信速度など、これら端末のスペックは下記の通りです。

端末の種類 G4
(MUGENアドバンスプラン)
U2s
(MUGEN格安プラン)
下り最大通信速度 150Mbps 150Mbps
上り最大通信速度 50Mbps 50Mbps
連続通信時間 約12~13時間
(バッテリー:3,900mAh)
約12時間
(バッテリー:3,500mAh)
Wi-Fi接続可能台数 最大5台 最大5台
機能 ・翻訳機能
・充電機能
カラー ブラック グレー
重量 188g 149g
サイズ 136 × 72.2 × 12 mm 127×65.7×14.2mm
対応コネクタ Type-C Micro USB type-B
付属品 ・取扱説明書
・マイクロUSBケーブル TYPE-C
・SIMピン
・OTGケーブル
・取扱説明書
・マイクロUSBケーブル
・SIMピン
・OTGケーブル
周波数バンド
(外付けSIMカード含め)
LTE-FDD Band:1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28
LTE-TDD Band:34/38/39/40/41(120M)
WCDMA Band:1/2/4/5/8
GSM:850/900/1800/1900 MHz
LTE-FDD Band:1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28
LTE-TDD Band:34/38/39/40/41(120M)
WCDMA Band:1/2/4/5/8
GSM:850/900/1800/1900 MHz

どんなときもwifiなど他のモバイルwifiとの速度比較

MugenWiFiと、どんなときもWiFiなど他のモバイルWiFiの通信速度を比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか?

以下ではMugenWiFiとその他有名モバイルWiFiの速度に関する比較表になります。

モバイルWiFi 最大通信速度(下り) 平均実測値(下り)※ トリプルキャリア対応
WiMAX(auやUQWiMAXなど) ・558Mbps(WiMAX2+回線)
・1237Mbps(au4GLTE回線)
42.98Mbps ×
Pocket WiFi
(ソフトバンクやY!mobile)
972Mbpx 26.22Mbps ×
ドコモ WiFi 1288Mbps 40.73Mbps ×
楽天モバイル 375Mbps 19.72Mbps ×
MugenWiFi 150Mbps 23.33Mbps
どんなときもWiFi 150Mbps 23.33Mbps
限界突破WiFi 150Mbps 不明(MugenWiFiよりも少し劣る?)
よくばりWiFi 150Mbps 23.33Mbps
めっちゃWiFi 150Mbps 23.33Mbps

※平均実測値はみんなのネット回線速度での数値を元に記載しています。

MugenWiFiは最大通信速度で言えば、大手3大キャリア(au・ソフトバンク・ドコモ)のモバイルWiFiと比べても見劣りはします。

しかし実測値ではWiMAXなど大手3大キャリアのWiFiサービスと比べてもあまり見劣りはしませんし、20Mbps以上も出ていればネットを利用するうえでは十分です。

しかもMugenWiFiの場合は、au・ソフトバンク・ドコモの3つの回線が使えるので対応エリアが広いです。

またLTE回線なので、WiMAXのように山間部や地下など周りに障害物があるようなところでも、電波が著しく繋がりにくくなるといったこともありません。

あくまでWiMAXなどに比べれば通信速度は遅いですが、モバイルWiFiとしてなら実測値的にも申し分ありませんし、対応エリアの広さや繋がりやすさといった点も優れています。

ちなみに「MugenWiFi」「どんなときもWiFi」「よくばりWiFi」「めっちゃWiFi」は同じ端末(U2s)になります。

MugenWiFiの料金プランは?

MugenWiFiには主に下記の2つの料金プランがあります。

  • MUGENアドバンスプラン
  • MUGEN格安プラン
料金プラン 初期費用(事務手数料) 月額料金 データ通信量上限 契約期間 機能
MUGENアドバンスプラン 3,000円 3,880円
(ただいまキャンペーンにつき3,280円)
制限なし 2年 ・翻訳機能
・充電機能
MUGEN格安プラン 3,280円

MUGENアドバンスプラン

MUGENアドバンスプランは、「G4」という端末がレンタルできます。

このG4は翻訳機能や充電機能が付いている端末で、海外でもよく利用する場合におすすめのプランです。

なおアドバンスプランは通常月額料金が3,880円ですが、現在はキャンペーンにより12/6(10:30)〜12/25 (23:59)までの間に申し込むことで、1カ月目からずっと月額3,280円で利用することができます。

MUGEN格安プラン

MUGEN格安プランは、「U2s」 という端末がレンタルできます。

U2sは翻訳機能や充電機能は付いていませんが、一応海外でもそのまま使えますし、上り下り最大通信速度もアドバンスプランのG4と変わりません。

海外での利用料金について

MugenWiFiはどんなときもWiFiなどと同様に、海外の世界134カ国でも端末をそのまま持ち運ぶだけで利用することができます。

海外での利用料金に関しては、国内での料金体系とは違い、1日ごとに料金が請求される形なります。

また料金は利用する国によって異なり、具体的な料金は下記の通りになります。

エリア 地域 料金(1日) 1日のデータ通信量上限 通信制限後の速度
AREA1 ・アジア 21地域
・オセアニア 5地域
・ヨーロッパ 48地

北アメリカ 19地域
1,200円 1GB 384Kbps
AREA2 ・アフリカ 14地域
・南アメリカ 17地域
・中東 11地域
1,600円

 

解約金・違約金は?

MugenWiFiの2019年12月現在における解約金・違約金は下記の通りです。

利用期間 解約違約金
0~12ヶ月目 9,000円
13~24ヶ月目 5,000円
25ヶ月目以降 0円

以前はこの解約違約金が30,000円と大変高額だったわけですが、現在では多くても9,000円と大幅に引き下げられました。

しかも2年ごとの自動更新も廃止されたので、利用期間が2年目以降であれば、いつ解約しても解約違約金が無料になるのも良心的ですね。

mugenwifiのキャンペーンは?

MugenWiFiでは現在キャンペーンとして「30日おためし全額返金キャンペーン」を実施しています。

30日おためし全額返金保証とは?

30日おためし全額返金キャンペーンは、端末が届いてから30日以内であれば高額な解約違約金や事務手数料を支払うことなく、MugenWiFiを解約することができるというキャンペーンです。

つまりこのキャンペーンにより、MugenWiFi利用後に利用環境や場所により電波が繋がりにくく使い物にならないと判明したとしても、30日以内に所定の手続きを済ませることで返金手数料(1,000円)だけで解約することができます。

そのため利用場所などによりMugenWiFiがきちんと使えるかどうか不安な場合でも、こうしたキャンペーンにより上手くフォローが利くので、契約後に万が一繋がらないと分かっても安心ですね。

30日おためし全額返金保証の適用条件

30日おためし全額返金キャンペーンの適用条件は下記の通りです。

  • フォームからの申し込み日から30日以内に「30日おためし全額返金保証」の旨と 「解約理由」「決済番号」をお問い合わせフォームより連絡する
  • 返品の発送日時が30日以内である
  • MugenWiFiの利用が初めてである

30日おためし全額返金保証の注意点

また30日おためし全額返金キャンペーンの注意点として、主に下記の点について気を付けておきたいところです。

  • 返品期限は端末の到着日ではなく、フォームからの申し込み日から30日以内である
  • 30日の間に海外利用した場合は、その日割り料金が発生する
  • 50GBなどデータ通信量が通常のレベルを超えた場合は、違約金9,000円が発生する
  • 箱の破損や説明書の欠品などがあれば追加費用として20,000円が発生する
  • 返金処理手数料として1,000円が発生する
  • 送料に関しては申し込み者負担になる

返品期限(30日)を過ぎたら違約金9,000円がかかるほか、50GB以上と言った大容量データを使った場合や、破損や欠品があった場合も高額なお金が請求されるので注意しておきたいですね。

mugenwifiのオプションサービスは?

Mugen補償プラン

MugenWiFiには端末の水漏れ・故障・破損などがあった場合に補償が適用されるオプションサービス「Mugen補償プラン」があります。

このMugen補償プランは月額500円で受けることができるオプションで、端末が故障などした場合は無料で新品のものと交換することが可能です。

Mugen補償プランの補償対象

補償対象としては、下記の場合が該当します。

  • 取扱説明書などの記載に従い正しく使ったうえで機器が故障した場合
  • 水漏れにより機器が故障した場合
  • 破損により機器が故障した場合
  • 機器が全損した場合

逆に下記の場合にはMugen補償プランの対象にはなりません。

  • 故意により機器を破損させた場合
  • 改造により機器を破損させた場合
  • 盗難・紛失の場合
  • 仕様による劣化や色落ちがある場合

これらの場合は機器の修理・交換が有料になります。

Mugen補償プランの注意点

Mugen補償プランでは下記の点において注意しておきたいところです。

  • 水没・全損で新品と交換になる
  • 補償の対象期間はMugen補償プランの加入期間内に限る
  • 1回補償を受けたてから12カ月以内に再び補償を受ける場合は、20,000円を支払わなければならない
  • 加入できるタイミングは端末契約時のみである
  • 途中からMugen補償プランに加入したり、途中解約することはできない

Mugen補償プランは万が一何らかの理由により機器が破損した場合に役立ちますが、このオプション加入は最初のタイミングでしか加入できず、途中から加入したり逆に解約できないのがかなりネックになります。

ただスマホなどをよく水没させてしまったりと、端末機器を破損させてしまう可能性が少なからず考えられるのであれば、最初の契約と同時に加入すると良いかもしれません。

口コミや特徴などから考えられるMugenWiFiのメリット

以上口コミや特徴などから考えられるMugenWiFiのメリットとしては、主に下記の点が挙げられます。

  • 3大キャリア回線が利用可能で対応エリアが広い
  • 山間部や地下でも繋がりやすい
  • モバイルwifiサービスの中でも月額料金が最安級
  • 全額返金保証キャンペーンがあるので万が一つながらなくても安心
  • 無制限でデータが使える
  • 海外でも利用できる
  • 解約金・違約金が安い
  • 2年以降なら端末の返却が不要
  • 最新機種「G4」なら翻訳や充電機能が付いている
  • 端末は最短即日発送&開通工事不要ですぐにネットが使える

3大キャリア回線が利用可能で対応エリアが広い

MugenWiFiはどんなときもWiFiなどと同様クラウドWiFiであり、クラウドSIMに対応していることから、au・ソフトバンク・ドコモの3つの回線の中から、自動的に最適な回線を選んでくれます。

そのため対応エリアが広いです。

ただ口コミでも言われている通り、MugenWiFiなどのクラウドWiFiは、基本ソフトバンク回線しか呼ばれないものの、競合となるWiMAXとソフトバンクのサービスエリアを比較してみてもソフトバンク単体のエリアの方が広いことが分かります。

MugenWiFiの対応エリア

出典:ソフトバンクサービスエリア検索ページ

WiMAXの対応エリア

出典:WiMAXサービスエリア検索ページ

上がソフトバンクで下がWiMAXですが、ソフトバンクの方が山奥でも比較的カバーできていますね。

画像の例は関東エリアになりますが、他のエリアに関しても同じようなことが言えます。

山間部や地下でも繋がりやすい

MugenWiFiは3大キャリアのLTE回線が使えることから、WiMAXとは違い山間部や地下でも繋がりやすいです。

一応WiMAXでもauLTE回線を使えば山間部や地下でも繋がりやすくはなりますが、WiMAXでのLTE回線の通信容量上限はギガ放題プランでも月間で7GBまでなので、あまり使うことができません。

MugenWiFiだとLTE回線でありながら無制限に使えるので、どこでも所かまわず容量気にせず使えます。

モバイルwifiサービスの中でも月額料金が最安級

またMugenWiFiを利用するメリットとしては、モバイルWiFiサービスの中でも月額料金が最安級であるということです。

ちなみにMugenWiFiをはじめ各主要モバイルWiFiの料金は下記の通りです。

モバイルWiFi 月額料金
WiMAX(Broad WiMAX) 3,648円
Pocket WiFi(Y!mobile) 4,380円
MugenWiFi 3,280円
どんなときもWiFi 3,480円
よくばりWiFi 3,450円
めっちゃWiFi 3,480円
限界突破WiFi 3,500円

このように月額料金で比較した場合、MugenWiFiは最安になります。

ちなみに基本月額料金のほか、海外での利用料金もMugenWiFiは比較的安いです。

モバイルWiFi 海外利用料金(1GB/日)
MugenWiFi ・1,200円(エリアA)
・1,600円(エリアB)
どんなときもWiFi ・1,280円(エリアA)
・1,880円(エリアB)
よくばりWiFi ・1,250円(エリアA)
・1,850円(エリアB)
めっちゃWiFi ・850円(東南アジア17ヵ国)
・1,250円(その他の国)
限界突破WiFi ・580円~(300MB / 1日)

最安ではありませんがクラウドWiFiの中では安い部類に入りますね。

全額返金保証キャンペーンがあるので万が一つながらなくても安心

MugenWiFiではただいま全額返金キャンペーンにより、申し込み日から30日以内であれば、事務手数料や解約違約金なしで契約をキャンセルすることができます。

そのためいざ利用してみてから、繋がらないとなった場合でも安心して解約することができるので、気軽に利用しはじめることができるでしょう。

無制限でデータが使える

MugenWiFiはWiMAXなどのようにギガ放題プランであるにも関わらず3日間で10GBといった上限があるということもなく、本当にデータが無制限で使えてしまうところも魅力的です。

無制限であればビデオ通話やネットゲームなども通信データ量気にせずできるので、特にモバイルWiFiで思う存分使いたいのであればMugenWiFiなどの無制限のものがおすすめです。

海外でも利用できる

MugenWiFiは海外でもそのまま持っていくだけでWiFiが利用できます。

これだと海外へ行くときに海外向けWiFiを別で契約して諸手続きする必要がないので、旅行などで海外に行く機会が多いような場合にも大変便利に活用できるでしょう。

解約金・違約金が安い

またMugenWiFiは、他社と比べて解約金・違約金が安いのも魅力的です。

モバイルWiFi 解約違約金
WiMAX ・0~12ヶ月目:19,000円
・13~24ヶ月目:14,000円
・25ヶ月目~36ヶ月目:9,500円
・更新月(3ヶ月):0円
Pocket WiFi(Y!mobile) 9,500円(さんねん)
MugenWiFi ・0~12ヶ月目:9,000円
・13~24ヶ月目:5,000円
・25ヶ月目以降:0円
どんなときもWiFi ・0~12ヶ月目:19,000円
・13~24ヶ月目:14,000円
・26ヶ月目以降:9,500円
・更新月:0円
よくばりWiFi ・0~12ヶ月目:18,000円
・13~24ヶ月目:12,000円
・26ヶ月目以降:9,500円
・更新月:0円
めっちゃWiFi ・1ヵ月目~24ヵ月目:9,800円
・25ヵ月目以降:0円
限界突破WiFi ・2年以内:18,000円
・3年目以降:5000円更新月(3ヶ月):0円

MugenWiFiの場合は解約違約金が最も安いうえに、25ヶ月目以降ならば更新月など関係なくいつでも0円になります。

つまり25ヶ月目以降だといつ解約しても問題ないというように、利用しやすいのもポイントです。

2年以降なら端末の返却が不要

MugenWiFiをはじめとしたクラウドWiFiでは、端末がレンタルとして提供され、解約の際は基本的にそれを返却しなければなりません。

そしてその返却期日を過ぎれば高額な機器損害金が請求されます。

しかしMugenWiFiの場合は、利用期間が2年以降だと解約時の端末の返却が不要になります。

そのため2年以上利用した場合は、返却手続きをしなくてもよく、返却し忘れにより請求される機器損害金というものも気にする必要がありません。

最新機種「G4」なら翻訳や充電機能が付いている

月額料金が少し高いプラン(アドバンスプラン)であれば、最新機種G4が使えます。

これは通常の格安プランで使えるU2sとは違い、翻訳機能や充電機能が付いている機種です。

そのため海外へ行く機会が多い場合は、この機種(アドバンスプラン)を選ぶと何かと便利です。

端末は最短即日発送&開通工事不要ですぐにネットが使える

MugenWiFiの端末機器は、申し込み後最短即日で発送されます。

そして端末が届いたら、簡単な設定を行うだけですぐにネットが使えます。

そのため光回線のように開通工事というものが不用であり、開通までの手続きが非常に楽です。もちろん工事費も一切かかりません。

通信速度は速くなくても良いので、とにかくすぐお手軽にネットを導入したい場合や、引越しをする機会が多い場合でも非常に役立ちます。

口コミや特徴などから考えられるMugenWiFiのデメリット

逆に口コミや特徴などから考えられるMugenWiFiのデメリット・注意点としては、主に下記のことが言えます。

  • 光回線と比べると通信速度やその安定性に欠ける
  • ほとんどソフトバンク回線しか呼ばれない
  • 端末はレンタルで失くしたりすれば高額な弁償代が発生する
  • レンタルだが2年間の契約縛りがある
  • 最大同時接続台数が5台までと少なめ
  • 高額キャッシュバックなどはなくキャンペーンは控えめ
  • 支払いはクレジットカードしか対応していない

光回線と比べると通信速度やその安定性に欠ける

これに関してはMugenWiFiだけではなくすべてのモバイルWiFiに対して言えますが、MugenWiFiは光回線と比べると通信速度・ping値・接続の安定性において劣ります。

そのためリアルタイム性の高い対戦型のオンラインゲームなどをする場合にはあまり向きません。

ただボードゲームなどといったゲームであれば、速度やping値などはあまり関係ないので、こうしたジャンルだとMugenWiFiでも十分プレイ可能です。

ほとんどソフトバンク回線しか呼ばれない

MugenWiFiなどクラウドWiFiで使える端末では、クラウドSIM技術によりau・ソフトバンク・ドコモの3つの回線から自動的に最適な回線で接続可能だと言われています。

しかし口コミ上でも指摘されている通り、ほとんどの場合ソフトバンクの回線しか呼ばれないと言われています。

このことからドコモやauは繋がるけれどもソフトバンクは電波が入らないようなエリアで使用する場合、大抵ドコモやauは呼ばれずに圏外になってしまうと考えられます。

特にauに関してはプラチナバンドに対応していないためか、まったく呼ばれないようです。

そのためドコモやauは対応エリア内だけれども、ソフトバンクは対応エリア外だという場合は、圏外になってしまう可能性が大であるということに注意しておきたいところです。

ちなみにソフトバンク回線がエリア内かどうかチェックするためには、ソフトバンクサービスエリア検索ページにて簡単に確認することができます。

なお場所的に繋がるかどうか微妙な場合でも、「30日おためし全額返金保証」キャンペーンにより、30日以内であれば解約違約金なしで解約することができます。

端末はレンタルで失くしたりすれば高額な弁償代が発生する

MugenWiFiは、WiMAXやポケットWiFiなどのように、端末が無料で購入できるわけではなくレンタルになります。

そのため解約時にはレンタルしていた端末を返却しなければなりません。

このとき2年以上契約している場合は、端末を返却する必要がありません。

しかし契約が2年未満の場合で解約の際に端末を返済しなかった場合は、端末違約金として契約月残数×1,600円を支払う必要があります。

ちなみに契約月残数は満期である24ヶ月から利用月数を差し引いた月数のことです。

例えば利用開始から10カ月で解約する場合だと、24-10=で契約月残数が14となり、端末違約金として14×1,600円=22,400円かかります。

更に解約違約金も別途発生するため、10カ月での解約の場合で端末の返却を忘れた場合にかかる解約費用としては、22,400円+9,000円(1年未満の解約違約金)=合計31,400円になります。

MugenWiFiは解約違約金は確かに比較的安いですが、2年未満で解約する場合で端末の返却を忘れると、端末違約金も発生してしまうということに十分注意しておきたいですね。

また補償プラン未加入で端末を紛失させたりした場合、新しい端末の購入費用として20,000円がかかる点にも気を付けておくと良いでしょう。

レンタルだが2年間の契約縛りがある

MugenWiFiはレンタルWiFiですが、1カ月から契約できるプランというものがなく、基本的には契約期間は2年という縛りになります。

2年未満で解約する場合は、解約違約金が発生するほか、端末の返却を忘れた場合は端末違約金が請求されることで高額な金額を請求されます。

そのため2年も利用する予定がないような場合は、こうした点に注意しておきたいところです。

最大同時接続台数が5台までと少なめ

MugenWiFiの最大同時接続台数は5台までと、他のモバイルWiFiに比べても少々少なめです。

モバイルWiFi 最大同時接続台数
WiMAX 16台
Pocket WiFi 16台
MugenWiFi 5台
どんなときもWiFi 5台
よくばりWiFi 5台
めっちゃWiFi 5台
限界突破WiFi 8台

一人で利用する場合であれば最大同時接続台数が5台でも十分だと思われますが、家族など複数人でシェアして使う場合は物足りないと感じてしまうでしょう。

ただし別途中継器を使うことで、最大接続台数を増やすことができます。

そのため家族など世帯人数が多い場合に利用する際でも、一応対策することは可能です。

高額キャッシュバックなどはなくキャンペーンは控えめ

MugenWiFiをはじめどんなときもWiFiなどのクラウドWiFiは、WiMAXなどのように高額キャッシュバックといったキャンペーン特典はありません。

そのため実質的な料金で言えば、WiMAXの方が少し安かったりします。

ただ高額キャッシュバックに関しては、受け取りに期限があったり煩雑だったりして手続きそのものが難しく、キャッシュバックの受け取り損ねが多々あるのも事実です。

それに対してMugenWiFiの場合は豪華なキャッシュバックはないものの、月額料金自体が非常に安いため特にキャンペーンなどなくともお得です。

そして難しい手続きなども一切必要なく、シンプルで使いやすいです。

そのため高額キャッシュバックがないというのは、さほどデメリットではないのかもしれません。

支払いはクレジットカードしか対応していない

WiMAXの一部プロバイダやどんなときもWiFiなどであれば、クレジットカード以外の支払いも対応していたりします。

しかしながらMugenWiFiでは、支払いがクレジットカード払いしかできません。

そのためカードがなければ、利用することができません。

mugenwifiとその他人気wifiのサービス内容比較まとめ

以下はMugenWiFiをはじめ、競合に当たるその他人気クラウドWiFiにおけるサービス内容の比較について簡単にまとめてみました。

WiFiサービス 事務手数料 月額料金 契約期間 違約金 海外利用料金(1GB/日) 端末補償料金 同時接続台数
MugenWiFi 3,000円 ・3,280円(格安プラン)
・3,880円(アドバンスプラン(現在3,280円))
2年
(自動更新なし)
0~12ヶ月目:9,000円
13~24ヶ月目:5,000円
25ヶ月目以降:0円
・1,200円(エリアA)
・1,600円(エリアB)
月額500円 5台
どんなときもWiFi 3,000円 ・3,480円(クレジットカード払い)
・3,980円(口座振替払い)
2年
(自動更新あり)
0~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月:0円
・1,280円(エリアA)
・1,880円(エリアB)
月額400円
よくばりWiFi 3,800円 ・3,450円
・4,880円(契約期間の縛りなし)
2年
(自動更新あり)
0~12ヶ月目:18,000円
13~24ヶ月目:12,000円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月:0円
・1,250円(エリアA)
・1,850円(エリアB)
月額380円
めっちゃWiFi 3,000円 ・3,480円 2年
(自動更新なし)
1ヵ月目~24ヵ月目:9,800円
25ヵ月目以降:0円
・850円(東南アジア17ヵ国)
・1,250円(その他の国)
端末補償なし
限界突破WiFi 無料 ・3,500円 2年
(自動更新あり)
2年以内:18,000円
3年目以降:5000円
更新月(3ヶ月):0円
・580円~(300MB / 1日)
(その他細かく料金プランあり)
月額500円 8台

最大通信速度(下り)に関してはすべて共通して150Mbpsですが、限界突破WiFiに関しては実測値が少し遅いと言われています。

このようにMugenWiFiには様々なメリットがあり、他の人気レンタルWiFiサービスと比べても優れている点が多いです。

なおアドバンスプランであれば、機器がU2sではなくG4になるので、翻訳機能や充電機能が付いてきます。

そして今ならこのアドバンスプランが、格安プランと同様月額料金がずっと3,280円で利用できます。

そのためモバイルWiFiの利用を検討しているのであれば、今のうちにアドバンスプランに申し込みをしておくと非常にお得です。

mugenwifiのよくある質問

最後にMugenWiFiに関するよくある質問と答えについてまとめてみました。

他社と比べてなぜそんなに安いのでしょうか?
実店舗がないことによる人件費などの削減や、無駄な広告費用をかけていないことから、このような価格でのサービスの提供が実現できています。
申し込み後どれくらいで端末が届くのでしょうか?
端末の発送は最短即日で可能ですが、実際にそれが届くのは申し込んだ日からその翌日~3日程度になります。
申し込んだその日に使いたいのですが、店舗受け取りサービスはありますか?
2019年12月現在では今のところ店舗受け取りサービスは行っておらず、申し込みをしたその日に使うことはできません。
端末発送時の送料はかかりますか?
契約時の初回の端末発送時や、端末の初期不良による交換に関しては送料無料になります。端末の故障などによる新品端末との交換や解約時の端末の返却時に関しては送料が発生します。
本当に無制限で使えるんですか?
はい。ただし著しくネットワークを占有する程度の大容量通信があった場合は速度制限がかかり、約384Kbpsにまで速度が低下します。
初月の料金は日割りですか?
初月の料金は日割りではなく1カ月分(3,280円)での請求となります。
解約するにはどうすればよいですか?
公式サイトの「お問い合わせフォーム」から「お問い合わせ内容」の欄に解約したい旨をお伝えください。

まとめ

MugenWiFiは他のモバイルWiFiと比較してもコスパの面では最も優れていますし、クラウドWiFiならではの様々な利便性があります。

そのため通信速度は特に速くなくても問題がなく、価格重視で選ぶならMugenWiFiがおすすめです。

置くだけwifi決定版。wimaxとauとsoftbankとdocomoのホームルーター

固定回線のように工事・工事費不要ですぐさま自宅でインターネットが利用できる「置くだけwifi」。

このように簡単お手軽に自宅にネット環境を構築できることから人気が高まっている置くだけwifiですが、その中にも様々な種類のものがあり、どういったものを選ぶべきなのか迷うところです。

今回はそんな置くだけwifiの選び方や、おすすめの製品について紹介していきたいと思います。

どんなときもwifiについてはこちら

置くだけwifi比較!結論から言うとここがおすすめ!

置くだけwifi比較!結論から言うとここがおすすめ!

置くだけwifiの種類は主に4種類ある

ポケットwifiの家庭用版である置くだけwifiの中にも種類がありますが、大まかに分けると以下の4つのサービスがあります。

  • auスマートサポート(au)
  • WiMAX(UQWiMAXなど)
  • ソフトバンクエアー(ソフトバンク)
  • ドコモおくダケWi-Fi(ドコモ)

auスマートサポート(au)

auスマートサポート(au)

auスマートサポートは、サービス名こそauブランドとしているものの、そのサービス内容はWiMAXと同じ端末・回線を利用することになるので、中身はWiMAXとほぼ変わりません。

ただし他のWiMAX(WiMAXプロバイダ)とは違い、キャッシュバックなどのキャンペーンがなかったり、基本月額料金が高かったりするので、auで契約するならWiMAXの方で契約する方がお得です。

WiMAX(UQWiMAXなど)

WiMAX(UQWiMAXなど)

簡単に言えばauスマホユーザー向けの置くだけwifi(ポケットwifi)サービスです。家庭用で使うのであれば「ホームルーター」と称されるものが該当します。

特徴としては端末の性能が良いことから、比較的通信速度や安定性が良く、ユーザーによる口コミ・評判も良いです。

ただし料金やキャンペーンなどに関しては「UQWiMAX」など契約するプロバイダによって違ってくることから、WiMAX利用する際にはプロバイダ選びも重要になります。

おすすめプロバイダに関してはまた後で詳しく解説していますが、とりあえず代表的なプロバイダとして以下のものが挙げられます。

  • BroadWiMAX
  • カシモWiMAX

ソフトバンクエアー(ソフトバンク)

ソフトバンクエアー(ソフトバンク)

簡単に言えばソフトバンクスマホユーザー向けの置くだけwifiサービスです。

特徴としてはWiMAXよりも利用料金が安い反面、速度が微妙だったり夜間と言った時間帯には繋がりにくかったりと機能面で多少見劣りします。

ソフトバンクエアーも契約窓口などにより、料金やキャンペーン内容が変わりますが、これに関しては提携会社である「モバレコAir」が最もお得になります。

ドコモおくダケWi-Fi(ドコモ)

ドコモおくダケWi-Fi(ドコモ)

ドコモおくダケWi-Fiは、ドコモが提供する置くだけwifiサービスです。
ただしこのドコモの置くだけwifiサービスはあくまで法人向けであり、個人で利用するには向きません。

先に結論から言うとここがおすすめ!

このように置くだけwifiには主に4つの種類がありますが先に結論から言えば、auスマホを使っている場合はWiMAX、ソフトバンクスマホを使っている場合はソフトバンクエアー(モバレコAir)がおすすめです。

またそれ以外の携帯スマホを使っている場合は機能性重視ならWiMAXで価格重視ならソフトバンクエアー(モバレコAir)が良いでしょう。

利用しているスマホ おすすめの置くだけwifi
au WiMAX(カシモWiMAXなど)
Softbank ソフトバンクエアー(モバレコAir)
au・Softbank以外 ・機能性重視→WiMAX(カシモWiMAXなど)
・価格重視→ソフトバンクエアー(モバレコAir)

このように所持しているスマホのキャリアによって、WiMAXかソフトバンクエアー(モバレコAir)を選んでいくと良いです。

なぜ利用するスマホで選ぶの?

なぜ利用しているスマホで決めていくのかというと、例えばWiMAXならauスマホとのセット割引き、ソフトバンクエアー(モバレコ)ならSoftbankスマホとのセット割引がそれぞれ適用されるからです。

これらのセット割引はスマホの契約プランにもよりますが、月額で500円~1,000円程度の割引が利くので、これが適用されるか適用されないかで利用料金が大きく変わってくるんですね。

こうしたことから、auスマホならそのセット割が利くWiMAX、Softbankスマホならそのセット割が利くソフトバンクエアー(モバレコ)を選ぶのが基本になります。

置くだけwifiの各種項目徹底比較!auとdocomo とwimax とSoftbank(モバレコ)を比較

置くだけwifiの各種項目徹底比較!auとdocomo とwimax とSoftbank(モバレコ)を比較

おすすめの置くだけwifiは結論から言うとWiMAXかソフトバンクエアーの2択になるわけですが、各置くだけwifiのそれぞれのサービス内容を比べてみた場合、具体的にどういった違いがあるものなのでしょうか?

下記ではそれぞれの置くだけwifiにおいて、以下の各々の項目について徹底的に比較していきたいと思います。

  • 料金
  • 速度
  • 速度制限(月間データ量と制限の緩さ)
  • キャンペーン
  • 顧客満足度(口コミ・評判)
  • 解約違約金

置くだけwifiの料金比較!一番安いのはどこ?

置くだけwifiの料金比較!一番安いのはどこ?

まずは各置くだけwifiの料金について見ていきましょう。

ここではauとdocomoの他、WiMAXでは最安級のプロバイダとされる「カシモWiMAX」で契約した場合と、ソフトバンクエアーでは最も安くなる「モバレコAir」で契約した場合の料金について比較していきたいと思います。

※より正確に比較するため、ここでは基本料金に加えてキャンペーンも含めた総額の料金で比較していくことにします。

置くだけwifi 料金 キャンペーン 総額 実質月額
au 3,792円
(auスマホ割適用外の場合は4,880円)
なし 91,008円(2年) 3,792円
WiMAX(カシモWiMAX) ・初月~1カ月:1,380円
・2~24カ月:3,580円
・25カ月以降:4,079円
月額割引 130,368円(3年) 3,621円
SoftbankAir(モバレコAir) ・1カ月(初月)~2カ月:1,970円
・3~24か月:3,344円
・25カ月以降:4,880円
月額割引+28,000円キャッシュバック 166,628円(4年)
※総額からキャッシュバックを引いた額になります
3,471円
docomo -(法人向けサービスのため除外)

このようにキャンペーンを含めた総額の料金で比較した場合、基本料金が安くて高額キャッシュバックがあるモバレコAir(ソフトバンクエアー)が最もお得でした。

置くだけwifiの契約年数比較!最も縛りが少ないのは?

置くだけwifiの契約年数比較!最も縛りが少ないのは?

置くだけwifiにはそれぞれ最低契約年数というものが存在しており、途中で解約すると高額な解約違約金が発生する仕組みになっています。

契約期間に縛られたくなければ、なるべく最低契約年数が短くて済むサービスを選ぶと良いでしょう。

各置くだけwifiの契約期間は下記の通りです。

置くだけwifi 契約年数
auスマートサポート 2年
WiMAX 3年
SoftbankAir(モバレコAir) 2年(実質4年)

このように最も契約年数が短くて済むのはauの2年でした。

auの場合はスマホを持っているのであれば、割引が適用されてかなり安くなるので、auスマホユーザーであり契約年数にこだわる場合は、auスマートサポートで契約しても良いかもしれません。

SoftbankAir(モバレコAir)も2年契約じゃないの?

SoftbankAir(モバレコAir)も2年契約じゃないの?

SoftbankAir(モバレコAir)もauと同様に契約期間が2年で済みます。

しかしSoftbankAir(モバレコAir)の場合は、WiMAXのように端末代金が丸ごと無料になるのではなく、36回払いの分割払いで月に一度その代金を支払っていかなければ端末代金を無料にすることができません。

つまり端末残債金が無料になるまでには、最低でも36カ月以降は契約しなければなりません。

更に契約自体も2年ごとに更新されるので、36カ月で解約したとしても高額な解約金(9,500円)が発生してしまうことから、結局4年は契約しなければならなくなります。

そのためなるべく契約期間に縛られたくない場合だと、SoftbankAir(モバレコAir)を選ぶのはあまり得策ではありません。

ちなみに端末代金を分割ではなく一括購入にすれば、最低36か月以上も契約せずに済むと思われるかもしれません。

しかし一括購入にした場合は分割購入のように端末が実質無料にはならず、端末代金である58,320円をそのまま支払うことになってしまいます。

そのためSoftbankAir(モバレコAir)における端末代金の支払いは、一括購入ではなく分割購入にするのが基本です。

モバレコAirで解約違約金などなしに2年契約にする方法

モバレコAirで解約違約金などなしに2年契約にする方法

モバレコAirは料金が最安になる反面、契約期間は実質的には4年縛りとなるのがネックです。

しかし端末購入ではなく、端末レンタルで契約すれば端末の残債がなくなるので、なんと4年縛りではなく2年で契約可能です。

ただし端末レンタルの場合は「Airターミナルレンタル料金」として、通常の月額料金に490円が加算されるうえに、高額キャッシュバックキャンペーンが適用されなかったりするので、実質月額で言えばWiMAXの最安級プロバイダよりも若干割高になります。

以下はモバレコAirで端末購入ではなくレンタルした場合の料金になります。

月額料金 総額(2年) 実質月額
1カ月~2カ月 3カ月~12カ月 13カ月~24カ月
2,460円 3,834円 3,834円 89,268 3,719円

このように2年契約できる反面、レンタル料金が加算されることにより料金が少し割高になります。

ちなみにレンタルでの契約の場合、ソフトバンク携帯・スマホとのセット割引「おうち割」が適用外になるようなので、その点に関しても注意しておきたいところです。

置くだけwifiの速度比較!一番快適に使えるのは?

置くだけwifiの速度比較!一番快適に使えるのは?

次に置くだけwifiで重要なポイントとなる速度について比較してみましょう。

以下はそれぞれの置くだけwifiにおける最新端末での最大通信速度になります。

置くだけwifi 最大通信速度
下り(ダウンロード) 上り(アップロード)
au・WiMAX ・最大1Gbps(ハイスピードエリアモード)
・558Mbps(ハイスピードモード)
・75Mbps(ハイスピードエリアモード)
・30Mbps(ハイスピードエリアモード)
SoftbankAir(モバレコAir) ・962Mbps(一部エリア)
・481Mbps

WiMAX(au)は「Speed Wi-Fi HOME L02」、SoftbankAir(モバレコAir)は「Airターミナル4」での通信速度になります。

いずれにしろ一部通信モードやエリアで最大1Gbps近くになりますが、基本的には最大500Mbps程度になります。

最大通信速度と実測値は違う

ここで注意しておきたいのが、上記の数値はあくまで最大通信速度であり、実際に使った場合の実測値はまた違ってくるということです。

そのため最大通信速度だけでなく実測値の方も確認しておきたいところです。

以下ではWiMAXの「Speed Wi-Fi HOME L02」とSoftbankAirの「Airターミナル4」のそれぞれの実測値について、実際にユーザーがスピードテストを行った結果についてまとめてみました。

Speed Wi-Fi HOME L02の実測値

Speed Wi-Fi HOME L02の実測値


WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME L02の実測値に関しては、大体平均約20~50Mbps前後となるようです。

標準画質の動画を閲覧する程度なら、問題なく使えそうですね。

Airターミナル4の実測値

Airターミナル4の実測値

次にSoftbankAirのAirターミナル4の実測値を見ていきましょう。


SoftbankAirのAirターミナル4は利用するエリアなど環境により、通信速度にムラがあるようです。

また従来通り夜間などの利用が集中する時間帯では速度が低下すると多々言われています。

そのため夜のゴールデンタイムや休日など、回線が混雑すると思われる時間帯でも気兼ねなくネットを使いたい場合には注意が必要です。

結局通信速度で言えばどちらがいいの?

実測値も含めて考えた場合、SoftbankAirよりもWiMAXの方が夜間でも通信速度が速く、またその通信の安定性も高いと言われています。

このことから通信速度重視で考える場合は、SoftbankAirよりもWiMAXを選んだ方が良いでしょう。

置くだけwifiの速度制限比較!無制限で使えるのはどれ?

また置くだけwifiを利用する際に割と重要となる月間データ量や、速度制限の緩さはどのようになっているのでしょうか?

下記では各置くだけwifiにおける無制限プランで実質的に利用できる月間データ量と、速度制限がかかったときの緩さについてまとめてみました。

置くだけwifi 利用可能なデータ量の上限 制限後の速度
au・WiMAX 3日間で10GB以上 約1Mbps(翌日18時頃から翌々日2時頃)
SoftbankAir(モバレコAir) なし(利用が集中する時間帯で通信制限がかかる場合がある)

au・WiMAXの速度制限について

au・WiMAXの速度制限について

まずWiMAX・auの場合は、無制限プランであってもネットワーク混雑回避として、3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の合計データ量)のデータを使った場合は通信制限がかかってしまいます。

ただし通信制限がかけられたとしても概ね1Mbps程度の速度は出るため、Youtubeの標準画質の動画の再生なら難なくできたりします。

また通信制限がかけられる期間にしても、翌日18時頃から翌々日2時頃までと短い間に限られるので、WiMAX・auの通信制限は緩いです。

ちなみに3日間で10GB以上使うとなると、youtubeの標準画質の動画を、約35時間以上は閲覧する必要があり、基本的に上限オーバーすることはないので実質的には無制限であると言えます。

ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでであることに注意!

ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでであることに注意!

WiMAXの通信制限のことで一つ注意しておかなければならないのが、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線)の場合は、ギガ放題プランであっても月間7GBまでという上限があるということです。

ハイスピードプラスエリアモードは高速通信可能であることから便利ですが、月間における使用データ量が7GBを超えてしまった場合は、速度が128Kbpsにまで制限されてしまいます。

ちなみに128Kbpsというと、速さ的にはメールやSNSのやり取りですら困難なスピードでなり、ネットがほぼ使いものにならないような状態になります。

しかもこのハイスピードプラスエリアモードで受けた速度制限は、なんと月末まで続くというように非常に厳しい制限をかけられます。

そのためハイスピードプラスエリアモードを利用する場合は、7GBを超えないように注意しておく必要があります。

ソフトバンクエアーの速度制限について

ソフトバンクエアーの速度制限について

ソフトバンクエアーは基本的にデータ量無制限で使えます。

しかし夜間など利用が集中する時間帯には混雑を避けて回線を安定させるため、通信速度が制限されることがあります。


この速度制限ですが、利用するエリアによっては毎晩かかってくるようです。

ソフトバンクエアーでは一応表向きでは無制限で利用できるとしていますが、実際にはこのように夜間と言った時間帯や休日など、ユーザーが集中して利用すると思われるタイミングでは速度制限がされるのがネックになります。

結局速度制限の面から言えばどちらが良いの?

WiMAXとソフトバンクエアーのいずれにしても通信量無制限プランのように謳いつつ、実際にはそうではなかったりします。

ただ両者を比較してみた場合、やはり夜間などの回線が混雑すると思われる時間帯でもそれなりの通信速度で利用できるWiMAXの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。

置くだけwifiのキャンペーン比較!最もお得なのは?

置くだけwifiのキャンペーン比較!最もお得なのは?

料金の項目でも少し触れていますが、各置くだけwifiのキャンペーンを比較した場合、ざっくりまとめると下記の通りになります。

置くだけwifi キャンペーン キャンペーン充実度
auスマートサポート 特になし ×
WiMAX 月額割引orキャッシュバック
SoftbankAir 月額割引orキャッシュバック
モバレコAir(SoftbankAir) 月額割引+キャッシュバック

キャンペーンの充実度に関しては、月額割引に加えてキャッシュバック特典のあるモバレコAirが最も充実しています。

また上記の料金の項目でも触れた通り、基本料金とキャンペーンを含めた総額の費用で考えても、モバレコAir(ソフトバンクエアー)が最もお得になります。

置くだけwifiの顧客満足度比較!口コミ・評判が良いのはどこ?

置くだけwifiの顧客満足度比較!口コミ・評判が良いのはどこ?

各置くだけwifiにおける口コミ・評判など顧客満足度を比較した場合どのようになっているのでしょうか?

以下では某有名価格比較サイトにおける各置くだけwifiの最新機種「HOME L02(WiMAX)」と「Airターミナル 4(ソフトバンクエアー)」についての満足度です。

置くだけwifi 満足度
HOME L02(WiMAX) 4.25点(採点者10人)
Airターミナル 4(ソフトバンクエアー) 2.13点(採点者4人)

このようにユーザーの口コミ・評価で言えば、WiMAXの方が優れていました。

以下それぞれの具体的な口コミについて、参考になりそうなものをピックアップしてみました。

WiMAXの評判・口コミ

通信速度は光回線ほど安定感はないが良い

光回線ほどの通信の安定感はありませんが、それなりの速度は出ています。
デザインは近未来的。
コンセントに差し込むだけで使えるのでなかなか便利です。

この投稿をInstagramで見る

 

#ホームルーター ホームルーターを買い換えました! フレッツ光 ×OCN →WiMAX×Broad WiMAXに👏 フレッツ光のホームルーターは、 ケーブルもたくさんあって、 なおかつ2台もルーター?があって、 指定された場所でしか接続できなくて… 見た目もごちゃごちゃするし、 接続場所から遠いところは 常に通信環境良くないしで 困ってました🥺💦 WiMAXのホームルーター 「speedwifihome L02」は コンセントさえ挿すところがあれば どこでも🔌って感じで素晴らしい〜〜🎊🎊 見た目のスッキリ具合が違う…! 通信環境も今のところ問題なし🤗 #コード収納 の前に コードが多くない商品を選ぶべし〜🙆‍♀️ #通信費 もちょっとだけ 低くなるんだよね。嬉しい😊 —– #Wimax #ワイマックス #broadwimax #ブロードワイマックス #speedwifihome #フレッツ光 #ocn #乗り換え #wifi #와이파이 #라우터 #와이파이증폭기 #シンプルライフ #シンプルな暮らし #通信環境 #通信費節約 #物を減らす #スッキリ暮らす

emiさん(@gtbb250)がシェアした投稿 –


WiMAXの場合は顧客満足度も高く、総じて口コミでの評判も良いです。

内容的には「工事なしですぐに使える」など置くだけwifiならではのメリットが好評なのはもちろん、料金が少し安くなるといったことや、その見た目・デザインにおいて良いという声が多かったです。

サポート面に関しては契約するWiMAXプロバイダで異なるようですが、UQWiMAXといった料金が割高になるところだとサポートの質が良く、安いところだとあまり良くない傾向にあるようです。

ソフトバンクエアーの評判・口コミ

相変わらず夜間は速度が出ない

Airターミナル 4になってからも相変わらず夜間は5Mbps程度しか速度がでません。
昼間などはそれなりに速度出ますが、普段はそのような時間帯で使わないのであまり意味がありません。


ソフトバンクエアーの場合は、WiMAXと比べてもあまり評価は高くなく、夜間などの回線が混み合う時間帯で速度が遅くなることや、サポートがあまり良くないという意見が少なからずありました。

置くだけwifi顧客満足度比較まとめ

口コミ・評判の良さで言えば、ソフトバンクエアーよりもWiMAXの方が、主に通信速度やその安定性、サポート面、端末のデザイン性などにおいて良いという結果になりました。

置くだけwifiの解約違約金比較!安いのはどこ?

置くだけwifiの解約違約金比較!安いのはどこ?

途中で解約することも想定するのであれば、途中解約をしたことによって発生する各置くだけwifiの解約違約金についても抑えておきたいところです。

各置くだけwifiの解約違約金を比較した場合、下記の通りになります。

置くだけwifi 解約違約金
au 一律9,500円
WiMAX※ ・0カ月目~12ヶ月目:19,000円
・13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
・25ヶ月目~36ヶ月目:9,500円
SoftbankAir 一律9,500円+端末残債金

※WiMAXの解約違約金は契約するWiMAXプロバイダにもよりますが、上記のように大体は共通して1年目は19,000円、2年目は14,000円、3年目以降は一律9,500円になります。

WiMAXは料金が安かったりキャンペーンが充実していたりする分、契約途中で解約した際の解約金が高くついてしまうので注意が必要です。

ソフトバンクエアーは端末残債金加算でとにかく高い!

またSoftbankAirに関しては、解約金9,500円のほかにも端末の残債を支払わなければなりません。

ソフトバンクエアーで途中解約する際の、各解約するタイミングにおける解約金+端末残債金の具体的な合計金額に関しては下記の通りになります。

解約するタイミング 解約金 端末残債金 解約時にかかる合計金額
1年目(12ヶ月目) 9,500円 38,800円 48,380円
2年目(24ヶ月目) 0円(契約更新月) 18,000円 18,000円
3年目(36ヶ月目) 9,500円 0円 9,500円
4年目(48ヶ月目) 0円(契約更新月) 0円 0円

特に契約してからさほど経っていないタイミングで解約してしまうと、解約時にかかる違約金が非常に高額になるので注意が必要です。

例えば1年目に解約する場合は、解約金9,500円に加えて端末残債金である38,800円がかかるので、合計48,380円になります。

これはWiMAXの1年目の解約金ですら比べ物にならないくらい高いので気を付けておきたいところですね。

各置くだけwifiを最もお得に契約する方法は?

各置くだけwifiを最もお得に契約する方法は?

WiMAXやソフトバンクエアーの場合は、契約するプロバイダや代理店などによって基本料金やキャンペーン内容が違ってきます。

そのためWiMAXやソフトバンクエアーを契約する際には、最もお得になる契約方法についてぜひ知っておくと良いでしょう。

WiMAXを最もお得に契約する方法は?

WiMAXを最もお得に契約する方法は?

WiMAXの場合はUQWiMAXをはじめ様々なWiMAXプロバイダが存在しており、各々で料金やキャンペーン内容が変わってきます。

しかしどのプロバイダにしても共通して同じWiMAX回線を利用しているので、対応エリアや通信速度・繋がりやすさなどといった回線品質は基本的にどこも変わりません。

そのためWiMAXプロバイダ選びに関しては、安さを重視する場合だと基本料金が割安なのはもちろんキャンペーンも充実しているようなところを選ぶと良いでしょう。

ただし本家であるUQWiMAXの場合は、料金が高い反面下記のようなメリットがあります。

  • サポートが充実している
  • 最低利用期間が2年からと契約による縛りが短めである

このことから料金の安さよりもサポートの品質や契約縛りの短さを重視する場合は、本家のUQWiMAXで契約すると良いでしょう。

WiMAXプロバイダの中でも一番安いのはどこ?

本家のUQWiMAX(MNO)とは別に色々なWiMAXプロバイダ(MVNO)があるわけですが、そのプロバイダの中ではどこが一番安くてお得なのでしょうか?

以下ではWiMAXプロバイダの中でも最安級のところの料金とキャンペーンを含めた総額の料金比較表になります。

wimaxプロバイダ 月額料金 キャンペーン特典 総額(3年) 実質月額
初月 1~2カ月 3~24カ月 25カ月以降
カシモwimax 0円 ・1,380円(1カ月目)
・3,480円(2カ月目)
3,480円 4,079円 月額割引 130,368円 3,621円
GMOとくとくBB 3,609円の日割り計算 3,609円 4,263円 4,263円 30,550円キャッシュバック 121,610円 3,378円~
Broad wimax 2,726円の日割り計算 2,726円 3,411円 4,011円 月額割引 128,626円 3,572円~
@nifty wimax 0円 3,670円 4,350円 4,350円 なし(※2019年10月現在) 143,550円 3,987円
BIGLOBE wimax 0円 3,345円 4,030円 4,380円 月額割引 143,880円 3,996円
UQwimax(本家) 日割り計算 3,696円 4,380円 4,380円 ・HOME 01:13,000円
・HOME L02:3,000円
145,920円(キャッシュバックはL02の場合で算出) 4,053円

※初期費用はUQWiMAXが3,800円、それのプロバイダ以外は共通で3,000円になります。

※総額金額には初月の日割り計算の分を除外しています。

このように実質的な総額料金で比べた場合、初月に何日利用したかにもよりますが大体下記のプロバイダが最も安い部類になります。

  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • BroadWiMAX

結局どのWiMAXプロバイダが良いの?

料金の安さで言えばGMOとくとくBBが最安になりますが、GMOの場合は現在キャッシュバックキャンペーンしか実施していないのであまりおすすめできません。

理由としてはGMOのキャッシュバックキャンペーンだと、キャッシュバックの受け取りが1年後になるうえに受け取り手続きが難しく、キャッシュバックをもらい損ねる可能性が少なからずあるからです。

反面月額料金割引キャンペーンを実施しているプロバイダだと、こうしたキャッシュバックの受け取り手続きを忘れたのでもらい損ねるということがありません。

しかもGMOの場合は途中解約時の解約違約金が高く、1ヶ月目~24ヶ月目までの間で解約した場合は24,800円もかかります。

そのため確実にお得に契約したいのであれば、月額料金割引キャンペーンを行っており基本料金最安級の「カシモWiMAX」か「BroadWiMAX」がおすすめです。

カシモWiMAXで契約申し込みする方法

カシモWiMAXでホームルーターを契約する場合は、カシモwimax公式WEBサイト上から簡単に申し込みが可能です。

カシモwimaxの予約申し込み手順①

申し込みをする際は、カシモwimax公式WEBサイトトップページ右上の「今すぐ申し込む」から行うことができます。

カシモWiMAでの申し込み方法(機種選択)

 

「ご契約内容の選択」で、契約プランや機種などを選択していきます。

置くだけwifiなので機種に関しては据え置き型の「L02」か「HOME01」のいずれかを選びます。

オプション2つに関しては加入していなくてもさほど問題はありません。特に「スマートシネマwith U-NEXT」は他の動画最新サービスを利用している場合だと加入不要です。

すべて選択したら一番下の「お客様情報入力へ進む」をクリックします。

カシモwimaxの予約申し込み手順③

「お客様情報入力」画面で、名前などの必要情報を入力し、下にある規約にチェックを入れて次に進みます。

カシモWiMAでの申し込み方法(契約内容確認)

契約内容を確認します。内容に誤りなどなく問題なければ「お支払い情報に進む」に進みます。

カシモwimaxの予約申し込み手順⑥

クレジットカード情報を入力すると申し込み手続きは完了です。

そして後日端末が送られてくるので、簡単な初期設定をすれば届いたその日にネットが使えるようになります。

ソフトバンクエアーを最もお得に契約する方法は?

ソフトバンクエアーを最もお得に契約する方法は?

ソフトバンクエアーを最もお得に契約するには、高額キャッシュバックキャンペーン特典のある代理店(申し込み窓口)から申し込むのが推奨されています。

しかし最近ではソフトバンクエアーと全く同じ機種・回線でありながら、本家よりも安く利用できるという「モバレコAir」といったサービスが登場しました。

ちなみにモバレコAirは運営会社がソフトバンクではなく、「株式会社グッド・ラック」という企業で、レンタルwifiサービス「どんなときもwfi」を運営していることでも知られています。

そして肝心の料金についてですが、ソフトバンクエアーを優良かつ高額キャッシュバックの受けられる代理店で申し込む場合と、モバレコで申し込む場合の料金・キャンペーンを比較した場合下記の通りになります。

契約方法 料金 キャンペーン 2年間の総額
ソフトバンクエアー(代理店エヌズカンパニー ・1〜12ヶ月:3,800円
・13〜24ヶ月:4,880円
キャッシュバック35,000円 69,160円
モバレコAir ・1〜2ヶ月:1,970円
・3〜24ヶ月:3,344円
キャッシュバック28,000円 49,508円

2年以降はいずれも基本月額料金が共通して4,880円になるので、ソフトバンクエアーを最も良いとされる代理店で契約した場合と、モバレコAirを契約した場合とでは、断然モバレコAirの方がお得です。

そのためソフトバンクエアーを利用する場合は、モバレコAirで契約するのがおすすめです。

モバレコで契約申し込みする方法

モバレコで契約申し込みする方法

モバレコAirの申し込み手順①

まずはモバレコAirキャンペーンページ(https://air-mobareco-asp.jp/)にアクセスし、「お申込みする」をクリックします。(※このページから申し込みをしなければ高額キャッシュバックが受け取れません)

モバレコAirの申し込み手順②

「購入方法」の画面に移るので、そこで「購入」「割賦払い」と選択します。

購入ではなくレンタルを選んだ場合は、キャッシュバックが適用外となります。

割賦払いではなく一括払いを選んだ場合は、割賦払いのように3年以上契約することで端末代金を無料にすることができなくなり、高額な端末代金を支払うだけになるので注意が必要です。

その後「Airターミナル購入契約申込書」をクリックして内容確認後、「購入契約に同意する」をクリックします。

あとは「ご利用中のインターネット」を選択し、「STEP2へ」をクリックします。

モバレコAirの申し込み手順③

「情報入力」の画面に移るので、そこで名前を始め必要となる情報を入力していきます。

すべて記入し終えたら、必要なら重要説明事項にも目を通したうえで「内容に同意して次へ」をクリックします。

モバレコAirの申し込み手順④

「アップロード」の画面に移るので、そこで運転免許証などの本人確認書類の画像を撮影したファイルをアップロードします。

アップロードが終わったら「上記内容で申込」をクリックします。

あとは支払い方法の登録を済ますことで申し込み完了です。

モバレコAirのキャッシュバック受け取り条件について

モバレコAirのキャッシュバック受け取り条件について

モバレコAirのキャッシュバック受け取り条件は下記の通りです。

  • 24カ月利用を約束できる場合
  • 利用料支払い情報登録を申し込みから7日以内に済ませた場合
  • キャッシュバック申請メールに記載されてある登録期間中に受け取り手続きを済ませた場合

以上の条件を満たせば、最短翌月末現金28,000円がキャッシュバックされます。

各置くだけwifiの機種・端末はどれを選べば良いの?

各置くだけwifiにはそれぞれ古いものから新しいものまで色々な機種・端末がありますが、一体どういったものを選んでいけばよいのでしょうか?

ここからはWiMAXとソフトバンクエアーのそれぞれの機種の性能差を比較し、どのように違っているのかについてや、どういった端末がおすすめなのかについて触れていきたいと思います。

wimaxの機種はどれがいいの?

WiMAXの置くだけwifi(ホームルーター)には、主に下記の3つの種類があります。

  • Speed Wi-Fi HOME L02 
  • WiMAX HOME 01
  • Speed Wi-Fi HOME L01s

それぞれの性能の比較表は下記の通りです。

機種名 Speed Wi-Fi HOME L02 WiMAX HOME 01 Speed Wi-Fi HOME L01s
見た目・デザイン
最大通信速度(下り) 867Mbps 440Mbps 440Mbps
最大通信速度(上り) 75Mbps 75Mbps 30Mbps
最大接続台数 42台 22台 42台
WiFi対応接続方式 IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
回線の種類 WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
重さ 約436g 約338g 約450g
サイズ(HxWxD) 約178×93×93mm 約155×70×100mm 約180×93×93mm
WiMAXハイパワー × ×
ビームフォーミング ×
NFCタッチ接続 × ×
スマホ確認・設定 ×(確認は可能)
簡単引越し ×
メーカー HUAWEI NECプラットフォームズ HUAWEI

最大通信速度で見ればL02がダントツで優れていますが、これはハイスピードプラスエリアモードでかつ一部のエリアでの話になり、実測値で考えた場合は上記3種類でさほど差がないと考えても問題ありません。

ただ通信速度やwifi強度などの基本スペックと機能の多さから、L02かHOME01のいずれかがおすすめです。

L02とHOME01のそれぞれの主な特徴としては、L02が最大同時接続台数が42台と多い反面若干大きくて重量があるのに対し、HOME01は最大同時接続台数が22台と少ない反面コンパクトであり省スペース性に優れます。

そのため大まかに言えばL02は家族向き、HOME01は一人暮らしの場合に向いていると言えます。

ソフトバンクエアーの機種はどれがいいの?

ソフトバンクエアーの機種は、主に下記の4つの種類があります。

  • Airターミナル4
  • Airターミナル3
  • Airターミナル2
  • Airターミナル

それぞれの性能の比較表は下記の通りです。

機種名 Airターミナル4 Airターミナル3 Airターミナル2 Airターミナル
最大通信速度(下り) 481Mbps
(一部エリアで962Mbps)
350Mbps 261Mbps 110Mbps
最大接続台数 64台 64台 64台 32台
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
IEEE 802.11a/b/g/n
最大300Mbps
通信方式 4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz) 4G方式:AXGP(2.5GHz)
サイズ(HxWxD) 約225x103x103mm 約208x95x95mm 約208x95x95mm 約261x220x64mm
重さ ・本体:約 635g
・アダプタ:約 197g
・本体:約 550g
・アダプタ:約 197g
・本体約550g
・アダプタ:約 197g
・本体:約 610g
・アダプタ:約 185g

ソフトバンクエアーの場合は機種に関係なく料金が同じなため、選ぶなら最も通信速度などのスペックに優れている「Airターミナル4」が断然おすすめです。

そもそも置くだけwifiとは?

そもそも置くだけwifiとは、工事不要で自宅にwifi環境を作れるというサービスです。

文字通りwifiルーターを置くだけでネットが使えてしまいますが、固定回線とは少し違った特徴(メリット・デメリット)があります。

そのため置くだけwifiの利用を検討している場合は、そのメリット・デメリットについてや、固定回線などとはどう違うのかについて把握してから、契約するかどうか判断するようにしておくと良いでしょう。

置くだけwifiのメリット

置くだけwifiのメリット

置くだけwifiのメリットとしては、主に下記のようなことが挙げられます。

  • 工事が不要ですぐにネットが使えるようになる
  • 工事費が発生しない
  • 配線がスッキリする
  • 旅行先でも利用可能
  • 引越しする際に非常に楽
  • 単身などであれば光回線よりも料金が安い

工事が不要ですぐにネットが使えるようになる

工事が不要ですぐにネットが使えるようになる

置くだけwifiの最大のメリットは、何といっても光回線のように工事をすることなくすぐにネットが使えるようになるということです。

例えば光回線の場合、基本的には自宅への回線引き込み工事を行う必要があるため、契約してから回線が開通するまでには約2週間~1カ月程度かかります。

またマンションであれば管理会社の許可が必要であったり、設置場所の打ち合わせなどで開通までに更に長い期間を要することも考えられます。

当然工事は基本的に立ち合いが必要なので、工事日には自宅に居なければならなかったりします。

このように光回線の場合だと工事が必要なため、開通までにある程度の期間を要するうえに面倒だったりします。

一方で置くだけwifiの場合は、送られてきたルーターを設置するだけなので、非常に簡単かつすぐにネットを利用できるようになるのが魅力的です。

工事費が発生しない

また置くだけwifiは工事が不要なため、光回線のような工事費というものが発生しません。

光回線でもキャンペーンにより工事費が無料になるところは多いですが、実質工事費をタダにするにはある程度の期間は契約し続けなければならなかったりします。

しかし置くだけwifiの場合は工事不要により、完全に工事費が無料になるのもメリットです。

配線がスッキリする

置くだけwifiの場合は、コンセントに挿すだけで使えるので、固定回線のように配線がごちゃごちゃせずスッキリします。

またコンセントを差し替えるだけで端末本体を持ち運べるので、電波が届きにくかったら別の部屋に簡単に移動させることができるというように便利に使えます。

旅行先でも利用可能

置くだけwifiはキャンプなど旅行先に持ち運べば、その滞在先でもネットを使うことができます。

当然wifiが届く範囲内であれば、家族や友人たちも一緒にその回線を利用することができます。

ソフトバンクエアーは持ち運び不可な点に注意!

置くだけwifiでもソフトバンクエアーの場合は、持ち運びが禁止されているため旅行先などで使うことができません。

もし万が一利用した場合は、強制解約になる可能性もあるので注意が必要です。

引越しする際に非常に楽

引越しをする際に置くだけwifiの場合は、工事不要で新居先でもすぐに使えます。

また光回線のように、旧居で使っていた回線業者が新居ではエリア外である場合、元々使っていた回線業者は解約し、新居で利用予定の回線業者と契約を行うと言った面倒な手続きも一切必要がありません。

置くだけwifiの引越し手続きはWEB上ですぐに行うことができます。

ルーター端末自体も軽くてコンパクトで持ち運びやすいので、引越しをする機会が多い場合には大変適しています。

場合によっては光回線よりも料金が安い

また置くだけwifiは、場合によっては光回線と比べて料金が安くなります。

ちなみに置くだけwifiと各光回線業者の月額料金を比較した場合下記の通りになります。

区分 回線 月額料金
置くだけwifi WiMAX 約3,500円
ソフトバンクエアー 約3,500円
光回線 auひかり ・戸建て:5,100円
・マンション:3,800円
nuro光 ・戸建て:4,743円
・マンション:4,743円
ソフトバンク光 ・戸建て:5,200円
・マンション:3,800円
ドコモ光 ・戸建て:5,200円
・マンション:4,000円

このように月額料金だけで見た場合は、置くだけwifiの基本月額料金の方が安いです。

ただし光回線の場合は月額割引やキャッシュバックなどのキャンペーン特典があったり、置くだけwifiと同様にスマホ割引が適用されます。

そのため実質月額料金的には、マンションだと光回線の方が安いですが、戸建だと若干置くだけwifiの方が安くなります。(WiMAXの場合はスマホ割引の関係上、居住人数が多ければ光回線の方がお得になったりします)

置くだけwifiのデメリット

置くだけwifiのデメリット

逆に置くだけwifiのデメリットとしては、主に下記のようなことが挙げられます。

  • 光回線よりも通信速度が遅くて安定性も低い
  • データ利用量の上限や速度制限がある
  • WiMAXの場合はスマホ割が一人しか適用されない

光回線よりも通信速度が遅くて安定性も低い

置くだけwifiの最大のデメリットは、光回線に比べると通信速度が遅く、その通信の安定性も低いという点です。

光回線の場合は回線を直接自宅まで引き込んでいる分、置くだけwifiに比べて通信速度や安定性が優れているんですね。

PING値に関しても光回線と比べればかなり劣るので、FPSなど対戦型のオンラインゲームや高画質の動画を閲覧する場合、置くだけwifiは向きません。

データ利用量の上限や速度制限がある

また置くだけwifiのデメリットとして次に挙げられるのが、「ギガ放題プラン」などのデータ無制限で利用できそうなプランであっても、実際にはデータの利用量に上限があったり、時間帯によって速度制限がかけられることがあるということです。

置くだけwifiの場合はこのような制限があるので、この点から考えてもオンラインゲームをしたり大容量のデータをやり取りしたい場合など、とにかくデータ容量気にせず使いたい場合には適しません。

WiMAXの場合はスマホ割が一人しか適用されない

置くだけwifiの中でもWiMAXの場合は、auひかりなどの光回線とは違ってスマホ割が一人しか適用されません。

そのため家族でauスマホを使っている場合は、auひかりなどauスマホとのセット割引が家族の人数分利く光回線を契約したほうがお得になります。

なおソフトバンクエアーの場合は、そのスマホ割である「おうち割光セット」が一人だけでなく家族全員に対して適用されるため、戸建てで家族で住んでいる場合でも光回線よりお得です。

まとめ

結局置くだけwifiを選ぶ場合、auスマホならWiMAX(プロバイダはカシモWiMAXやBroadWiMAXなど)、ソフトバンクスマホならモバレコAirがおすすめです。

また利用する携帯・スマホのキャリアがau・ソフトバンク以外である場合は、機能性重視だとWiMAX、価格重視だとモバレコAirを選んでいくと良いでしょう。

 

 

縛りなしwifiの評判と口コミの料金。届かないという噂はマジ?

縛りなしWiFiの口コミをチェック

一度契約したら、2年あるいは3年は解約するときに高額の解約金がかかるという「縛り」ですが、今、この縛りがなくなりつつあります。スマホだけでなく、WiFiにもその波が来ていて、縛りなしのWiFiも出てきています。それが「縛りなしWiFi」です。とても分かりやすい名前ですよね。

縛りなしWiFiの評判や口コミ、そして、電波が届かないという噂は本当なのでしょうか。

縛りなしwifiの公式サイトは以下からどうぞ。

縛りなしwifi

縛りなしwifiについては以下からどうぞ。

どんなときもwifi はこちら

縛りなしWiFiの口コミをチェック

縛りなしWiFiの口コミをチェック

縛りなしWiFiを利用している人の口コミをチェックしてみましょう。どんな口コミがあるのでしょうか。

縛りなしWiFiを使いたいけど気になるけど、どんな感じなのか解らないという方もまずは口コミをチェックしてみましょう。口コミではどんな評価をされているのでしょうか。

 

縛りなしWiFiにしてみたんだけど、普通にちゃんとつながるし、いい感じ。通信速度も問題ないし、動画もゲームもさくさくいける。ルーターがレンタルで、縛りなしってのがすごくいい感じ。いつでも解約できるWiFiが欲しかったからちょうど良かった。

縛りなしで契約できるのが、縛りなしWiFiの大きな魅力です。いまだけ欲しいとか、短い期間だけ使いたい…という場合でも気軽に利用できるのでとても便利です。いつでも解約できるWiFiがほしいという方にはオススメです。

 

縛りなしWiFiは、いろいろと悪いうわさもあるようすが、実際に使っている人からはそれほど悪い口コミはないようです。1日2GBまで使えますし、解約もいつでもできるので気軽さが一番の魅力です。電波やエリアに関しても、それほど悪い評価ばかりではないようです。実際に使ってみると「意外といい」という人が多いようです。まだ、知名度が低いWiFiなので、悪い噂もありますが、実際に使ってみるとなかなかよいようです。

縛りなしWiFiなにげによい。家を引っ越すまでの短い間だけ使えるWiFiが欲しかったけど、持ち運びもできるし、全然いい感じ。このまま契約していようかと悩み中。ちなみに私の場合は、つながりにくいとか、そういうことは今のところ一度もありません。YouTubeも見れるし、ゲームアプリのダウンロードもさくさくいけちゃう。

心配している人も多い「速度」ですが、利用している人の意見では特に問題がないようです。ゲームやアプリ、動画などもさくさく見れているようです。つながりにくさに関しては、場所などにもよりますが、満足しているという方も多いようです。

縛りなしWiFiは、発想にレターパックを使用しているようです。この気軽さを良いと思うかは個人差がありますが、悪い受け止めをしている方はあまりいないようです。返送の際にも追跡番号がある方法であればOKです。

縛りなしWiFi、なんか胡散臭いなと思ってたんだけど、使ってみたら悪くない。外出先でも使えるし、電波も悪くないし、これはいいよ。オススメできる、あとは、怪しいと思っていたけど、ぜんぜんよかった。

縛りなしWiFiのルーターは持ちは語尾ができるルーターなので、外出先でWiFiを使いたいという方にもオススメです。電波の強さに関しても問題ないという口コミですし、悪くないようです。電波が気になるという場合は、個別にチェックしていきましょう。

縛りなしWiFiって、最初、なんなのかよく解らないと思ってたけど、使ってみたらよかった。出先でもWifiを持ち歩こうかなと思って契約したけど、電波も悪くないし使いやすいし。速度も出てるし動きもいいし、便利。スマホを自由に使えるっていいね。

縛りなしWiFiに関しては、速度や電波の問題がどうしても気になるという方がいらっしゃるようですが、口コミをみている限りではそれほど悪くないようです。もちろん、場所にもよると思うのですが、電波が悪くて使えないという話しばかりではないようです。

スマホを使う時に、通信制限を気にしているとどうしてもスマホを使っていても楽しくないですよね。縛りなしWiFiがあれば、気にせずにWiFiを使えます。

縛りなしWiFiを契約したけど、レターパックで送られてきた。ソフトバンクのWiFiで、使い方は簡単だし悪くなかった。なんか怪しい会社かと思ってけど、対応も悪くないし、なにより安い!!縛りなしで解約できるのがいい。2年も使うか解らないしってときにもいいね。

縛りなしWiFiはレターパックで送られてくるようです。聞いたことがあるけど不安と言う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、実際に契約してみると対応がよかったという方もいらっしゃるようです。縛りなしWiFiはまだ、新しい会社のようですが、今からメジャーになっていくかもしれませんね。

 

縛りなしWiFi使ってるけど、2GB制限ならぜんぜん足りるしいい感じ。2GBあれば、スマホの法のWiFiで通信をほとんどしなくなった。スマホのほうの料金が安くなったし、動画もたくさん見れて快適そのもの。田舎住みだけど、電波も問題ないし速度も満足してる。

縛りなしWiFiは、1日2GBの通信制制限があります。通信制限と聞くと嫌な気持ちがしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、1日で2GB使えれば余程のボリュームの通信をつしない限り大丈夫です。2GB×30日と考えると、月に60GB使えるわけですから、かなりの量の通信ができます。

一日中、動画を見ている・・・というわけでもない限り、通信制限は気にしなくてもよさそうです。

 

そして、縛りなしWiFiの悪い口コミもチェックしてみましょう。

縛りなしWiFiには、1日2GBの制限があるので、これを超えると通信制限がかかって通信速度が遅くなります。もちろん、翌日になると通信速度が戻ります。1日2GBで足りないという人には向いていませんが、その枠内で収まっているという場合には問題なく利用できるWiFiです。1日で2GBというとかなりの分量になるので、余程のヘビーユーザーでなければ大丈夫といっていいでしょう。

縛りなしWiFi使ってるけど、通信速度は悪くないけど、エリアが狭くて使えないし、しょっちゅう圏外でイライラする。持ち運びでは使えないって言うのが、感想かな。もちろん、家で固定で使うならありだけど、それだったら、1日2GBじゃたりない。

縛りなしWiFiのルーターは、持ち運びができるものですがエリアがあるので持ち運んだ先でずっと使えると保障されているわけではありません。もちろん、エリアに関しては個別に確認する必要があります。

持ち運びで電波が届きにくい場所に行くのであれば、エリアを確認してから契約したほうがいいかもしれません。都会でも場所によっては電波が入りづらいところもありますので、そのあたりは確かのないものです。縛りなしWiFiは、ソフトバンクかWiMAXのルーターなので、縛りがある契約で契約をしても電波が変わるわけではありません。ですので、縛りなしWiFiだから電波が弱いとか、エリアが狭いというわけではありません。

縛りがなしWiFiって気になってるんだけど、聞いたことない会社だし不安で躊躇してるんだよね。2年前にできた会社みたいで大丈夫なの…。っておもうけど、縛りなしの契約は魅力すぎる。どうしよう・・・。大丈夫なのかな。縛りなしWiFi。

縛りなしWiFiは日本の会社が運営しているので、怪しいものではありません。縛りなしWiFiの運営会社は2年前に設立されていて、まだまだ知名度は高くありません。ですが、スマホなども2年縛りが問題になっていますし、これからどんどんメジャーになっていくWiFiのレンタル会社といっていいでしょう。

 

縛りなしWiFiで契約したけど、電波弱いし、対応もなんか微妙すぎる。やっぱの大手の方がよかったのかな。。。まぁ、縛りがないから試しに契約してもいいよね。解約金で2万とかになることもあるっていうし、それだったら縛りなしWiFiならリスクは少ない気はしている。電波の強さとエリアが気になっているんだよね。

縛りなしWiFiはソフトバンクかWiMAXのルーターです。ですので、縛りなしWiFiだから電波が弱いということはありません。機材をレンタルしているので、縛りなしWiFiだから電波が弱いとかエリアが狭いということではないので安心して大丈夫です。

解約金が発生するタイプの契約だと、すぐに解約が出来ないのですが、縛りなしWiFiならすぐに解約ができるので「リスク」は低めです。

いつでも解約できるWiFiというのが、縛りなしWiFiの最大の魅力です。

 

縛りなしWiFi契約したけど、通信速度が制限されて「はぁ?」って感じになっているんだ。通信速度が制限されるくらいなら、契約しなかった。最悪。

縛りなしWiFiは、1日2GBの通信速度制限があります。翌日になると戻りますので、大丈夫ではありますが、1日2GBで足りないという方には向かないかもしれません。縛りなしWiFiは、解約金がかからない+1日2GBの大ボリュームの通信ができるのが魅力です。その使い方に魅力を感じられるという方に向いているWiFiです。

縛りなしWiFiは電波が届かないってマジ?

縛りなしWiFiは電波が届かないってマジ

縛りなしWiFiの縛りなしプランには、契約期間の縛りがないので、いつ解約しても違約金がかからないのが魅力です。ですが、魅力がある反面、一部のユーザーや噂のレベルで「電波繋がらない」という話しもちらほら耳にします。

縛りなしWiFiは、ソフトバンクかWiMAXのルーターと電波なので、縛りなしWiFiはだから電波がつながらないということはないと言っていいでしょう。

もちろん、エリアはありますが実際に縛りなしWiFiだから電波がこないとか速度がでないというものではないといっていいでしょう。電波に関してはエリアを確認する必要がありますが、ソフトバンクもWiMAXも電波が悪いと言われているわけではありません。

 

縛りなしWiFiのスペックと料金プラン

縛りなしWiFiのスペックと料金プラン

縛りなしWiFiの詳細
初期費用 0円
月額料金 2,800円から3,300円
配送料 0円
発送までの期間 最短即日
最短契約日数 実質1ヶ月(縛っちゃうプランの場合は3年間)
通信速度 150~612Mbps ※端末による
取扱端末 603HW,W04,WX05,502HW
支払い方法 クレジットカードのみ VISA/ JCB/ MasterCard/ AMERICANEXPRESS/ DinersClub

縛りなしWiFiは、端末はレンタルですので端末代は掛かりません。その分、毎月の使用量が安くなっているというわけです。買取ではないので、解約時には端末を返却する必要があります。

そして、縛りなしWiFiには2つの料金プランが用意されています。

プラン 通常プラン 縛っちゃうプラン
月額料金 3,300円 2,800円
3年間の支払い金額のトータル 118,800円 100,800円
縛りの期間 なし 3年
端末の種類 603HW,W04,WX05,502HW 601HW

縛りなしWi-Fiですが、敢えて3年縛りにして支払金額を安くするという方法もあります。長期間使用し続けるなら、縛っちゃうプランの方がお得です。

縛りなしWi-Fiではオプションとして

  • 安心サポートプラン加入:月額500円(税抜)/1台
  • モバイルバッテリーレンタル:月額300円(税抜)/1台
  • 過失での端末故障、紛失、水没のカバー:39,800円(税抜)
    ※安心サポートプランに加入していれば10,000円(税抜)に割引

を選択できます。端末の送料は無料です。

 

支払い期限は

  • 初月日割り料金は出荷前の決済
  • 月額料金は毎月27日の決済

です。使用できるクレジットカードは、VISA/ JCB/ MasterCard/ AMERICANEXPRESS/ DinersClubとなっており、デビットカードは使用できません。

申し込み内容に不備がある場合や、1ヶ月以上連絡がつかない場合には、申し込みがキャンセルされることがあるので注意しましょう。

 

縛りなしWiFiのキャンセル

縛りなしWiFiのキャンセル

縛りなしWiFiは、申し込みをしても出荷前であればキャンセルが可能です。また、届いたWiFiが振不良品だった場合は、無償交換となります。

解約する場合は、縛りなしプランの場合は問い合わせフォームから解約の申し込みをすればOKです。解約後に、WiFi端末とUSBケーブルを5日以内に縛りなしWi-Fiに返送すれば解約完了です。

縛っちゃうプランの場合も問い合わせフォームからの申し込みで解約手続きができますが、契約期間中に解約をするという場合は15,000円(税抜)の契約解除料がかかります。また、契約の残り月数×1,200円の端末代金も請求されるので注意しましょう。

またどちらのプランでも、端末の返送かかる費用は契約者持ちです。

縛りなしWiFiに通信制限はあるの?

縛りなしWiFiに通信制限はあるの

通信速度制限は1日で2GBとなっています。1日2GBなので、かなりのボリューム感で使っても大丈夫です。通信制限がないというわけではありませんが、1日で2GBまでなのでほとんど気にせずに使っていだたけるボリュームです。

WiFiを海外で使いたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、縛りなしWiFiは国内専用なので、海外での利用はできません。国内利用だけで充分という方に向いています。

通信制限ありますが、厳しい制限ではないので安心して大丈夫です。もし、ヘビーに使用していくのであれば、他の通信制限がないWiFiの方がいいかもしれません。1日2GBで足りるようなら、縛りなしWiFiは向いています。

縛りなしWiFiの会社概要

縛りなしWiFiの運営会社の概要を見てみましょう。どんな会社が運営しているでしょうか。

概要を確認してみましょう。

会社名 株式会社クーペックス
設立年月日 2017年12月14日
代表取締役 金森 玄
事業者区分 電気通信事業:A-30-16960  届出年月日:平成31年3月11日
TEL 0800-600-0209
メールアドレス info@shibarinashi-wifi.jp
所在地 〒143-0026 東京都大田区西馬込1丁目22−19

となっています。

ちゃんとした会社ですし、2年前に設立された会社で新しいのでまだ知名度がないのはこのせいかもしれません。今からメジャーになる会社かもしれませんし、今からに期待できるといっていいでしょう。

縛りなしWiFiで取り扱っているルーターの性能

縛りなしWiFiで取り扱っている機種はWiMAXもしくはソフトバンクのWiFiルーターです。性能は以下のようになっています。契約形態によって、選べる機種が違ってくるので詳しいことは契約の時に確認してみましょう。

選べる機種はソフトバンクのWiFiとWiMAXのWiFiルーターになります。それぞれスペックが異なるので、自分の利用パターンにあったものを選びましょう。

SoftBank 603HW
速度 下り最大612Mbps
同時接続 13台
連続通信時間 約8.5時間
連続待受時間 約850時間

 

WiMAX W04
速度 下り最大440Mbps
同時接続 10台
連続通信時間 約10.5時間
連続待受時間 約850時間

 

WiMAX WX05
速度 下り最大440Mbps
同時接続 10台
連続通信時間 約14時間
連続待受時間 約700時間

 

SoftBank 502HW
速度 下り最大187.5Mbps
同時接続 10台
連続通信時間 約10時間
連続待受時間 約850時間

今のところ、この4機種から選ぶ形になります。縛りなし契約と縛っちゃう契約で選べる機種が違うので、そのあたりは確認をしてきましょう。WiFiのエリアがWiMAXとソフトバンクでことなりますので、そのあたりも確認しておきましょう。

この機種に関しては、現時点でのものですので、今後、追加されていくことも考えられます。機種に関しては、縛りなしWiFiの公式ホームページをチェックして、どんな機種があるのかを確認していきましょう。

まとめ

今回は、縛りなしWiFiについてご紹介しましたが、いかがでしたでょうか。

縛りなしWiFiはまだまだ今から知名度が上がっていく会社だという意見もある期待値が高いWiFiです。縛りなしWiFiという名前のとおり、縛りなしで契約ができるのでいつでも解約できる気軽さが魅力です。いつまで使うか解らないという時でも気軽に使えるのが魅力です。

解約できるタイプの契約と、あえて縛りを設けて月々の支払いを抑えることもできます。ルーターはレンタルなので機種代はかかりませんし、解約も手数料なしでいつでもできるので、短期間で解約するかもしれないという場合にぴったりです。

WiFiを使いたいけど、縛りがあると困るという方や、短期間だけ使いたいという方、そして、縛りがある契約をしたくないという方にもオススメです。縛りがないので、いつでも解約できるので、気軽に契約して使うことができます。

通信制限は1日2GBという制限がありますが、充分なボリュームがあるの普通に使うだけなら、問題ないでしょう。国内のみの使用になりますが、持ち運びもできるので便利に使用できます。契約に縛りがないWiFiが欲しいという方にオススメです。

よくばりwifiの評判と口コミ。料金から予約まで解説

自宅でも移動でも、Wi-Fiを接続してワイヤレスな通信をするのが当たり前の時代になっていますが、Wi-Fiは色んなところのサービスがあり「どこがどう違うのかいまいちピンとこない」という方は少なくないのではないでしょうか。

今回の記事では、Wi-Fiサービスの中でも最近ムクムクと注目されている『よくばりWiFi』に視点を当てて、Wi-Fiとしての特徴や利用料金、予約方法などを詳しく解説していきます。

よくばりWiFiの評判と口コミ。料金から予約まで解説

よくばりWiFiの評判と口コミ。料金から予約まで解説

そもそも『よくばりWiFi』というのはサービス名です。
モバイルWi-Fi端末を使用し、通信ができます。

2019年9月から株式会社クイックが提供を開始した比較的新しい存在。最近テレビCMで『どんなときもWiFi』の名称を聞く機会が多いですよね。実はよくばりWiFiはそちらと同じ端末を使えるのです。

それでいて料金面がリーズナブルという強みがあり、注目されていますがまだまだ新しいサービスということで口コミや評判が少ないのがネックになり、既に知名度が高い他のWi-Fiと迷う方が多いようです。

■よくばりWiFiの強みはこれだ!■

  • Wi-Fi使い放題&容量無制限
  • 速度制限なし
  • 業界最安値水準というリーズナブル路線(月額定額3,450円~)
  • 注文から最短即日発送で端末が届く
  • 海外でもそのまま使える!

これまで海外に行くときは別途Wi-Fiをレンタルし、空港で受け取ったり返却していたりするのが当たり前という方は多かったのではないでしょうか。
それがよくばりWiFiなら海外でもそのまま使えるということで、びっくりするくらい便利です。

よくばりwifiはソフトバンクの4G回線で提供!悪い口コミもある?

よくばりwifiはソフトバンクの4G回線で提供!悪い口コミもある?

よくばりWiFiの通信はソフトバンクの回線で提供しています。

他のWi-Fiサービスだと複数の回線に対応しているケースもありますが、よくばりWiFiはソフトバンクだけ。だからといって利用中に困るとか不便を感じるかどうかというと・・・基本的に困らない可能性が高いです。

万が一通信障害があった場合や、ソフトバンクの電波が届きづらい場所に行った場合は困る可能性はゼロではありませんが、他のWi-Fiサービスでもこの辺りは(複数回線対応でも)同じような感じになることは珍しくありません。

どんなときもwifiとどこでもwifi

よくばりwifi とどんなときもwifi の比較

よくばりwifi とどんなときもwifi の比較

よくばりWiFiと、どんなときもWiFi。こちらの2つのWi-Fiサービスは別のものではありますが、同じ端末を利用できると、最初に触れました。
実際同じ案末だからこそ、性能はどちらも同じです!

ポケットWiFiおすすめ安い比較口コミランキング

ただし!設定されている料金や通信回線面は多少違いがあります。

■よくばりWiFiとどんなときもWiFiの条件比較■

よくばりWiFi どんなときもWiFi
月額料金 3,450円 1~24ヶ月目3,480円/25ヶ月目~3,980円
通信回線 ソフトバンク ソフトバンク/ドコモ/au

よくばりWiFiの月額料金は2年縛りの12ヵ月プラン(後程詳しく解説します)で契約した場合です。そうすると、よくばりWiFiのほうが毎月30円も安く利用できる計算になり、2年ちょっと以上利用すればさらに月額は開きが出てメリットが大きくなります。

こだわりたい方にとって気になるのが、少し安いとはいえよくばりWiFiは通信回線がソフトバンクだけということではないでしょうか。

口コミ数の多さは、圧倒的に知名度が高いどんなときもWiFiが優勢です。口コミを紐解いていくと、どんなときもWiFiを利用している方の多くはほとんどソフトバンク回線での通信になっているようです。

対応している回線数が多くても結果的に同じところのがメイン(場所によってはそうではないかもしれませんが)になるなら、少しでも安いほうがお財布的には助かりますよね。

よくばりwifi通信速度はどう?

よくばりwifi通信速度はどう?

ここまで安い、便利と魅力が山ほどあるよくばりWiFiですが、実は通信速度でデメリットを抱えています・・・。
よくばりWiFiは下り最大150.0Mbpsですが、例えばUQ WiMAXは下り最大440Mbpsで、それ以外のポケットWi-Fiでも下り最大370Mbpsというケースもあります。

ただし!これはあくまでも『下り最大』なのです。

ポケットWi-Fiを利用中、実測値という実際の通信速度は必ずしも常に最大値なわけではありません。実測値で見ると、よくばりWiFiもそれ以外のポケットWi-Fiも、『それほど数値が変わらない』=『体感的には速度が同じくらい』というケースがとても多いです。

もちろん下り最大の数値自体はよくばりWiFiのほうが他のポケットWi-Fiより不利なのは事実なので、素早い通信を求める方、容量が大きいものをダウンロードする頻度が高い方だと不満を感じる機会が出てくるかもしれませんが、そうではないなら案外気にならないことが多いです。

■通信速度の最大値はともかく、他でもっと凄いポイントがある!■

ちなみに、よくばりWiFiには速度制限がありません。これ超凄いです。

モバイルWi-Fiといえば!
使いすぎると1日~数日単位で速度制限がかかることがありますが、よくばりWiFiではそれが無しです!

安定した通信環境を確保できるので、ニーズ次第では最強のポケットWi-Fiといえるかも。

下記ではよくばりWiFiの端末のスペックをまとめてみました。

■よくばりWiFi端末のスペック■

下り最大 150.0Mbps
上り最大 50Mbps
連続通信 約12時間
同時接続デバイス 5台
レンタル 無料
質量 約149g

よくばりWiFiは便利度が高いです!

よくばりwifiの最大の強みは料金のリーズナブルさ

よくばりwifiの最大の強みは料金のリーズナブルさ

よくばりWiFiのプランは1ヵ月ごとのレンタルor24カ月レンタルの2つだけです。複雑なプラン、よくわからない細々としたプラン、最初だけ安くて途中で利用料金が上がるプランなどはありません。機械系や通信系が苦手な方にとってもわかりやすい、本当に楽々通信環境を整えられるWi-Fiなのです。

気になるよくばりWiFiの利用料金を確認していきましょう。

■よくばりWiFiのの利用料金■

  • 1ヵ月レンタル⇒4,880円(税抜)
  • 24ヵ月レンタル⇒3,450円(税抜)

※契約時には初回だけ3,800円(税抜)の事務手数料がかかります。端末のレンタル料は無料です。

1ヵ月レンタルのプランは契約の年月の縛りがありませんが、24ヵ月レンタルのほうは安い代わりに契約の縛りがあります。スマホを契約するとき2年縛りみたいなのがありますよね?(最近はこれが無くなる方向ですが・・・)
あんな感じで、安くなる代わりによくばりWiFiにも2年縛りがあります。

解約料がかからないのは更新月だけです。
つまり2年以上利用した場合でも、ちょうど解約月に合わせて解約しないと解約料が発生するということです。

——————–

■よくばりwifiの解約料■

  • 0~12ヶ月目⇒18,000円(不課税)
  • 13~24ヶ月目⇒ 12,000円(不課税)
  • 26ヶ月目以降⇒9,500円(不課税)
  • 更新月⇒0円

——————–

■海外で利用する場合の要確認注意点!■

よくばりWiFiは海外でも利用できます。

海外でよくばりWiFiを利用する場合は、利用国に合わせて1日1,250円もしくは1,850円がかかります。

海外で利用するにあたって事前の申請は不要なので楽です。

ちなみに全113ヵ国で利用でき、観光で人気のある国なら問題なく利用できる可能性が高いです(※念のため事前に公式サイトで、行き先が対応しているかどうか確認しておきましょう)

新規発行時には事務手数料が必要

新規でよくばりWiFiを利用するなら事務手数料3,800円が必要です。

これは多くのWi-Fiサービスで定番といえば定番。最初だけは仕方ないと認識しておきましょう。端末レンタル代については無料です。

月額料金は12ヵ月レンタルが一番安い

先ほどもご紹介したように、よくばりWiFiはプランがとてもシンプルです。
そして仕組みもわかりやすいです。

すぐに解約する予定がある方や(一時的にポケットWi-Fiが必要)、多少高くなっても縛りがないほうがいいという方は1ヵ月プランで利用するほうが気軽です。

しかし長くポケットWi-Fiを利用し、自宅でも利用するイメージを持っている方は12ヵ月プランのほうが圧倒的にお得です。

ポケットWi-Fiは安いサービスも色々登場していますが、安さ面ではよくばりWiFiは強いです!
安さ重視ならぜひ12ヵ月プランで検討しましょう。

端末補償は月額380円。家から持ち運びするなら加入したほうが安心

よくばりWiFiはオプションで端末補償を付けられます。料金は月額380円です。

端末補償とは、端末が壊れてしまった場合に補償してもらえる制度。iPhoneなんかでもお馴染みの、デバイス系の強い味方です。

よくばりWiFiの端末補償の申込条件は、契約時の同時加入。後からの加入ができないので「後から決めればいいや。とりあえず無しで」とやってしまうと、その後補償してもらえないので注意が必要です。

補償してもらえる対象は下記を参考にしてください。

  • 取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った正常な使用状態だったにも関わらず機器が故障
  • 端末が水濡れで故障
  • 端末が破損
  • 端末が全損

ちなみに盗難と紛失は上記の端末補償では対象外です。

水没と全損の場合は『中古品Aランク』の端末と交換してくれます。
それ以外の故障の場合は『新品』の端末と交換してくれます。

一度補償で端末交換をしてもらってから6か月以内に再度補償を希望する場合は有償になってしまう可能性があります。端末補償に入っていてもできるだけ丁寧に扱うようにしましょう。

よくばりwifiの予約方法と利用方法

よくばりWiFiの利用方法はとても簡単です。

まずよくばりWiFiの公式サイトにある『申込みフォーム』に必要情報を記入して送信(契約希望手続き)をします。
不明点がある場合には、公式サイトにある『よくある質問』を確認するか、問い合わせフォーム(24時間受付)で質問するかしましょう。

申込みフォーム送信後は、よくばりWiFi側で登録内容の確認&審査があります。
不備がある場合もしくは確認が必要な事項がある場合には、申込みフォームに記載した電話番号宛てによくばりWiFi側から電話連絡があります。

※不備や確認事項がなければ端末発送までは最短即日というスピーディーさですが、不備や確認事項がある場合にはそちらが解消したら端末発送になります。

ちなみによくばりWiFiの端末の送料は全国無料です。

——————–

■即日発送の注意点■

※即日発送は平日13時、土曜11時までの受付分です。
※日曜・祝日は発送を行っていません。
※申込時の混雑や在庫状況などにより即日発送ができない場合もあります。

——————–

よくばりWiFiの端末が到着したら同封されている設定ガイドに沿って設定を進めていきます。
端末の発送前には動作確認が行われていますが、万が一届いた端末が故障していた場合はサポートセンターまで連絡しましょう。

『まとめ』よくばりwifiはリーズナブルで快適な通信に期待できる!

今回の記事では、リーズナブル路線のポケットWi-Fi『よくばりWiFi』についてご紹介しました。

ポケットWi-Fiで便利かつ、事前申請なしで海外でも使えるという優れものです。リーズナブルなポケットWi-Fiが欲しい方は、ぜひ『よくばりWiFi』に注目してくださいね!

めっちゃwifi の評判と口コミ。料金が高い?

スマホの通信制限がつらい…どこでも通信制限を気にせずに動画をみたいという方や、ビジネスでWi-Fiを使いたいという方に人気のモバイルルーターですが、いろんな通信事業者があって、どこがいいのかわかりにくいですよね。

今回は、シンプルな料金体系で今、注目されているめっちゃWi-Fiについてご紹介します。

どんなときもwifiについてはこちら

めっちゃWi-Fiの口コミをチェック!

さっそく、めっちゃWi-Fiの口コミをチェックしてみましょう。

いっつも絶対に月末になったら通信制限かかってスマホが鬼のように遅くなるからめっちゃWi-Fi契約して家ではめっちゃWi-Fiにしてスマホ使ってる。めっちゃWi-Fiは、通信制限がないから動画もたくさん、みれるし超快適!動画をみてても通信速度も早いしスムーズでストレスもないし、契約してよかった。もうスマホの通信制限気にしなくていいから嬉しい~。

 

めっちゃWi-Fi契約したけど、速度は早いし料金安いしほんとにいい感じ。スマホの通信速度の制限でずっと大変だったけど、これで快適な生活を送れそう!!契約も家で出来るし、簡単でいいね。これがあれば、どこでもWi-Fiできるし車にも乗せられるし、いいことだらけ。めっちゃWi-Fi契約してから、子供がゲームしたり動画見ててもイライラしなくて済むようになった。

スマホの通信制制限対策にもばっちりみたいですね。通信速度も速くて満足度も高いようです。

 

radikoってアプリを使ってラジオ聞いてたら通信制限になって…それでめっちゃWi-Fi契約した。遠くのラジオが聴けるけど通信制限勝手思ってたのがなくなってたくさん聞けて嬉しい!YouTubeも見れるしオンデマンドも通信制限気にしないで見れるから、快適そのもの。ラジオ好きにとっては有り難いWi-Fi。

Wi-Fi契約しようと思って家電量販店に行ったんだけど、なんか説明長いしほかのも進められるしで嫌になって帰ってきて、めっちゃWi-Fi見つけた。ネットで契約できるし余計なセールスも待ち時間もないし、素敵すぎる。速度も問題なくて動画もゲームもさくさくできて、めっちゃWi-Fiにして本当によかった。スマホキャリアで通信量ふやすよりこっちが絶対にお得だよね。

ヘビーユーザーにとっては、スマホのキャリアで通信量を追加するよりめっちゃWi-Fiの方がイイみたいですね。

 

ポケットWi-Fi的なのを探してたけど、なんか、プランとか料金とか、通信速度とか面倒で複雑で嫌になってたけどめっちゃWi-Fiはわかりやすくてよかった。機械もレンタルだから返せばいいし、契約も簡単だったし、満足できる。ルーターも1機種しかないからまよわなくていいし、シンプルイズベストだと思う。

いろんなWi-Fiを比較して、いちばんシンプルで分かり易くて、料金も安くて余計なオプションがないめっちゃWi-Fiに決定した。とにかくWi-Fiが使えればいいって人にはめっちゃWi-Fiがいちばんいいと思う。オプションなんかいらないし、ルーターも選べなくていい。とにかくシンプルが一番だと思う。

仕事で外国に行くことが多いので、ヨーロッパでも使えて特に手続きがいらないめっちゃWi-Fiを選んだ。いちいち外国に行くたびに手続きしなくていいし、普段は自宅のWi-Fiとして使えるし、値段も安いので満足してる。仕事用と家用とわけなくていいのは有り難い。通信速度も問題ないし、エリアも広くて使い勝手抜群。プランが分かり易いのも魅力。

料金プランのシンプルさ、そして、ネットで申し込みを完結できるところもめっちゃWi-Fiの魅力です。海外でもそのまま使えるというところもめっちゃWi-Fiのいいところとして好評です。

 

そして、もう少し改善してほしい…という口コミもあります。

めっちゃWi-Fiにしたんだけど、2年縛りがあるのがちょっとだけ腑に落ちない。もう2年縛りって廃止される方向だと思ってたけど、まだあるんだね~。他のところみたいにキャッシュバックとかあるのかと思ったけどそれもないし…。ただ、分かり易いプランだからまぁここが一番いいかなって感じではあるんだ。ルーターがレンタルなのもやや不安。

 

お店に行かずに契約できるのはいいけど、自分でネット契約するのがちょっと不安。めっちゃWi-Fiは口コミもいいし大丈夫だとは思うけど…あと、クレジットカードだけじゃなくて、自動引き落としにも対応してくれたらもっといいのになぁ。デビッドカードはつかえるのかな。。支払方法をもう少し何とかしてほしいな。それ以外満足だしとくに言うことない。クレジットカードをめっちゃWi-Fiの為だけに契約するのが面倒だった。

2年縛りや支払い方法、そして、ネットでの申し込みが不安という方もいらっしゃるようです。

今後、2年縛りがどうなっていくかはわかりませんが、現時点では2年縛りが導入されています。長く使うことを想定すれば、とくにデメリットというわけではありませんが、確認しておきたいポイントです。

めっちゃWi-Fiの料金

めっちゃWi-Fiの料金はとってもシンプルです。料金と違約金を確認しましょう。

料金プラン

めっちゃWi-Fiの料金プランはこちらです。

                     めっちゃWi-Fiの料金プラン
事務手数料 3,000円
端末代金 無料(レンタルのみ)
月額料金 3,480円(継続)
契約期間 2年(自動更新)
支払い方法 クレジットカード American Express,Diners,JCB,VISA,Master

違約金

めっちゃWi-Fiは、最低利用期間が設定されていて、2年は使用しなければいけない契約になっています(端末発送月が1ヵ月目となり、そこから24ヵ月間で2年が契約期間になる)

契約から2年経過した後…つまり25ヵ月目を過ぎれば違約金なしでいつでも契約解除ができます。解約する場合、機材はレンタルなので返却する必要があります。ですが、解約しなければそのままの料金月額3,480円で使い続けることができます。

違約金は、契約期間によって異なっていて、2年を経過した25ヵ月目以降であれば、解約時の違約金はありません。

解約する場合は、契約から1ヵ月目~24ヵ月目までに解約する場合は9,800円(税抜)の解約金がかりますが、25ヵ月目以降であれば、解約金は掛かりません。

 

解約金に関しては、総務省からの指導があって大手携帯電話会社が変更しているので、今後、変更されるかもしれません。

めっちゃWi-Fiはつながりにくい?

めっちゃWi-Fiは、ドコモ、ソフトバンク、auの電波を利用しているので繋がりにくいということはありません。速度もエリアの十分で、ネットも動画も快適に楽しむことができます。

口コミでも繋がりにくいという声はないようです。電波が安定した場所で利用すれば通信は快適なようです。

めっちゃWi-Fiの契約の流れ

めっちゃWi-Fiの契約の流れは

 

  1. インターネットで申し込み
  2. 受け取る
  3. 利用開始

のスリーステップです。

インターネットだから24時間受付可能ですし、送料は全国どこでも無料です。工事もいらないので、届いたら充電して、PCやスマホとリンクさせればOK。すぐに高速インターネットを楽しむことができます。面倒な配線もいりません。

めっちゃWi-Fiには通信制限はあるの?

めっちゃWi-Fiは、通信制限はありません。めっちゃWi-Fiの公式サイトでは「違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信」の場合のみ、通信制限をするこがあると記載されています。

普通に使用している場合に、この制限にひっかかる心配はなさそうです。

めっちゃWi-Fiは海外でも使える

めっちゃWi-Fiは現在でも100カ国以上で使用できます。主な使用可能国はこちら…。

ヨーロッパで使用できる国

オーランド諸島 アルバニア オーストリア ベルギー ブルガリア ボスニア・ヘルツェゴビナ クロアチア キプロス チェコ共和国 デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ガーンジー ジャージー ギリシャ ハンガリー アイスランド アイルランド イタリア ジブラルタル ラトビア リヒテンシュタイン リトアニア ルクセンブルク マルタ マン島 モンテネグロ マケドニア モナコ オランダ ノルウェー ポーランド ポルトガル ルーマニア ロシア サンマリノ セルビア スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス トルコ ウクライナ イギリス バチカン

アジアで使用できる国

バーレーン バングラデシュ ブルネイ クウェート カンボジア 中国 香港 インド インドネシア イスラエル ヨルダン カザフスタン マカオ マレーシア ミャンマー モンゴル ネパール オマーン パキスタン フィリピン カタール サウジアラビア シンガポール 韓国 スリランカ タジキスタン 台湾 タイ ラオス アラブ首長国連邦 ベトナム

アフリカで使用できる国

アルジェリア アンゴラ エジプト ガーナ ケニア モーリシャス モロッコ ナイジェリア 南アフリカ タンザニア チュニジア 西サハラ ザンビア

 

中央・南アメリカ
アルゼンチン アンギラ アンティグア・バーブーダ アルバ ボリビア ブラジル チリ コロンビア コスタリカ ドミニカ イギリス領ケイマン諸島 エクアドル ペルー イギリス領バージン諸島 ウルグアイ ベネズエラ キュラソー島 グレナダ グアドループ ガイアナ ハイチ ジャマイカ マルティニーク サン・マルタン セントビンセント・グレナディーン島 スリナム トリニダード・トバゴ タークス・カイコス諸島

北アメリカで使用できる国

カナダ エルサルバドル グアテマラ メキシコ ニカラグア パナマ プエルトリコ アメリカ(ハワイ グアム サイパン)
オセアニア
オーストラリア フィジー ニュージーランド 北マリアナ諸島

このリストにある国なら、特別な手続きはなしで、1日1GBまでデータ通信を使用できます。海外での使用の場合は、1日のデータ契約量超過したら通信速度が制限されます。

そのままルーターを持っていくだけでいいので楽ですね。

めっちゃWi-Fiの会社概要は

めっちゃWi-Fiを運営している会社はこちらです。

社名 スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社
設立 平成19年02月13日
本社 東京都文京区関口1-24-8 東宝江戸川橋ビル 8F
資本金 1,000 万円
代表取締役 鳥越 洋輔
事業内容 電気通信事業法に定める電気通信事業 情報処理サービス業ならびに情報提供サービス業MVNO事業

めっちゃWi-Fiのモバイルルーターの性能

めっちゃWi-Fiでは、ルーターは一種類のみです。迷うこともありませんし、とってもシンプルですよね。ルーターの性能は以下のようになっています。

機種名 U2s
サイズ 127 x 65.7 x 14.2 mm
重量 151g
バッテリー容量 3,500mAh
連続使用可能時間 12時間
付属品 MicroUSBケーブル(充電用)1本

ACアダプターは付属しません。

2.0Aの高出力のACアダプター推奨

同時接続数は最大で5台、上りは最大で50Mbps、下りは150Mbpsと十分すぎる性能を持ったルーターです。動画や音楽ダウンロードもストレスなく楽しめるので、スマホやPCのヘビーユーザーにもオススメです。

1機種しかないので、ルーターをどれにするかで迷う必要がないのもめっちゃWi-Fiの魅力です。

まとめ

モバイルルーターの通信サービスを提供しているめっちゃWi-Fiについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

めっちゃWi-Fiは、シンプルな料金プランとルーターも1機種に絞り込んであるので、悩んだり料金ププランを選ぶ手間が少ないのが魅力です。世界約100カ国での使用に対応しており、リストにある国なら1日1ギガまで、手続きなしで使用できます。

もちろん、日本国内ならどれだけ使っても通信制限は原則としてかかりません。音楽や動画、オンでマンドの映画などを思う存分、楽しむことができます。

Wi-Fiを契約したいけど、悩んでいるという方は、めっちゃWi-Fiを検討してみられてはいかがでしょうか。インターネットで簡単に申し込みできるので、出かける手間も省けますよ。